*All archives*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
高槻のピッツェリア VIVO


最近かなりの外食率で、ご紹介したいお店や写真が沢山あるのですが、お菓子を撮っているカメラは普段持って出ていなくて、いつも携帯カメラで撮るものの、そのまま日の目を見ない写真が溜まってきました
せっかく撮り溜めてるのでやっぱりアップしていこう~! ・・・ということで、ようやくアップする1軒目は、その中でも群を抜いて美味しかった「Pizzeria VIVO」です。
こちらは知人が運営に関わっているということで、普段足を踏み入れることのない高槻まで行って来ました。
高槻の友達に「高槻ってもう京都でしょ?」って大阪のはずれをからかっていたことがあったんですが(高槻の皆様スミマセン)、行ってみると意外と大阪市内から近いし、かなり都会だわぁと思いました。高槻 ≠ 京都でしたネ

夕方早くお店に入ると、まだピッツァは焼かれていなくて、壁に敷き詰められた薪からすごく良い木の香りがします。ナチュラルな優しいお店の雰囲気は私にはどストライクでした!


<VIVO特製サラダ>
最初に出されたサラダは、こんもりと山盛りで、酸味の効いたオイルドレッシングが美味しかったです。甘めのドレッシングをかけるお店も多いですが、味の効き具合は酸味>オイル>塩味>甘味といった感じの好みの味でした。
野菜は、地元高槻の契約農家から仕入れているんだそうです。まさに地産地消ですね。

<プロシュート エ ルッコラ>
お目当ての薪窯で焼かれたピッツァ。もうメチャクチャ美味しいっウマ~~~
旨味のある生地に、薪窯で焼かれた香ばしさが加わって、あっさりしているのに主張のあるモッツァレラチーズが絶妙なコラボです!
イタリア料理店は良く行く機会があるんですが、ピッツェリアにはあまり行ったことがなくて、イタリアンで出てくるピッツァを思い浮かべて食べると、段違いな旨さがちょっと衝撃的かもしれません。
チーズだけでなくて粉もイタリアから取り寄せているんだとか。やっぱりホントに旨い生地でしたね~。

<リガトーニのポルチーニ茸ボロネーゼ>
ピッツァだけでなくてパスタも激ウマでした。味付けが素晴らしく、ちょうど良い所で塩や酸味や旨味が折り合っている感じで、味覚の優れたシェフが作っているんだろうなぁと思いました。
あとで知人に聞いてみると「まさにその通りやねん!」とシェフの腕を絶賛していましたヤッパリ!

<紅茶のカポナータと紅茶のジェラート>
最後に、どうしてもキビシイ目になってしまうデザート。全メニューどんな内容かを聞きまくって決めました。

・・・食べてみると、パティシエがいるのかと思うおいしさです
いつも、フレンチやイタリアンでお料理が美味しくても、最後にがっかりということが殆どなんですが、ピッツェリアのデザートと侮ってはイケマセンね~。味覚の優れたシェフが作るデザートは予想外に美味しかったです!

どれもこんなに美味しいのに、すごくリーズナブルで大阪市内なら倍くらいしてもおかしくない値段です。
「美味しい」という事がまず第一で、“国産”などの名前にこだわらず、粉までイタリアから取り寄せたり、でも野菜は地元の新鮮なものを取り入れたり、そしてなるべく安くお客さんに提供している。私はこのお店の考え方に共感できるものが沢山あって、なんだかすごく嬉しくなりました

わざわざ足を運ぶ価値アリのピッツェリアです。皆さんも是非行ってみてくださいね

Pizzeria VIVO http://www.withvivo.com/
【ランチ】 11:30~15:30(L.O.15:00) ※お昼は並ぶ事が多いようです  
【ディナー】月~木・日・祝 17:30~23:30(L.O.22:30)
      金・土・祝前 17:30~02:00(L.O.01:00)

 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
インディアンカリー バンブルビー


今日はランチにカレーを食べました。
前から行ってみたいと思っていたカレー屋さん「バンブルビー」へ。

アジアンバーのような雰囲気で、少し薄暗い感じに店内のインテリアや音楽がマッチしていて、ゆったりと落ち着ける感じのお店でした。気さくなマスターは、一見さんにもさりげないトークで和ませてくれます。

私が注文したのは野菜カレー
出てきたカレーが泥のように真っ黒で、その見た目に一瞬驚きましたが・・・、これがメチャクチャ旨いっっ
しっかりとスバイスが効いているのに突出していなくて、野菜の甘さととろりとした食感と相まって絶妙なんです
クミンやクローブのような、ちょっとクセのあるスパイスもたっぷり入っているようで、ガツンとパンチのある濃い味なんですが、塩辛いカレーとは違って喉が渇く濃さではないんです。

見た目も花が飾っていてかわいらしく、付け合せの塩漬けのような(ピクルスなのかな?)レンコンもすごく美味しかった~

ホント、久々に大当たりなカレーに出会いました。
きっと好き嫌いが別れる味かもしれないですが、周囲に惑わされず独自の美味しさを追求している感じや、好きな音楽の中でお客さんに穏やかな笑顔で接客されているマスターを見て、同じ食べ物を作る立場として見習いたいなぁと感じました
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
お菓子のお渡しDAY
この記事はブロとものみ閲覧できます
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
キャンドルアート bono candle さんとディナー
この記事はブロとものみ閲覧できます
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
なつめ
この記事はブロとものみ閲覧できます
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ