*All archives*

2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
明日のメニュー

今日はお出かけ日和なお天気だったからか、遠くからのお客様が多い日でした。
電車やお車で、さぶるーを目的地にいらしてくださった皆様、ありがとうございました。
そして、いつものお客様も沢山いらっしゃいました。
「おかえり~」と言われて、なんだか照れくさかったです。

皆さん、少しずつお話していかれるので、外で長らくお待たせした方もいて申し訳ありませんでした。
昨日も今日も、多くの方が話をあげたのは、東京遠征の時の記事についてでした。
あんな長ったらしい文を読んでくださって嬉しいです。

更に嬉しいのが、一人ひとりの消費行動が、世の中の循環を生み出していて、これからの社会を作り出すということを考えている方が多数だったこと。
普段は話さなくても、多くの方が、食の安全性や信頼性だけじゃなく、今の世の中の閉塞感や、北朝鮮化するこの国の政治への不安などまでも考えているんだなと分かりました。

お菓子を作るだけで、すぐに何かが変わるわけでもないですが、真面目に当たり前のことを突き通してコツコツ続けていくことにも、世の中に影響できる要素があるんだろうな、と考えるこの頃です。


さてさて、前置きが長くなってすみません。
昨日今日でいくつも売り切れが出ていまして、入れ替わりもございますので、改めて明日のメニューをご案内します。


◆◆◆ショーケース◆◆◆
・ムース カフェラテ(コーヒーとミルクのムース)
・タルト フランスリーズ(チェリーのカスタードタルト)
・タルトアマンドレザン(有機レーズンとアーモンドのタルト)
・フロマージュ(ベイクドチーズケーキ)■
・チャイプリン(チャイ風味のミルクプリン)■●
・レアチーズ(有機黒イチジク)
・お米ロール(柑橘x生クリーム)■

■…小麦不使用、●…卵不使用

ヴェリーヌパクチーが売り切れまして、明日は入れ替わりでお米ロールです。
昨日までお出ししていたショコラアギュルムの柑橘ムースの部分が多くなったので、それを角切りにして生クリームと合わせて入れてみようかと思います。


◆◆◆ショーケース上の焼き立てコーナー 14:00頃~◆◆◆
28(日):自然栽培甘夏スコーン



◆◆◆焼き菓子棚◆◆◆
・フィナンシェ※残僅
・フロランタン
・レモンケーキ※残僅
・ショコドラナンシー(チョコとヘーゼルナッツのケーク)
・カイザークーヘン
・エンガディナーヌストルテ
・レモンクッキー※残少
・アマンドカフェ(コーヒーとアーモンドのラングドシャ)
・サブレサリエット
・ムラングカシス(小麦乳製品不使用)
・ムラングカカオ(小麦乳製品不使用)

焼き菓子が随分少なくなりまして、本日焼き足したものもありますが、いつもよりグンと種類も数も少なめになります。
詰め合わせなどをご検討の方は、予めメール(savoureuxnote@gmail.com)でご予約くださるほうが確実です。

明日も皆様のお越しをお待ちしております!


******ご予約について******
メール(savoureuxnote@gmail.com)または、店頭でお取り置きを承ります。
◎予約メニュー、◎個数、◎お引取り日時、をお書き添えの上、お気軽にご依頼くださいませ。
大体のお持ち歩き時間もお知らせ頂けると助かります。

***ご遠方からお越しのお客様***
お車でお越しの場合、駐車スペースはありませんが、一時的にでしたら店舗前の道路に停められます。
通りは、東向きの一方通行になります。店舗のある右側に寄せてください。
生菓子をお持ち帰りの場合は、保冷バッグと保冷剤をご持参くださる事をお勧めします。

生菓子は、2軒隣の「喫茶 田園」さんへの持ち込みイートインが可能です。
持ち込みの場合は、予めお席の確保をお願いします。

**************************
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
今週のメニュー


先週はお休みを頂いておりましたが、明日から営業を再開します。
1週空いただけで、随分スロースピードになっていて、営業も久しぶりな気がしてしまいますが、
少しずついつものペースに戻して、また皆様の旨いもの探求の舌を唸らせるべくがんばります。

それでは今週のメニューのご案内です。
◆◆◆ショーケース◆◆◆
・ショコラアギュルム(チョコと柑橘のムース)※残僅
・ムース カフェラテ(コーヒーとミルクのムース)
・タルト フランスリーズ(チェリーのカスタードタルト)
・タルトアマンドレザン(有機レーズンとアーモンドのタルト)
・フロマージュ(ベイクドチーズケーキ)■
・チャイプリン(チャイ風味のミルクプリン)■●
・ヴェリーヌパクチー(パクチーのプリンと柑橘のジュレ)■●
・レアチーズ(有機黒イチジク)※土~

■…小麦不使用、●…卵不使用

爽やかな柑橘とスッキリしたチョコのムースの組み合わせのショコラアギュルムは、明日で一旦終了です。

パクチー嫌いも唸るパクチーと柑橘のデザートが今年初登場です。
ハマった方も、まだの方も是非召し上がってみてくださいね。

高評価のレアチーズシリーズの中でもリピート率が一番高いのがイチジクバージョン。
土曜日から登場します。



◆◆◆ショーケース上の焼き立てコーナー 14:00頃~◆◆◆
26(金):有機全粒粉スコーン
27(土):有機紅茶スコーン
28(日):自然栽培甘夏スコーン



◆◆◆焼き菓子棚◆◆◆
・フィナンシェ
・フィナンシェキャラメル
・フロランタン
・ミエルエピス(ハチミツのケーク)
・黒糖マドレーヌ※残僅
・レモンケーキ
・ショコドラナンシー(チョコとヘーゼルナッツのケーク)
・カイザークーヘン※残少
・エンガディナーヌストルテ
・ごまキヌアビスク(小麦乳製品不使用) ※残少
・レモンクッキー
・アマンドカフェ(コーヒーとアーモンドのラングドシャ)
・カシューナッツサブレ※残少
・サブレサリエット
・ムラングカシス(小麦乳製品不使用)
・ムラングカカオ(小麦乳製品不使用)

焼き菓子は少な目のものがいくつかございます。
お取り置きのご依頼はお早めにお願いいたします。

さてさて、また週末の日中は暑くなりそうですね。
ヒンヤリ系の生菓子や、アイスドリンクのお供に優しい焼き菓子をいかがですか。
では今週も皆様もお越しをお待ちしております!



******ご予約について******
メール(savoureuxnote@gmail.com)または、店頭でお取り置きを承ります。
◎予約メニュー、◎個数、◎お引取り日時、をお書き添えの上、お気軽にご依頼くださいませ。
大体のお持ち歩き時間もお知らせ頂けると助かります。

***ご遠方からお越しのお客様***
お車でお越しの場合、駐車スペースはありませんが、一時的にでしたら店舗前の道路に停められます。
通りは、東向きの一方通行になります。店舗のある右側に寄せてください。
生菓子をお持ち帰りの場合は、保冷バッグと保冷剤をご持参くださる事をお勧めします。

生菓子は、2軒隣の「喫茶 田園」さんへの持ち込みイートインが可能です。
持ち込みの場合は、予めお席の確保をお願いします。

**************************



 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
24(水)25(木)予約販売日メニューと、東京スイーツ巡り


先週はお休みをいただいておりました。
さぶるーのお菓子を普段のおやつにしてくださっている皆様には、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

次の営業日は26(金)からですが、待ちきれない!と仰ってくださる皆様、水木のご都合がいい皆様は、
宜しければ、事前ご予約の上、明日明後日にいらしてくださいませ。

では早速、24(水)25(木)でお出しできるものをご案内します。


◆◆◆ショーケース◆◆◆

・ショコラアギュルム(チョコと柑橘のムース)
・ムース カフェラテ(コーヒーとミルクのムース)
・タルト フランスリーズ(チェリーのカスタードタルト)
・タルトアマンドレザン(有機レーズンとアーモンドのタルト)
・フロマージュ(ベイクドチーズケーキ)■

■…小麦不使用



◆◆◆焼き立てコーナー◆◆◆
お待たせしました!
機械パーツを新たにして、スコーンがまた製造できるようになりました。

24(水)25(木)は、同一の味を10個単位でご予約承ります。
有機全粒粉、有機紅茶、スペルト小麦、オレンジ、自然栽培甘夏。
発送でのご依頼の方へは、木曜日にお送りする手配です。
もう少しお待ちくださいませ。



◆◆◆焼き菓子棚◆◆◆
・フィナンシェ
・フィナンシェキャラメル
・フロランタン
・ミエルエピス(ハチミツのケーク)
・黒糖マドレーヌ※残少
・レモンケーキ
・カイザークーヘン
・ごまキヌアビスク(小麦乳製品不使用)
・レモンクッキー
・アマンドカフェ(コーヒーとアーモンドのラングドシャ)
・カシューナッツサブレ
・ムラングカシス(小麦乳製品不使用)
・ムラングカカオ(小麦乳製品不使用)

※ご予約頂いた分のみご用意しますため、営業日のように棚に並べている状態ではありません。
 また、製造しながら対応いたしますので、少しお待たせする場合がございます。
※ご予約はメール(savoureuxnote@gmail.com)で、
 ◎予約メニュー、◎個数、◎お引取り日時、をお書き添えの上、お気軽にご依頼くださいませ。
 生菓子の場合は、大体のお持ち歩き時間もお知らせ頂けると助かります。



さてさて、ここからは、東京スイーツ巡りのお話です。
先週土曜日に帰って来ていたのですが、未だに複雑な思いや、興奮や、頭の整理が出来ていなくて、ちょっと話がアチコチで、しかもかなりの長文。。。
お時間がある方、スイーツ好きの方、宜しかったらご覧ください。


今回、3日間で有名パティスリーを12軒回って、食べた生菓子は27個、焼き菓子は帰ってからも食べていてちょっと数え切れず、、、という糖質地獄のような弾丸ツアーでした。

12軒の内訳は、
外から見るだけで買わなかったお店が1軒、
怒りがフツフツ湧いたお店が2軒、
時間とお金を返して欲しくなったお店が3軒、
何を食べたか覚えてないお店が2軒、
コロンビアチョコを使っているからというだけで応援買いしたお店が1軒、
本店が美味しくてショッピングモール店にも行ったお店が1軒+1軒、
旨過ぎて3回も行ったお店が1軒。

なんとも偉そうな書き方ですみません。
結論から言うと、参考にしたいお店は1軒のみ、ということです。
そのお店でさえ、焼き菓子にはイチャモンを付けてしまい、焼き菓子に納得したお店は0軒でした。
(どんだけ上からやねん、というツッコミ、ありがとうございます・・・)


回ったのは全て有名店で、本を出したりメディアに露出するシェフのお店ばかりですが、こうもレベルが違うのかと衝撃でした。
私が洋菓子を勉強し始めた20数年前は、スイーツの本場はやはり東京。関西では話にならない。と言われていました。
東京のスイーツを食べ歩いたのは、15年程前が最後で、その時のイメージのまま、今も東京が本場だと思っていたのですが、今回訪れたパティスリーレベルなら、関西の方が随分美味しいと感じました。
思わず「東京、どうしちゃったんだ!?」と、何度も口にしましたよ。

この背景を考えると、アイドル化してビジネスマン化するパティシエ達が、メディアにどんどん露出して、スイーツが身近なものになった反面、ホンモノのスイーツは衰退している、というのが現状じゃないかと思います。
今の時代の流れと、大衆の考え方が作り出したものなのでしょうね。

納得したお店と、本店とモール店に行ったお店の2軒では、シェフにお会いして色々と話を聞くことができたのですが、その他のお店では、個人店を除き一切シェフの姿を見ることはありませんでした。
いくらホンモノを作れる実力のあるシェフでも、現場にいなければ作れませんよね。
職人ではなくなった人がトップのお店では、軒並み、味やサービスに表れているなと感じました。

ただこれを、お店のせいだけには出来ない、今の世の中の流れもあるだろうな、と思いました。
100点のケーキを作るために、高価な原材料を使って、相当の手間暇を掛けて、納得のいかないものは廃棄して、、、としていたら、利益はほとんど出ませんが、その100点の美味しさが通じる人はマイノリティで、60点の美味しさを求めてくる人の方が圧倒的に多い。
としたら、原材料を落として、下っ端でも簡単に沢山作れて、ちょっと時間が経ったものでも並べておいて、大量に売れば、スタッフ達にしっかりお給料も払えて、ちゃんと利益も上がります。
その60点のケーキを置いていても、シェフがメディアに露出して名を売れば、それでお客が殺到する。

もし多くの人が、1ヶ月に1度だけでも100点のホンモノを購買して、普段は買わないというスタンスなら、同じ不景気でも生き残るお店は変わってくるはずです。
でも今は、宣伝に釣られて、週1回60点のケーキを買う人の方が多いんじゃないかと思います。
食べ物のチョイスだけに限らず、世の中の考え方の主流が、どんどん表層的になって、ホンモノである必要性は薄くなっている気がしてなりません。
上記の、納得の行かなかった10軒も、その中でもがいて今のスタイルに落ち着いたのかもしれません。


ここまで書くと、その「シェフが現場に居る」という2軒が気になりますよね。
たっぷりご紹介します。

まず、1軒は「オリジンヌカカオ」さんです。
自由が丘本店で、川口行彦シェフに色々とお話を聞かせていただきました。
実は、甘さが首まで満タンな状態だったのでスルーしようと思っていたお店だったのですが、シェフがカウンター横に座っていたのと、ショーケースのケーキ達が放つオーラに、「ここは食べておかないと!」と確信して入ったんです。
この状態で食べた2種類は、まだあと2つ位食べられる、と思えるほどスルスルっと優しく身体に入っていきました。
全てのパーツがそれぞれにちゃんと独立した味がして旨いんですよね。

病に倒れてからご自身では作れないそうですが、現場にずっといるのは、未だにホンモノを作る職人だからだと感じました。
シェフご本人が作ったら、爆発的な威力のケーキになるんじゃないかと思いました。
ちなみに、前回東京を回った15年程前、シェフが銀座の和光にいらした時代にちょうど伺って、チョコのクレームブリュレを食べて感動したのが、今のさぶるーのクレームショコラの源流です。


そして、この川口シェフを「かわぐっちゃん」と呼んで、ルレデセールにも推薦したのが、今回3度も足を運んだお店「イデミスギノ」の杉野英実シェフです。
こちらへは、閉店前に焼き菓子だけを買いに立ち寄り、翌朝サロンで食べ、その日の晩にも取り置き分を受け取りに伺い、生菓子は1日で8種類も食べてしまいました。

杉野氏が神戸北野にいらっしゃった時に、私は2年間スクールに通っていたのですが、それ以外でも頻繁に通っていた程ゾッコンだった生菓子たちは、今でも色褪せない旨いオーラを放っていました。
懐かしい面々を目の前に、思わずショーケースに向かって「ご無沙汰してます」と言ってしまいました。

ちょうど、サロンで食べるケーキを選んでいたところ、シェフが降りて来られて話をするチャンスがあったので、ここでも長々とお話を聞かせていただいたんです。
この時の話は、今後の一生に、私の職人としての生き方に関わる大事なものばかりで、もう大感動でした。

3年お店をやって来た今、これからの事を考えると少し揺れる気持ちもあったり、経営者としての資質がなくて落ち込んだり、世の中の流れに逆行しているような気がしたり、写真や宣伝が上手で話題になる雰囲気の良い美味しくないお店を恨めしく思ったり、メディアに流される大衆にやるせなくなったり、本当に複雑で答えの出ない問いをグルグル考えていたんです。
シェフとのお話は、その心のど真ん中に、ポンっとボールが入ってドストライク!という感じでした。

杉野シェフは、キラキラした目で、「僕は美味しいものを作りたいだけなんだ」と。
まさにこの一言に尽きますが、お話好きのシェフが言った印象的な内容をいくつかご紹介します。

「美味しいものを食べてもらいたいよね。美味しいものを出さないとお客さんに失礼じゃない。
職人は裏方。どろんこになって作業するのがイイじゃない。表に出る必要はないし、現場にいて一番作らないと。
僕はルレデセールとかも、めんどくさい会員とか辞めたのよ。
講義したりとか集まりとか、そんな事してたら作れないからね。

それに、新しい材料とか沢山出てるけど、僕のところには営業こないよ。
簡単で手軽に出来るものって美味しくないもの。
添加物とかいっぱいで、そんなで作ったら土に還らないじゃないねぇ。
僕はずっと同じ素材使ってるのよ。

北野に居た時は、全然儲からなくて辛かったねぇ。
(既に行列が出来る店になっていながら、完成度の高いケーキを作るあまり、廃棄も多くて、そのクオリティに見合った金額で出せず、それを見出すお客もまだまだ少ない、と当時聞いていました)

本当はお教室とか本の出版とかしたくないけどさ、お金が無いからやったんだよね。
名古屋のピエールドオルに居た時は(雇われシェフをされていた)、もっと辛かったね。
だって、作りたくないもの作らないといけないんだもん。
だからさ、今のお店に来てから、ストレスが無くなったのよ。
お菓子作るのって楽しいじゃんね。
(本当に美味しいと思う、自分が作りたいものを作って、その価値が分かる人がちゃんと集まってくれるからだそうです)」

世界のイデミスギノ、このレベルの人が、「ただただ美味しいものを作りたい」と思って、私と同じように悩みながら進んできた、というのが、とてもシンプルな答えだと思いました。
それと、シェフの話の中では業界の大物の名前がズラリと、しかもニックネームで飛び出しましたが、その人たちとも地位名声の付き合いではなく、「美味しいものを作る同志」という感覚のようでした。
だから、「ホンモノの美味しさを求めて来た」という私にも、同じように話をしてくださったんだと思います。

ちょっと面白いのが、この話を聞いていた時、横にいらっしゃったのは、ホンモノに吸い寄せられてきたスピリチュアル左官屋さん。
「シェフは美味しくなる魔法を使っている」と言っていました。リアルにそう感じるんだそうです。
ウレシイカベ」という珪藻土を扱うこの方にも、出会うべくして出会ったと感じました。
その場の空気感も不思議な感じでしたが、こんな人と出会うのも、何とも不思議なご縁です。

そして、その日の晩に、予約分の引き取りに再再訪した際には、なんとマダムまで一緒に降りてきてくださったんです。
スクールに通っていた当時と変わらず、マダムの柔らかいのに凛とした笑顔があまりに懐かしくて、ウルっときてしまいました。
それからもまた、マダムを交えてしばしの歓談タイムになりました。。。
世界を代表するどえらいシェフの時間をこんなに頂いてしまって恐縮でしたが、本当に楽しい時間で、「そーなの、そーなの」と頷きまくりでした。
この時のお話は、自分の中心に何を据えるべきか明確になって、今後、何かあった時に立ち戻る地点になると思います。
杉野シェフ、マダム、本当にありがとうございました。

今回の東京訪問で、生菓子の味や構造やデコレーション、ラッピングやお店の接客やサービス、店内や外装などなど、色々と学んでこようと意気込んでましたが、振り返ると、一番の収穫は、旨い菓子を作る突き通した職人の心に触れたことでした。

更に更に、突き通したオタク職人でパワーアップする事を誓い、今週の営業に向けてお菓子作りに励みます!

最後まで読んでくださってありがとうございました!
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
次の金土日はお休みです&予約販売日のお知らせ

一昨日から今日までお越しくださった沢山の皆様、ありがとうございました!
お母様へのギフト用だけでなく、ちょっとした集まりに、ご自身用にと、今週はいつもの倍ほどのお客様がお越しくださいました。
次週お休みにすることもあって、買い溜めという方も多かったです。
ちょうどタイミングが悪くて、来週ギフトに利用したかったけど・・・という方もいらして、本当に申し訳ありません。
こんなにも皆様の普段の生活に、さぶるーのお菓子が入り込んでいて、今まで地道に続けてきて良かったなぁと、とても感慨深いものがあります。

そして、今日もまた色々と頂いてしまい恐縮です。
お父さんが作ったお野菜色々と、収穫したての露地苺、土の香りが何とも言えません。ありがたく頂きます!
もう一つ、人生始まって以来初、母の日のプレゼントを頂きました。
「お菓子のお母さんへ(涙涙涙)」と頂いたのは、ニャン写真がタマラナイ癒し本。
頑張り過ぎの人向けに書かれた本で、時にはこれを開いて、ニャンコにニンマリして行き過ぎないようブレーキにします。ありがとうございます!
その他にも、あったかい皆様の応援で、(営業最終日なのに)これからまた作るか~と思ってしまうほどパワーが沸いてきました。
・・・いえ、今日は作らないで寝ます!

さて、先日よりご案内の通り、19(金)20(土)21(日)はお休みを頂きます
そのため、15(月)、24(水)、25(木)に、ご予約いただいた分だけご用意する、予約販売日を設けています

明日15(月)は、今週のメニューの中から(品切れの際はご容赦ください)、
24(水)、25(木)は、23(火)にご案内するメニューの中から、ご予約いただけます。
ご都合が合う方はこの日もご利用くださいませ。


「このお休み期間、何をするの??」、と何人もの方に聞かれました。
「一週間ちゃんと休んでね~」と心配してくださる皆様には言い辛いのですが・・・、またまた休まず仕事関係で動き回ります(笑)
数日間東京遠征をして、更なる研鑽を積んでこようかと企んでいるんです。
様々な刺激を受けて、翌週からのお菓子作りに取り入れて行ければな、と思っています。
しっかり学んできます!


それでは、ご予約くださっている皆様は、ご予約販売日に、その他の皆様は次の営業日に、またお会いできることを楽しみにしております!
今週もありがとうございました!


 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
明日は母の日&次の通常営業は26(金)です


またまた、こんな真夜中の更新で失礼します。
明日は(もう今日です・・・)、いよいよ母の日当日です。
焼き菓子セットも終盤になってきました。
ご検討中の方は、事前のご予約を下さる方が確実です。

昨日に引き続き、今日も、母の日向けのお菓子をお求めの方が沢山お越しくださいました。
お母様へのプレゼントに、さぶるーのお菓子をチョイスして下さり、ありがとうございます。
お花を持ってちょこっとプラスで焼き菓子を、と買いに来られた女の子や、離れた実家にいるお母様のためにと、照れくさそうにお菓子を選ぶおじ様など、普段のお客様とは違う層の方も多くいらっしゃいました。
大切な人に喜んで欲しいと何かを選ぶ時って、皆さんとても幸せそうな顔をしていますよね。
菓子屋という仕事は、人の幸せなシーンに繋がる事が多くて、こちらまで幸せのお裾分けをもらっているなぁと、つくづく有り難いと感じます。
皆様のチョイスしたお菓子で、贈られた方に沢山の幸せが届きますように。。。


さて、さぶるーの次の通常営業は、1週お休みを頂いて26(金)からとなります。
日々のお菓子の買い溜めや、今週のメニューの食べ収めは明日のうちに是非いらしてくださいませ。
(15(月)、24(水)、25(木)はご予約販売も致します)

今週のメニューは、下記をご覧くださいませ。
http://savoureux.blog.fc2.com/blog-entry-1102.html



今日もお越しのお客様に「大丈夫~!?」と言われるほど顔色が悪かったようで、ご心配おかけしてスミマセン。
連日の忙しさに加えて、昨日の仕事を終えたのが今朝8時。
煌々とする朝の眩しさの中、少しの仮眠に自宅に戻りました。
もうクリスマス並みの忙しさに、目の下のクマがムンクもびっくりな状態に成長しています。
明日まで、もうひと踏ん張り、翌週お休みを頂く分のエネルギーもまとめて、明日に注入してがんばります!
皆様、この機会に是非ムンクに会いにいらしてくださいませ(笑)


-----------------

5/19(金)~21(日)の営業はお休みです。
15(月)・24(水)・25(木)を予約販売日としておりますので、1週間以上開くと日々の焼き菓子が足りなくなるという皆様は、この日にご都合が合えば是非お越しくださいませ。

それぞれの予約販売日にお渡しできるものは、
15(月)・・・12(金)~14(日)に並ぶ生菓子の一部と、焼き菓子
(メニューご案内は11(木))

24(水)25(木)・・・26(金)から並ぶ焼き菓子
(メニューご案内は23(月))


ややこしくて申し訳ありませんが、どうぞ宜しくお願いいたします。
ご予約はメール(savoureuxnote@gmail.com)で、お気軽にお申し付け下さいませ。

-----------------

******ご予約について******
メール(savoureuxnote@gmail.com)または、店頭でお取り置きを承ります。
◎予約メニュー、◎個数、◎お引取り日時、をお書き添えの上、お気軽にご依頼くださいませ。
大体のお持ち歩き時間もお知らせ頂けると助かります。

***ご遠方からお越しのお客様***
お車でお越しの場合、駐車スペースはありませんが、一時的にでしたら店舗前の道路に停められます。
通りは、東向きの一方通行になります。店舗のある右側に寄せてください。
生菓子をお持ち帰りの場合は、保冷バッグと保冷剤をご持参くださる事をお勧めします。

生菓子は、2軒隣の「喫茶 田園」さんへの持ち込みイートインが可能です。
持ち込みの場合は、予めお席の確保をお願いします。

**************************


 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ