*All archives*

2015/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
明日のメニュー

今日は早くから準備も整って沢山作ってしまったけど・・・、と心配でしたが、雨が上がるのが早くて、表の人通りも増えたので、お菓子が余らずにすみました。そして、お昼のブログをご覧になっての応援買いと思われる方々もいらっしゃいました。いつも温かい応援、本当にありがとうございます。

そして、晩の予定だったエアコン設置は4時過ぎに業者の方が来られて、営業中に店内も外も機材や道具類が広がってご迷惑をおかけしました。取り付けに来た業者の方はとても丁寧で、購入店では聞いていない事なんかも色々教えて下さって、親身で頼りになる方でした。その上、帰りに沢山お菓子も買ってくださって。。。工事費用込みのタイプを購入したのに、こんなに良い業者さんに来てもらえて、何だか申し訳ない位でした。
ともあれ、無事新しいエアコンが付いて、明日からは日中の焼き物作業がしっかりできそうです。
そうそう、うちのお店は入り口付近の天井が低くて、その入り口側の隅にデカいエアコンを設置しているので、背の高い方は頭上にご注意お願いします。170cmの方が帽子を被ってちょうどスレスレ位の高さです。

さて、明日は今日お休みだった苺ショートが出ます。ということで、苺ロールは並びません。
そして、今週は苺が少し余りそうなので、何か思いつきメニューが出るかもしれません。
その他、ショーケースの中は今日と同じです。
ショーケースの上には、有機紅茶のスコーン、有機房干レーズンのミアス。
焼き菓子棚は、青レモンケーキが品切れになりましたが、それ以外はまだまだあります。

明日のお天気は晴れ心もエアコンも晴れやかに皆様のお越しをお待ちしております!  ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
苺のヴェリーヌ

今日からの新作、苺のヴェリーヌです。
苺ソースのクリームプリンを作ろうかと思っていたのですが、苺を柔らかいジュレにしてクリームプリンと合わせたヴェリーヌにしてみました。角切り苺を入れて食感は残しつつ、両方の層がとろりんと滑らかで、苺の酸味と甘味とフレッシュ感、ノンホモミルクのコクと甘さが見事にマッチです。言わば、いちごミルクですから、王道の組み合わせですよね。

これ以外に、抹茶生地にカスタードと苺を巻いた、抹茶苺ロールも今日初めてお目見えです。
オレンジのスコーン、柚子胡椒サブレは焼きあがっています。ミアスは13時頃までに焼き上げ予定です。

沢山作ってしまった時に限って雨・・・。でもテンションを上げてがんばります。
ゆっくりティータイムにさぶるーのお菓子を宜しかったらどうぞ

 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
明日のメニュー
DSC04111.jpg

今日はとても暖かな日でしたね。
クッキー類が少なくなっていたので、焼き足そうと思っていたのですが、厨房ではオーブンを点けなくても既に暑くて、日中の焼き足しを断念しました。
というのは、元々備え付けられていたエアコンの臭いがひどくて、クリーニングに2度来てもらったのですが、「結構古いですからこれ以上は・・・」と言われて、ひと夏を終えてからは全く使っていなくて、中の状態を想像すると恐ろしくて試運転も出来ないんですよね。
もう、買い換えるしかないなぁと思っていながら、暖かくなってから~・・・なんて、エアコン選びは後回しにしていたのですが、そんな事言っていられない位の状態に。。。
急いで電器店で決めてきて、明日の晩に設置してもらうことになりました。月曜日からは日中でもガンガン焼けるようになるはずです♪

今日お出しする予定だったロールケーキもこの暑さで作るのを止めて、明日に回すことにしました。ということで、また明日は今日とは少し違った品揃えになりますので、明日のメニューをご案内します。

ショーケースには
・抹茶苺ロール
・タルトポンム
・杏とカスタードのタルト
・ガナッシュトルテ
・グランティラミス
・クリームプリン(出来上がり次第)

写真は、抹茶苺ロールに入れる苺、大分県のさがほのかです。
久々のクリームプリン、こちらも苺のソースで作ってみようかと思います。

ショーケースの上には、オレンジスコーンと有機房干レーズンのミアス。

焼き菓子棚には、色々と20種類ほど並びます。
品切れになったレモンクッキーに変わって、ガレットブルトンヌが登場します。
もうひとつ、品切れになっている柚子胡椒サブレは焼きあがって袋詰めが出来次第並べます。

今日のお月様は傘をかぶっていなくてとってもキレイですけど、、、明日は雨になるんでしょうか??
雨でも小ぶりな事を祈りつつ、皆様のお越しをお待ちしております!
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
明日のメニュー

今日はしばらく続いた寒さが緩んで、今度こそ、春の訪れといった感じでしたね。年度末で異動や引越しをする方もおられるようですが、ちょくちょく来てくださっていた方々としばらく会えなくなるかと思うと、やっぱり寂しいものです。また機会があれば遊びに来てくださいね。

今日は人気の焼き菓子が出揃ったので、焼き菓子目当てのお客様が多かったです。レモンケーキ、柚子胡椒サブレ、アプリコーゼクーヘンは纏め買いする方が目立ちました。それだけ一つのお菓子に惚れこんでくださって嬉しい限りです。なるべく切らさずに、、とは思うのですが、どれも製造に手間がかかるものばかりで、毎週並べられなくてすみません。

今日で終了になったものもありますので、改めて明日のメニューをご案内します。

ショーケースには、
・杏とカスタードのタルト
・苺ショート
・グランティラミス
・ガナッシュトルテ
・クリームシフォン(コーヒー)
・抹茶苺ロール(夕方頃)
・タルトポンム(夕方頃)

しばらく並んでいたレアチーズが一旦終了になりました。
タルトポンムが品切れになりまして、明日に向けて只今製造中です。カットして並べるのは夕方頃になりそうです。
写真は、コロンビア産の70%カカオ分のチョコレートを使ったガナッシュトルテ、木苺のジャムを入れてリニューアルしました。
苺ショート用に大粒の苺を仕入れた時に、ピューレ用に小粒の苺も仕入れて来たのですが、結構味がしっかりしているので、全部潰してしまわずに、抹茶生地でロールケーキにしてみようと思います。

ショーケースの上は、
・有機房干レーズンのミアス
・プレーンスコーン

焼き菓子棚は、本日と同じ品揃えになりますが、人気商品は今日でぐんと数が減っていますのでお早めにどうぞ。

明日も暖かい日になりそうです。宜しかったらお出かけついでにお立ち寄り下さいませ。  ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
焦げの美学・・・菓子職人として思うこと。と、明日のメニュー

タイトルを見て「なんじゃそりゃ」とつっこむ方多数と思いますが、「分かる人には分かるんだけどなぁ」と勝手に思っていた、オタク行き過ぎパティシエの「小麦は焦げる手前が一番美味しい」という自論を、イル・レオーネのマスターがうまい事言いました。
「そりゃ、焦げの美学やな」

さぶるーの焼き菓子の焼きこみ具合は、町のケーキ屋さんからすると行き過ぎかもしれませんが、石臼挽き小麦の芳ばしい風味は焼きこんでこそ最大限に引き出されるので、焦げる手前ギリギリまで焼きます。ギリギリといっても、お菓子は大きなシート状だったり、クッキーなどの小さいものでも天板全体に並べて焼くので、どうしも端の方が焦げ気味になります。でも、それ位焼かないと中央の部分はまだ焼きが足りない状態なのでしっかり焼きこみます。そうすると、端の焦げた部分はロスになります。フロランタンなんかは結構沢山ロスが出ることもあります。色白に焼けば、このロスが減ることは分かっているのですが、芳ばしさが足りず粉っぽさが残る場合もあります。
今使っている石臼挽き小麦は、卸し先の問屋さん曰く、大阪ではうちしか取引がないそうです。卸値でも一般の4倍ほどの価格で、お菓子に仕上げるにも扱いが難しいので、中々使い勝手の良い粉ではないですからね。それでも、10種類ほど試した粉でダントツに旨かったので即決でした。

ここ最近頂いた差し入れや、お願いして買って来てもらうものやら、勉強のために他店の焼き菓子を色々食べていますが、その殆どが焼き足りないものが多くて、悪い素材を使っていないのに後味が悪く舌にも胃にももたれる感じのお菓子ばかり。でも、1軒だけ突き通しているパティスリーがありました。イデミスギノさんです。お酒も甘さも強いけど、旨さの頂点を目指して作っているのが食べるとすぐに分かりました。神戸にいらっしゃった20年前と変わらず突き通しています。
お店を持つと、自分の理想と経営との狭間でこんなにも揺れるものかと、この1年迷いながら今に至るわけですが、こういう突き通し続けているお店があると心底ホッとします。

そして、イル・レオーネのマスター城越さんも。
最近ちょくちょく寄ってくださるんですが、素材オタク同士で話が一から十まで噛み合う城越さんには、極上の旨さを妥協せずに追及し思いを込めた料理に託す姿勢、お店のあり方に対する考え方、お客さんに対しての考え方も、学ぶところが本当に多くて、私にとっては信念を突き通して仕事をする為の大きな心の支えになっています。
料理人も菓子職人も、毎日、ピンポイントの旨さの頂点(=甘さ、深さ、コク、香ばしさ、食感、鼻に抜ける芳香など、全ての旨味がバランス良く一点で繋がる点)へ到達するために試行錯誤してチャレンジを繰り返しすものだと思います。そうで無くなったら料理人でも菓子職人でもなく、利益のために動く単なる製造マシーンのようなものだと思っています。

今、菓子職人について思うコト、長々と語ってしまい失礼しました。まぁ、、、単なる私の信念表明ですけどね。


それでは明日からのメニューです。
ショーケースには
・苺ショート
・グランティラミス
・タルトポンム
・杏とカスタードのタルト
・レアチーズ

リクエスト(再再再?位ですが)にお応えして、またまたグランティラミスです。クエン酸だけで固めたイタリアのマスカルポーネを使っています。

ショーケースの上は、
・有機房干レーズンのミアス
・プレーンスコーン

焼き菓子棚は、
人気の柚子胡椒チーズサブレ、とても久しぶりのムラング(チャイ、緑茶、雪塩の3種類)、売り切れの早いエンガディナーヌストルテとアプリコーゼクーヘン、毎回争奪戦が起きるレモンケーキ、人気急上昇のそばビスク、などなど25種類が並びます。

ギフト用にご入用の多いこの時期ですので、焼き菓子をたっぷり仕込んで、生菓子がちょっと手薄になってしまいました。・・・が!!明日からの苺は、これまたウマイさがほのかを使います。一パックに9粒しか入ってない大粒の高級品です。少し暖かくなってきて、傷みのある苺も出てきているようで、1粒悪かったりしても、大粒なだけにガックリですが。九州の苺はもうそろそろ終盤なのかもしれませんが熟味もたっぷり。奈良の苺も買ってみましたが、こっちは味がぼやけて旨味が全然ありませんでした。こういうのは全部ピューレにしてムース用などにストックします。さぶるーの苺ショートファンの方、苺が美味しい間に是非どうぞ。

ではでは、明日からの4日間も皆様のお越しをお待ちしております!


 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
雪塩ムラング ~5Days Art Challenge 2日目~


>>>>>
5Days Art Challenge 2日目!
プリザーブドフラワー&アーティフィシャルフラワー教室 FLORAL DOLCE* の aiko さんからバトンを引き継ぎました。
今日バトンをお渡しするのは、Riverside Farm の 石田信子さん。
詳しくは本日の記事の後半をご覧ください。
>>>>>


先日、仲良しのお客さんから「パハール岩塩」なるものをお土産に頂き、「ほな、なんかお菓子に使ってみます」とかの軽い話からホントに商品化してしまった新作のお菓子。
でもでも、きっかけはこの話なんですけど、頂いたパハール岩塩は塩味がキツクてどうもお菓子には合わせづらいので、ミネラル分が高くて塩辛くない沖縄の雪塩を使ってみました。ちなみに、殆どのお菓子に使っているのはフランスのゲランドの塩で、また雪塩とは違った味わい深いお塩なんです。素材オタクの私は、塩だけでも色々なものを試して今は3種類を使い分けています。

メレンゲ生地に入れる塩は控えめにして、焼く前に上から降りかけています。これの方が、最初に舌に塩があたるので塩味が感じやすく、全体には塩分控えめに出来るんです。メレンゲ自体はいわゆるフランス菓子の砂糖の塊のような甘いムラングとは全く違って、白砂糖を使わずトレハロースときび砂糖を使っているので甘過ぎない自然な味です。ほのかな甘味と塩味がクセになる美味しさ。お土産を下さったお客さんも絶賛してくれました。
「素材を味わうムラングシリーズ」として、酸味のあるフルーツや、チャイ、緑茶などを以前お出ししていましたが、とても手間がかかるこのお菓子、最近は随分長い間並んでいないんですが、スナック的な軽さにハマった方々からリクエストはずっと頂いていました。そろそろ作らねば、、、と思っていたところに、塩のお土産きっかけで、またムラングを作ることになりました。間に合えば、次の金曜日までに緑茶とチャイも作る予定です。素材の味がガツンときて、シュワッと溶けて、フワンと香りが残る、甘過ぎないメレンゲ菓子、初めての方は驚く方が多いです。是非食べてみて下さいね。

さてさて、先日1日目としてご紹介した【5Days Art Challenge】、今日は2日目です。
5Days Art Challengeとは、ざっくり言うとアーティストの数珠繋ぎ。バトンを引き継ぐと、自分の作品3点をお披露目して、同時にお友達アーティスト一人を紹介する、というのを5日間アップするというものらしく、主にFacebook上で広がっているようです。

今日ご紹介する自作はムラング。写真に4種類あるから、今日のご紹介写真は一つです。スミマセン。。。
<ムラング4種類>

http://savoureux.blog.fc2.com/blog-entry-270.html

そして、今日ご紹介するアーティストは、枚方五六市に出店した時に、たまたまお隣だったご縁からすっかり仲良しになってしまった手作り作家の石田信子さん。
とてもセンスの良い石田さん、作品やFacebookの写真なども、そこかー!?というツボを突いたものがアップされたりして、思わずプッと吹き出すようなシュールなセンスが大好きです。きっと心底オモロイ事が好きな方なんだなぁと思います。彼女がお店に遊びに来る度に、その時いらっしゃるお客さんも交えて大盛り上がり。そういうパワーを持った方なんですね。
彼女とその仲間たち11人の作家さんの作品は、布、皮、編み小物やアクセサリーまで幅広くて、手作り市を中心に出品されています。どれも使い勝手が良くてリーズナブルなので、手作り市でも人気のあるお店なんですよ。
普段は手作り作家とは別のお仕事をされているので、毎月出店があるわけではないのですが、次の出店が決まったらこのブログでもご紹介します。

RiversideFarmのFacebookはこちら↓
https://www.facebook.com/riversidefarm8

石田信子さんのFacebookはこちら↓
https://www.facebook.com/nobuko.ishida.16

この5DaysArtChallenge、バトンが何度も回ってくる人や、何人もから同じ時期に指名される方などもいるらしく、皆さん紹介したい一押しのアーティストさんっているもんなんですね。色々な方に渡ってリンクが広がっているこの数珠繋ぎ、元を辿っていくのも楽しいかもしれませんね  ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
そばビスク

今日はとても暖かかったですね。厨房でも昼間にオーブンを回し続けるとクラクラする熱さでした。
こういう日は焼き菓子より生菓子をチョイスされる方がぐんと増えます。苺ショートも沢山出たので、4日間分と思って仕入れた苺がもう明日の分でギリギリになりました。ご予約も頂きましたので明日の営業前に追加を仕入れに行く予定です。

写真は3月初旬からお出ししているビスクのそばバージョンです。今までのビスクのチョコチップをやめて、そばの実をぎっしり入れて焼いてみました。ナッツが主体のおせんべいのような食感で、小麦、バター、白砂糖不使用の、体に優しいおやつ的なお菓子です。ルチンの多い韃靼蕎麦の実を沢山入れて、プチプチした食感と芳ばしさが増しました。日本茶と一緒に食べてもよく合いますよ。ボリボリとクセになる味と食感で、思わずもう一枚と食べてしまいそうなおいしさです。

それでは、明日のメニューのご案内です。
・苺ショート
・タルトポンム
・杏とカスタードのタルト
・レアチーズ(グリーンレーズンとダイヤモンドマスカットレーズン)
・カスタードプリン
・お米のクリームシフォン(有機アールグレイの生地に練乳クリーム)
軽い食感のシフォンに瑞々しいクリームがたっぷり入ったクリームシフォン、ちょっと暑い日にはチョイスされる方が多いですね。ハチミツの生地に苺のクリームを詰めたクリームシフォンが終わりましたので、明日からはアールグレイのクリームシフォンです。

ショーケースの上は、
・プレーンスコーン
・クランベリーのミアス

焼き菓子棚は、今日焼いたそばビスクを含め、人気のエンガディナーヌストルテ、アプリコーゼクーヘンなど沢山並びます。

明日も皆様のお越しをお待ちしております
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
明日のメニュー

昨日からの雨も上がって明日は晴れるようですね。週末に雨マークが付いていないのって久しぶりじゃないでしょうか。この週末はお墓参りのご予定の方も多いと思いますが、晴れのお彼岸になりそうですね。

先週の4日間で殆ど焼き菓子の在庫がなくなって、火曜日からずっと仕込んでますが、メニューのラインナップは手間のかかるものばかりで、そんなに沢山一気に出来るもんでもなく、製造計画を詰め込んでみたものの、7割も進んでいない状況です。。。
というのも、久しぶりにエンガディナーヌストルテをお出ししようと仕込んだのですが、くるみの渋皮剥きだけに2時間もかかっていたら、そりゃぁ他のお菓子の製造がどんどん遅れます。
それにしても、また更に実の薄いペラペラなくるみになってますねぇ。油分も少ないので余計に渋皮が剥けない。。。質はどんどん悪くなって値段は倍以上ですからねぇ。なんだかなぁ、、、とブツブツ言いながらも剥き終わりましたが。
これ1種類作る間に3種類くらい出来るかも、、、と、後回しにしようかとも思ったんですが、品切れになって久しく、もう何人もの方に「次はいつ並ぶの?」と問い合わせを頂いていました。それ位不動の人気になっているエンガディナーヌストルテ。発酵バターの香り高い生地にくるみのキャラメルを挟んで焼き上げるお菓子で、さぶるーではキャラメルの部分にスパイスを効かせていてパンチのある味。リピート率はかなり高いお菓子です。だから余計に雑な作業は出来ません。
生地を作るところから焼き上げてカットするまでこの一つのお菓子に何時間もかけて作っています。思いのこもったこのエンガディナーヌストルテ、是非召し上がって下さいね。

ではでは、明日のメニューのご案内です。
ショーケースには、
・苺ショート
・タルトポンム
・杏とカスタードのタルト
・クリームシフォン(キャラメルクリーム)
・レアチーズ(グリーンレーズンとダイヤモンドマスカットレーズン)
・カスタードプリン(出来上がり次第)

またまた、美味し~い苺を仕入れました。前回同様デカ粒です。ここ数週間、良い苺が入ったら苺ショートを作っています。この苺ショート、毎週でも食べたくなるという方が既に何人もいらっしゃって、確かに食べ飽きないケーキかもしれませんね。一年中苺ショートを並べるケーキ屋さんが多いのも頷けますが、さぶるーでは苺の季節しかやりませんので今のうちに是非どうぞ。

明日のショーケースの上は、プレーンスコーンのみの予定です。
土曜日は、カヌレとオレンジスコーン、
日曜日はクランベリーのミアスとプレーンスコーン、
月曜日はレーズンのミアスと紅茶スコーン
を予定しています。

焼き菓子棚には、
・フィナンシェ(プレーン、ショコラ)
・ケイクなど(キャラメル、ミエルエピス、ミルクブラウニー)
・郷土菓子など(フロランタン、エンガディナーヌストルテ、パンデピス、アプリコーゼクーヘン)
・クッキー類(レモン、ココナッツ、カシューナッツ、ガレットノワゼット、ビスク、バトンエピス)
まだ出来上がってないものもあって、あくまで予定ですが。。。
エンガディナーヌストルテと同様に「並んだら教えて」と問い合わせが多いアプリコーゼクーヘン、オーガニックの無漂白杏を仕入れましたので再登場です。

残念なことに、この杏も前回より質が落ちていました。世界的な異常気象による不作がもうずっと続いていて、自然の作物だから出来の良し悪しは仕方ないですけどね。
世界中の農作物の豊作、ついでに行き過ぎた円安の収束、バター不足の解消も、お墓参りには行けませんがお彼岸に因んでご先祖様によろしく頼んでみようかしら・・・て、なんのこっちゃですね。そんな事より仕込み仕込み!

明日からの4日間もどうぞ宜しくお願いいたします
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
カヌレ・ド・ボルドー ~5Days Art Challenge 1日目~


>>>>>
5Days Art Challenge 1日目!
プリザーブドフラワー&アーティフィシャルフラワー教室 FLORAL DOLCE* の aiko さんからバトンを引き継ぎました。
今日バトンをお渡しするのは、花potの 水谷理恵子さん。
詳しくは本日の記事の後半をご覧ください。
>>>>>


今日は雨も降らず、うららかで春の陽気でしたね。花粉症の方はそれどころではないって感じで完全防備で大変そうですが。。。PM2.5などの化学物質も沢山舞っているのしょうか、私も外に出ると喉がイガイガします。雨も憂鬱ですけど、せっかくの晴れた春の日を満喫できないのもなんだか残念ですね。

今日は、カヌレのお話です。
フランスのボルドーの修道院が発祥のお菓子で日本でもよく売られているのでご存知の方は多いと思います。でも、ホンモノのカヌレってあんまり売ってない気がします。カヌレは、卵黄のこっくりしたカスタード味で、中にきれいな巣が入っていて、外はあめ色に芳ばしく焼きこまれているもの、これがホンモノだと思っています。でも、最近巷で多いのは、中が団子状のカヌレ。カスタード味の餅の表面を焦がしたような感じです。若しくは、きれいな巣が入っていても、卵黄が少なくてコクのない白い生地のもの。表面がフニャフニャのものや、逆に石のように硬いもの。カヌレって単純な材料で作るのにすごく難しいお菓子なので、失敗の少ないものを作ろうとすると、レシピを変えたり材料を変えたり添加物を加えたりしないとうまく出来ないんだと思います。さぶるーでは味重視なので、美味しい配合のまま焼きの良い状態のものを作ろうと“ホンモノカヌレ”を目指して試行錯誤してきました。味は納得なんだけど、どうも見た目が残念なものになってしまうんです。これまで何度“ダメカヌレ”をお客さんに振る舞ったことか。ところが、このダメカヌレを食べて、「形崩れでも味がいいから」と言ってまたカヌレが食べたいとリピートして下さる方が何人もいるんです。こうなってくると、失敗の少ないレシピにはもう変えられませんよね。なんとしても美味しいレシピのまま見た目もOKにせねば、と生地の温度やオーブンの温度や風の当たりを研究しながら、最近ようやく落ち着いてきた感じです。それでも気温や湿度で変わりやすい生地の状態を見極めていつも同じ状態に焼けるまでにはまだまだかかりそうですが、もっと上を目指します!

さてさて、冒頭でご案内した【5Days Art Challenge】というのは、ざっくり言うとアーティストの数珠繋ぎ。バトンを引き継ぐと、自分の作品3点をお披露目して、同時にお友達アーティスト一人を紹介する、というのを5日間アップするというものらしく、主にFacebook上で広がっているようです。
先日、FLORAL DOLCE* の aiko さんからバトンを引き継ぎましたので、今日から紹介をさせていただきます。
スイーツ好きがきっかけで知り合ったaikoさんは、アレンジメントの美しさもさることながら、ご本人もとても上品で美しく、内面が滲み出た可愛らしさもある方。でも、作品に向かう姿は職人気質、とことんこだわった美しいものを作り上げておられます。お菓子をモチーフにしたアレンジも、見ているだけでヨダレが出そうな仕上がりですよ。とにかく、ホームページをみるだけでも美しさにうっとりしてしまいます。

枚方市 プリザーブドフラワー アーティフィシャルフラワー教室 フローラルニューヨーク大阪 京阪校 FLORAL DOLCE*
http://ameblo.jp/floraldolce/

aiko さんのFacebookはこちら↓
https://www.facebook.com/akiko.yamagami.566


私はお菓子屋なので『アート』なんて感じではないですが、、、過去に作ったお菓子とその紹介ページのリンクを貼って、本日の3作品とさせていただきます。

<リンツァートルテ>

http://savoureux.blog.fc2.com/blog-entry-556.html

<エンガディナーヌストルテ>

http://savoureux.blog.fc2.com/blog-entry-507.html

<アプリコーゼクーヘン>

http://savoureux.blog.fc2.com/blog-entry-408.html

そして、今日ご紹介するアーティストは、お花繋がりで、京都のお花屋さん「花pot」の水谷理恵子さん。理恵子さんとは、実はイベントで2,3度?お会いした程度なんですが、なんせアレンジが抜群なセンスで素晴しいのと、多彩な理恵子さんご本人の魅力。自撮り教室もされていたりと、カメラワークもプロそのものです。そういえば、うちのお店の開店の時に、ご一緒したイベント主催者さんが理恵子さんに頼んで超ゴージャスなお花を贈っていただきましたが、これもうっとりするアレンジでした。

花pot
http://www.hana-pot.jp/

水谷理恵子さんのFacebookはこちら↓

https://www.facebook.com/rieko.mizutani.1

ご紹介して改めて、、、ステキな方から頂いたバトンをステキな方に渡せるっていう繋がりに感謝です!
5Days Art Challenge 2日目は、また少し日が開くかもしれませんが、準備が出来たら2日目としてご紹介します。どうぞお楽しみに♪
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
明日のメニュー

今日は雨の日曜日でしたが、予想とは裏腹に沢山の方がお越し下さり、お菓子が早々に売り切れてしまい、夕方にクローズさせて頂きました。その後にお越し下さった方がいらっしゃいましたら、大変申し訳ございませんでした。
一昨日からギフト用にと焼き菓子を沢山お買い上げの方が続いて、焼き菓子の在庫はスカスカの状態になっています。「ギフトには焼き菓子、自分には生菓子を何か頂くわ・・・」という方も多かったので、仕込んでいた生菓子も殆どなくなっています。
3月4月は特にギフト利用の方が多く、来週以降も日に拠ってはお菓子が少なくなる場合があるかもしれません。また、ギフト用のラッピングにお時間を頂戴しますので、事前にご予約をいただけると大変助かります。どうぞ宜しくお願いいたします。

さてさて、本日早めにクローズしてから仕込みに専念しています。
明日のお出しするメニューは下記の予定です。(間に合わなかったら、、、スミマセン)
ショーケースには、
・苺ショート
・杏とカスタードのタルト
・タルトポンム
・レアチーズ(グリーンレーズンとダイヤモンドマスカットレーズン)
・クリームシフォン(苺とマスカルポーネのクリーム)

ショーケース上には
・カヌレ
・ミアス(有機クランベリー)
・プレーンスコーン

焼き菓子は、
ケイクが、キャラメルとオランジュ
クッキー類が、レモン、ココナッツ、ビスク、焼きあがり次第で、カシューナッツ、ガレットノワゼット
その他には、バトンエピス。
営業中(夕方頃)にプレーンのフィナンシェと、フィナンシェショコラを焼き上げる予定です。
ちょうど焼き上げの時間にお越しの方は、是非焼き立てをお召し上がり下さいね。

ではでは、少しでも並べられるお菓子を作るべく、今からがっつり仕込みます!

 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
本日早めにクローズしました
本日は、生菓子完売、焼き菓子もほぼ売り切れのため、早めにお店をクローズさせていただきました。
これからお越し下さるご予定の方がいらっしゃいましたら、大変申し訳ございません。
また明日、沢山お菓子を並べられるよう、今から仕込みにかかります。
どうぞ宜しくお願いいたします。  ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
杏とカスタードのタルト


今日は昨日の嵐とはうって代わって平和な日でした。ホワイトデー当日ですが、予想ほどお客様も多くなく、営業中にも少し下ごしらえを進められました。昨日は、明け方まで今日の準備をしていたので、もう頭は朦朧でしたけど、お休みの日にゆったりお越しの方が多かったので、普段より更にどんくさいレジにも気長にお待ち下さって助かりました。
そして、昨日の記事を見てお越し下さった方が何人かおられて、「大変やったね~」とご心配と労いの声を頂きました。ご心配くださった皆様、本当にありがとうございます

変わりまして、お菓子のご案内。
本日から並びました、杏とカスタードのタルトです。杏をスパイスとハーブでコンポートにしたものを、コクのある美味しいカスタードと合わせて焼き上げました。とてもシンプルだけど、とても味わい深いタルト。杏のジューシーさ、ほっくり卵のクリーム、発酵バターたっぷりのサクサクタルト、ちょうど良いバランスに仕上がりました。エッグタルトのような味わいなので、お好きな方が多いと思います。

明日のショーケースのメニューは今日と同じで、
・苺ショート
・杏とカスタードのタルト
・タルトポンム
・レアチーズ(グリーンレーズンとダイヤモンドマスカットレーズン)
・クリームシフォン(苺とマスカルポーネのクリーム)

ショーケースの上には、有機クランベリーと有機レーズンを両方入れたミアスにします。雨模様のようなのでスペシャルです。

そして、ホワイトデー向けに作ったカップケーキ。今日も沢山追加で作りましたので、明後日月曜日まで並ぶ予定です。今日はイベントなので焼き上げたのを早々にラッピングしてお出ししましたが、他のケイクと同じく食べ頃は焼き上げから3日後くらいのバターがジュワンと全体に馴染んだ頃です。
すぐに食べたいっっというのを我慢して、火曜日頃まで神棚に飾って拝んでいただくと更に美味しくなるはずですよ

ではでは、明日も皆様のお越しをお待ちしております!  ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ