*All archives*

2013/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
バレンタインケーキのご案内


巷では、もう2週間以上も前からバレンタイン商戦に入っているのに、うちでは随分ご案内が遅くなりました
バレンタイン用のお菓子とラッピングが決まったのでお知らせします!!

<販売期間>
 2月3日~28日
 バレンタインだけではなく、2月の月間商品として取り扱いますので、14日以降もチョコが食べたくなったら是非どうぞ!

<メニュー>
 全種類1個からのばら売りでも承っています(ばら売りは、箱ではなく紙袋になります)
 価格は全てラッピング・箱代込み。発送の場合は別途送料がかかります。
 クッキー以外は少しですが洋酒が効いていますので、お酒が苦手な方やお子様はご注意くださいませ

 ■トリュフショコラ(4cmφ)
  賞味期限:7日間(常温保存)
   
  グランマルニエのトリュフが1粒そのまま入ったガトーショコラ。
  レンジで少し温めると中のトリュフが溶けてフォンダンショコラになります。

  ・1個 200yen
  ・1箱(4個入) 800yen

 ■ケークオショコラ(18x9cmパウンド型ホール or カット)
  賞味期限:14日間(常温保存)
   
  くるみ、クランベリー、オレンジピール、チョコチップがたっぷり入った具沢山の贅沢なチョコレートバターケーキ。ブラウニーに近いどっしり濃厚な味わいですが、甘さは控えめで、フルーツの酸味がショコラととても良く合った味わい深いケーキです。

  ・1個 300yen
  ・1箱(3個入) 900yen
  ・ホール(8カット分) 2000yen

 ■タルトショコラフランボワーズ(7cmφ)
  賞味期限:3日間(常温保存) ※冷凍保存の場合30日間、解凍後1日
   
  濃厚なガナッシュクリームに木苺を入れて焼いたタルト。
  サクサクの香ばしいタルトとトロリとした滑らかなクリームの食感が絶妙です。
  爽やかな木苺とチョコの黄金コンビが素晴らしい一品です。

  ・1個 350yen
  ・1箱(3個入) 1050yen

 ■サブレショコラ
  賞味期限:20日間(常温保存)
   

  スライスアーモンドがたっぷり入った香ばしいチョコクッキー。
  カカオの香り高いサクサクしたクッキーで、ビターな味わいなので、甘いものが苦手な人にもオススメです。

  ・1p(6枚入) 250yen

 ■4種類の詰め合わせ
  とにかく全種類食べたい、という方はこちらをどうぞ
   

 もこもこリボンのかわいいラッピング!
 詰め合わせのみこのラッピングになります


  4種類の詰め合わせ 1箱 2000yen
  ・トリュフショコラ 2個
  ・ケークオショコラ 2個
  ・タルトショコラフランボワーズ 2個
  ・サブレショコラ 1p(8枚入り)

詰め合わせ以外の箱入りは下記のラッピングになります。
 


<ご注文・ご予約>
 下記のバレンタイン用の専用フォームからお願いいたします。
  ご注文・ご予約専用フォーム
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
インディアンカリー バンブルビー


今日はランチにカレーを食べました。
前から行ってみたいと思っていたカレー屋さん「バンブルビー」へ。

アジアンバーのような雰囲気で、少し薄暗い感じに店内のインテリアや音楽がマッチしていて、ゆったりと落ち着ける感じのお店でした。気さくなマスターは、一見さんにもさりげないトークで和ませてくれます。

私が注文したのは野菜カレー
出てきたカレーが泥のように真っ黒で、その見た目に一瞬驚きましたが・・・、これがメチャクチャ旨いっっ
しっかりとスバイスが効いているのに突出していなくて、野菜の甘さととろりとした食感と相まって絶妙なんです
クミンやクローブのような、ちょっとクセのあるスパイスもたっぷり入っているようで、ガツンとパンチのある濃い味なんですが、塩辛いカレーとは違って喉が渇く濃さではないんです。

見た目も花が飾っていてかわいらしく、付け合せの塩漬けのような(ピクルスなのかな?)レンコンもすごく美味しかった~

ホント、久々に大当たりなカレーに出会いました。
きっと好き嫌いが別れる味かもしれないですが、周囲に惑わされず独自の美味しさを追求している感じや、好きな音楽の中でお客さんに穏やかな笑顔で接客されているマスターを見て、同じ食べ物を作る立場として見習いたいなぁと感じました
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
フェアウェルパーティ
この記事はブロとものみ閲覧できます
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
ケーク・キャラメル


大好物のキャラメルのバターケーキ、ケークキャラメルです
ビターだけどミルキーな、とっても美味しいキャラメルベースをたっぷり入れた、しっとり柔らかいケーキです。
キャラメルベースは、お砂糖を焦がしたキャラメルに、生クリームを入れて煮詰めて作るんですが、この煮詰めの時に焦がしバターのような香ばしい味が付くので、単に生クリームで伸ばすだけよりも、グンと風味が豊かになるんですよ。
このキャラメルベースは、クリームプリンのソースに使ったり、ムースに使ったり色んな活用ができるので、いつも常備しておく素材の一つです。

バターケーキは、水分と油分が分離しないようにしっかり生地の状態を見ながら焦らず作るのがポイントなんですが、キャラメルベースを入れることで水分量が増えてさらに分離しやすくなるので、慎重に慎重に生地の状態を見極めて作業を行います
分離した生地に仕上がると、焼成の時にバターが流れ出してバサバサでガチッと固い食感のバターケーキになってしまうんです
きれいに全ての材料が混ざると、生地はツヤツヤでとっても滑らかな状態になって、焼いてもバターが生地の中に残ってしっとりふんわりとした素晴らしい食感になります

とってもこだわりのあるバターケーキ、こんな作業工程も楽しくて大好きなんです
是非みなさんSavoureux Note自慢のケークキャラメルを食べてみて下さいね。
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
リンゴのタルト


バターでじっくりソテーしたリンゴを入れて焼き上げたタルトです。
リンゴをタルトに使うときは、薄くスライスしてそのまま上に乗せるか、バターソテーで煮込んで水分を飛ばしたものを使います。
フルーツを入れて焼き上げるタルトはホントに美味しいのですが、サックリしたタルト生地を保つには、水分はきっちり飛ばしておく必要があるんですよ
リンゴはソテーすると、最初は水分がどんどん出てきて、なんだかおでん!?のような状態になるのですが、そのまま形を崩さないように、全体を混ぜて水分を飛ばしていくと、最後にはリンゴ味の濃いバターキャラメルのようになります
このリンゴのソテーは、このまま食べてもすごく美味しくて、これだけでもデザートになる位です

タルト生地には発酵バターたっぷりのミュルブタイクというリッチな配合の生地を使って、それを予め空焼きして、クリームを流す前にキャラメリゼして湿気防止をしておきます。
アーモンドクリームには、リンゴと相性の良いくるみとカラントレーズンを入れて、シナモンで味付けをしています。素朴なタルトですが、こんな風にとっても手間暇かかっているんですよ~

ヨーロッパではこのような組合せのタルトはとてもポピュラーで、古くから馴染みのあるお菓子のようで各地で色んな名前が付いたお菓子になっています。
そういう意味では、リンゴのタルトって王道のお菓子といえるかもしれないですね
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
バレンタイン用ケーキの試作~タルト・ショコラ~


バレンタイン試作第4弾!チョコレートとフランボワーズの黄金コンビ、タルト・ショコラです。
すごく美味しく出来たんですが、ちょっと写真がブレてて美味しそうに見えないですね・・・

イベントの時だけ登場する、Savoureux Note の大人気タルト。今回はショコラで登場です~
発酵バターたっぷりでサクサクの香ばしいタルト生地に、濃厚なチョコレートクリームを入れて焼き上げました。
クリームは、ガナッシュをそのまま食べているかのようなネットリとしたもので、フランボワーズの酸味が濃いチョコレートを爽やかにしてくれています。チョコと木苺は、本当に相性の良い素材ですね
よく作るムースで、ショコラフランボワーズというのがあるんですが、今回のお菓子はそのタルト版のようなものです。

カット前はこんな感じです。

このタルト、実は、アーモンドクリームなどを詰めて焼くタイプよりもタルト生地を分厚くしているんです。ショコラのタルトは、クリームと具の食感が両方とも柔らかいので、歯ごたえのあるパーツを多めにすることでバランスが良くなって、口の中で最後までタルト生地とクリームが混ざった状態で食べれるんですよ

最後のバレンタイン用の試作が上出来で完了して一安心です
箱やラッピングを決めたら、改めてバレンタイン向け商品のご案内をしますので、皆様ご期待くださいませ~
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
サブレ・ショコラ
DSC01648.jpg

バレンタイン向けのお菓子の第3弾!サクサクのチョコクッキー、サブレ・ショコラです。
このサブレは不定期で普段から度々登場しているもので、バレンタイン用の今回は中のナッツをアーモンドにして作りました。

発酵バターがたっぷりの生地には、ローストしたスライスアーモンドをたっぷり入れた香ばしい味わい。
このサブレの生地は、甘味をかなり抑えたビターなもので、カカオの香りを甘さに邪魔されずに味わうことができるお菓子です。

以前、子どもさんに食べてもらった時に「苦~い」って言われたことがあるので、甘いチョコが好みな方には不向きかもしれません。。。
でも、カカオの比率が高いので、チョコ好きの方で「口から鼻に抜けるカカオの香りが好き」なんていう、ツウには絶対に食べていただきたい一品です
いわゆるアメリカンタイプの大味のクッキーとは違って、繊細なカカオの味わいを楽しめる上品なお味のサブレなんですよ

コーヒーのお供にとっても良く合うので、普段あまり甘いものを食べないけどコーヒーは飲む!という男性にもオススメです。

しばらくバレンタイン向けのお菓子の紹介が続きます。次はタルト・ショコラの予定です~♪
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
バレンタイン用ケーキの試作~ケーク・オ・ショコラ~


バレンタイン試作第2弾!濃厚チョコレートのバターケーキ、ケーク・オ・ショコラです。
濃いチョコレートの生地に、たっぷりのくるみとクランベリー、オレンジピールを入れて、さらにさらに、チョコを荒めに刻んだものをゴッロゴロ入れて焼き上げました!
生地に練り込むチョコはもちろんチップにしているチョコも、国産の香料がキツイものではなく、ベルギー産のカカオ風味が豊かな美味しいクーベルチュールチョコです!

バターもチョコもたっぷりなので、上部はざっくりと中はしっとりとした生地になっていて、そこにナッツのカリッとした心地良い歯触りがあって、とてもバランスの良い食感です。
ブラウニーを厚めに焼いたようなケーキ、というのが近いかな?
写真では甘そ~うに見えるかもしれませんが、お砂糖は控えめなので、濃厚なんですがクドくはなくて、クランベリーとオレンジピールの爽やかさも手伝って、絶妙な美味しさです

このケーキは、ホールでも販売予定です。
横広の18cmのパウンド型で、かなりのボリュームになりますので、ご家族でちょうど良いかもしれません。


久しぶりに作ったケークショコラですが、やっぱり美味しいものはいつ作っても美味しいなぁ、としみじみん~
普段、あまりチョコ系を作らないので、味見がどんどん進んでしまいます・・・。
しばらくチョコ系の試作が続く予定なのに、2品目ですでにチョコ摂取量が多すぎてニキビが。。。イカンイカンッ

次はサブレショコラの予定です。次のチョコ菓子もご期待ください~
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
バレンタイン用ケーキの試作~トリュフ・ショコラ~
DSC01633.jpg

もう1ヶ月を切ってしまいましたが、バレンタインの準備に取り掛かっています。
普段、Savoureux Noteでは、チョコ系は原価が高くなり過ぎて、「美味しくてリーズナブルなお菓子」にできないのであまり登場しないんですが、イベントの時は特別!
ちゃんと、バレンタイン向けのチョコたっぷりなスイーツをご用意します

最初の試作は、ガナッシュを中に入れて焼いたガトーショコラ、トリュフ・ショコラです。
かなりチョコレートの割合が高い、チョコ好きにはもってこいのこのお菓子。ガナッシュにはグランマルニエ、ショコラ生地にはラム酒をたっぷり入れた味わい深いケーキに仕上がっています。
レンジで少し温めると、フォンダンショコラのようにトロッとして、これまた美味しい~

このトリュフ・ショコラは、直径4cmほどのミニサイズ。
男性に送ることが多いと思うので、バレンタイン用のお菓子は、どれも小さく作る予定にしているんです。

今のところ、このトリュフ・ショコラを合わせて4種類を予定していて、それぞれを300円前後で1Pずつからご購入いただけるようにしようかと考えています。
きっと、バレンタインって義理でお渡しされる方も多いでしょうから、「小さめのお安いものをいくつか買いたいわ~」ていう場合には、その方が買いやすいかなと思います。
もちろん、本命にはそういうワケにはいかないでしょうから、4種類をカワイイ詰め合わせにしたものなども用意する予定です。

いちおう、事前予告します。。。(変更になったらゴメンナサイ)

<販売期間>
 2月2日~28日

<メニュー>
 ■トリュフショコラ(4cmφ)
  トリュフの入った柔らかいガトーショコラ
 ■ケークオショコラ(18cmパウンド型のホール or 1カット)
  くるみとクランベリー、オレンジピールが入ったチョコバターケーキ
 ■タルトショコラフランボワーズ(7cmφ)
  チョコクリームに木苺を入れて焼いたタルト
 ■サブレショコラ(6枚入り)
  スライスアーモンドの入ったチョコクッキー
 ■4種類の詰め合わせ

また後日、他の試作品のアップと詳細のお知らせをします。
今年のバレンタインは是非Savoureux Noteのチョコスイーツをご検討くださいね~
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
Savoureux Note の メニュー一覧
こちらのページは実店舗を構える前の古い情報になります。
現在のご注文は下記のページよりご確認をお願いいたします。

http://savoureux.blog.fc2.com/blog-entry-428.html



前々から「メニューの一覧があると、注文のときにわかりやすいんだけど」とご要望を受けながら、怠慢にもまだ出来上がってない状況です。ホントに申し訳ありません
メニューの一覧はブログだと見づらいので、別でSavoureux Noteのホームページを作ろうとしているのですが、悪戦苦闘して挫折を繰り返していて、こんなにも時間がかかってるんです。

普段、お知り合いから私個人のメールに直接ご注文いただくことが多く、ブログの読者数もまだまだ少ないので、どうもWeb販促が後回しになってしまってます。。。
初めてご注文いただく方から、「どうやって注文?メニューは?」類のお話が、年明け立て続けにあったので、「これはマズイわ」と暫定的にこのブログでメニュー一覧をご紹介することにしました。簡易なものですが、ご注文の際の参考にいただければ幸いです


★印は、常にストックをしているもので、それ以外は不定期製造となります。
不定期製造のものをご希望の場合、次回製造分をご予約いただくことが出来ます。(出来上がり時期の目安をご予約時にご案内します)


■クッキー・サブレ■ 1pack 150yen~
 [賞味期限] お渡し日(発送日)より約21日 [保存]常温
 レモンクッキー
 オレンジクッキー
 カシューナッツサブレ
 サブレ・ショコラ(※中のナッツは都度変更します)

■ガレット■ 1piece 120yen
 [賞味期限] お渡し日(発送日)より約21日 [保存]常温
 ガレット・ブルトンヌ
 ガレット・ダマンド
 ガレット・ノワゼット
 ガレット・ノワ

■バターケーキ■ 1piece 180yen~
 [賞味期限] お渡し日(発送日)より約14日 [保存]常温
 フルーツケーキ
 フルーツとナッツのケーキ
 ダンディーケーキ(フルーツとナッツのお酒が効いたケーキ)
 ケーク・キャラメル
 ケーク・ノワ(くるみ)
 ケーク・ショコラ (※中に入るナッツなど季節で変更あり)
 ケーク・カフェ(コーヒー)
 ケーク・オ・テ(紅茶)
 ブラウニー

■マドレーヌ■ 1piece 120yen~
 [賞味期限] お渡し日(発送日)より約14日 [保存]常温
 ※マドレーヌはレシピ改造中のため、欠品や以下と違うメニューになることがあります。
 マドレーヌ・シトロン(レモン)
 マドレーヌ・ダマンド(アーモンド)
 マドレーヌ・プラリーヌ(プラリネ)
 ジンジャーマドレーヌ(ショウガ)

■フィナンシェ■ 1piece 150yen~
 [賞味期限] お渡し日(発送日)より約14日 [保存]常温
 フィナンシェ
 フィナンシェ・ココ
 フィナンシェ・ピスターシュ

■郷土菓子■ 1piece 150yen~
 [賞味期限] お渡し日(発送日)より約10~30日(種類により異なる) [保存]常温
 フロランタン
 カイザークーヘン
 エンガディナーヌストルテ
 リンツァ・シュニッテン
 マンデルクーヘン

■タルト■ whole(20cmφ) 2500yen~,1piece(12cut) 230yen~
 [賞味期限] お渡し日(発送日)より約2~4日(種類により異なる) [保存]常温(冷凍の場合は約30日)
 ※タルトはイベント時以外は受注生産のためホール売りのみの販売となります。
 ナッツのタルト
 ドライフルーツのタルト
 さつま芋のタルト
 リンゴのタルト
 季節のフルーツのタルト(時期により内容が変わります)

■プリン■ 10cup 2000yen~
 [賞味期限] お渡し日(発送日)より約2~4日(種類により異なる) [保存]冷蔵
 ※全て受注生産で10個単位となります
 カスタードプリン
 クリームプリン(キャラメルソース or 木苺のソース)
 季節のフルーツのクリームプリン(※使用するフルーツによって価格が異なります)

■半生菓子・生菓子■ 1cut 300yen~
 [賞味期限] お渡し日(発送日)より冷凍で30日、冷蔵解凍後当日 [保存]冷凍
 ※全て不定期製造で、ストックは常に2~3種類のみになります。
 ホールご注文は受注生産となります(価格目安:15cmφ 3000yen)

 スフレフロマージュ
 ガトー・ショコラ
 ショコラフランボワーズ
 ムース・カフェラテ
 レアチーズケーキ
 ショコラオランジュ
 キャラメルショコラブラン
 ティラミス
 マルジョレーヌ
 季節のムース

■ソース・ジャムなどの手作り素材■
 Savoureux Noteのお菓子に使われる素材を素材ベースでお分けしています。
 受注販売ではなく、在庫のある時のみお分けできますのでご相談くださいませ。

 キャラメルベース(水や生クリームで延ばしてソースなどにできるペーストです)
 フランボワーズジャム(木苺の実で作った種のあるジャム)
 フランボワーズソース(木苺の実とピューレで作ったソース)
 バニラリキュール(タヒチ産バニラのさやを数種のお酒に漬け込んだブレンドリキュール)
 アングレーズソース(カスタード味のソース)
 カスタードクリーム
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
フィナンシェ
DSC01624.jpg

フィナンシェ・ココに続いて、定番のアーモンドのフィナンシェ。こちらもSavoureux Note自慢の一品です!
バターケーキとは違って、もっちりとした食感で、噛んだ時にネチッとした感じがするので「こんなフィナンシェって初めて」って驚かれたことがあります。

フィナンシェの配合は、味を増幅させるようなお酒やハチミツなどの隠し味が入るくらいで、ほぼ基本に近いものですが、混ぜる順番や焼成温度でこんな食感になるんだと思います。
パリで食べたフィナンシェは、もちっとした食感だったので、本場では同じ作り方なのかなぁ?と思うのですが、日本で食べるフィナンシェは、日を置くと油が周ってベタつくのを防ぐためか、卵とお粉が多い感じの食感で、バターケーキを「しっとり」させたようなものが多いようです。

この「もっちり」は、焼き立ての時には外側がカリっとしているので、「カリッ」と「モチッ」が一緒に味わえて、コントラストが素晴らしく美味しいんです
この、カリッとした食感は当日だけで、表面も徐々にしっとりとしてくるのですが、生地全体の味の統一感は3日ほど置いた頃が美味しいようです。なので、数日置いたものを、トースターで温めて食べるのが一番美味しいかもしれません

アーモンドと焦がしバターの旨味が存分に味わえるこのフィナンシェ、お召し上がりの際は是非トーストのひと手間を加えてくださいね
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
サブルーノート?


写真はくるみのバターケーキ、ケーク・ノワです。
とっても大好きなケーキで、ストックが少なくなってくると、すぐに補充製造して欠かさないようにしている定番商品です。

最近、ブログの読者が少し増えてきているみたいです
前は、検索エンジンでも中々ランクインしなかったのが、わりとすぐに表示されるので、お気に入りに登録していなくても、見付けてもらいやすくなってると思います。
Savoureux Note はサルーノートと読み、サルーノートではないんですが、お知り合いになってもチラシを渡していない方だと「サブルーノート」で検索されて「ヒットしなかったよ~」なんて言われることがあります。
でも、自分の店の名前を紹介するのに、ネイティブっぽく唇を噛んで発音するのは恥ずかしいので、自分でもやっぱり「サブルーノート」って言ってるんですよね・・・ アハハ

ですがっ!最近 「おいしいノート」 というサブタイトルでも検索で1番目に出てくるようになりました
なので、チラシを持ち合わせてない時は「おいしいノート」で検索してくださいってお願いしています。

なんでそんな判り辛い、メンドクサイ名前?て感じですよね。。。
「Savoureux」というのはフランス語で「香ばしい」とか「美味しい」とかいう意味があって、スイーツオタクのうんちくを毎日綴る研究日記ということから「Note」を付けて、ブログを立ち上げた時に店名としました。

これからも、美味しいお菓子をどんどんアップして行きますので宜しくお願いいたします
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ