*All archives*

2017/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
2月の営業予定


※※※※※※※※2/4追記※※※※※※※※
2/17(金)は、都合により休業させていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、どうぞ宜しくお願いいたします。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


2月の営業予定をお知らせします。

13(月)を除いて、2月も、毎週月曜日はご予約販売日とさせていただきます。
金~月曜日営業だったのが、金~日曜日の週3日営業が定着しつつあります。。。
平日のご都合が良い方にはご不便をおかけしてすみません。

今月はバレンタインデーもあり、寒い時期で濃い味が美味しく感じるというのもり、普段はチョコ系はそこまで多くラインナップしないのですが、茶色系さん達を色々とお出しする予定にしています。
そのバレンタインのメニューですが、昨年に引き続き、ご予約限定は生チョコセットだけで、フォンダンショコラやテリーヌショコラはご予約なしでもご購入いただけるように、沢山ご用意する予定です。
ただ、肝心の生チョコセットの内容がまだ決まっておりません。。。
新しいチョコが仕入れられるかによって組み合わせを決めたいのですが、入荷が間に合うかどうか、という状況でして、申し訳ないですが、もう少しお知らせまでにお時間をいただきます。
大きさは昨年同様に、ご予約は、大サイズ(2種類18粒入)と、小サイズ(6種類6粒入)の2サイズ、ご予約なしでバラ売りを販売する予定です。

バレンタインが終わっても、チョコを使った人気メニューのあれこれをお出ししたいなと考えていますので、チョコ好きの方は是非お見逃し無く♪
ではでは、一番冷え込む2月ですが、心から温まるスイーツとともに、今月も皆様のお越しをお待ちしております!
どうぞ宜しくお願いいたします!  ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
雨の中お越しくださった皆様、ありがとうございました。と、今晩0時50分からMBS!

※※追記※※
MBSの放送を見逃した方は、こちらで見れます。
https://www.youtube.com/watch?v=SPc2p8mjL1c
※※※※※※

今日は、予想に反して、早くから雨が降り出し、結構降り続きました。
この天気じゃお菓子も余るかな・・・と思っていたところに、遅めの時間からでも応援買いに来てくださった皆様、本当にありがとうございました。
随分お客様の少ない一日になりましたが、お蔭様で売れ残りを出さずに済みました。

そして、早速、昨日のブログの話をしてくださる方もいらっしゃり、予想外に反応を多く頂いたことがとても嬉しいです。
色々な意見、見方があって、とても考えさせられました。
今の日本社会の話、普段話さなくても、話せる場があれば、色々と思いをぶつけたいと思っている方も多いのかな、と感じました。
何か行動を起こして、表面に出てくる人だけじゃなくて、実は多くの人が、今の日本に、しっくりいかない疑問を持っているのかもしれないな、と思いました。

「今晩0時50分からMBS!」というのは沖縄の話が放送されるんですが、昨日の話にも通じるところが大いにあります。
後一時間ほどですね。4チャンネルです。

以前何度かこのブログでも書いた、沖縄の基地問題、今は更にひどい状況に追い込まれていて、これからの日本の縮図のような気がしています。

私はひと昔前、やんばる(県北部)の森が好きで、それを体感したくて沖縄に通っていました。
今まさにその森が破壊されて、のどかに眺めていた美しい海が埋め立てられて、戦争のための基地が配備されているという状況で、現地の情報を直視できないくらい、胸が締め付けられる思いです。

平和を訴える人が暴力的に排除されて、罪を着せられて拘束されて、権力側が法を犯してまでも強行に基地建設を進めています。

でも、その状況は、不都合な人たちがあの手この手でデマを撒き散らしたり、何事も起こっていないように本土のメディアは取り上げなかったり、、沖縄以外には殆ど伝わってこないのが現状です。

以前から、左翼に変装したネトウヨ系の人が暴力的に振舞うなどの動画が拡散されたり、沖縄のデマが流布されることが度々ありましたが、このお正月にDHCシアターが流したデマ番組はあまりに酷いものでした。
これに対しては、全国規模でDHCシアター、東京MXテレビへの抗議行動も行われているようです。

そして、遂に、MBSがこれに対抗するような真実を伝える番組を作ってくれました。
ちょっと遅い時間ですが、本当は何が現地で起こっているのか、何故デマは流されるのか、、、是非ご覧いただきたいです。

MBS ドキュメンタリー映像’17
http://www.mbs.jp/eizou/

※※追記※※
Youtubeにアップされました。

※※※※※※

沖縄の基地問題は、反対か賛成かという問題ではなく、とても根深い問題です。
何故これほどまでに、中国、韓国、北朝鮮脅威論が広がって、近い国々が仲違いする事で誰が得をするのか。
軍事力強化が、国を守ることに逆行して、国民を苦しめて、戦争に近づいていることを、何故メディアは言わないのか。
沖縄を見ることで、日本が見えてきて、人としてどう生きるべきかということも考えさせられます。

ずっと沖縄の話をブログに書いていたとき、「なんで沖縄の話にそんなに必死になるん?関係ないやん」と友人に言われ、あまりに「他人事」として捉えられている事に、本当にショックでした。
でも今、沖縄で起こっていることは、もう日本全体に広がりつつあって、明日のわが身かもしれないところまで来ていること、そろそろ多くの人が「自分事」として考えないと、その流れは止められなくなると感じています。

何か行動を起こさなくても、様々な情報を見て聞いて、真実がどうなのか、なぜそうなってしまったのか、を考えることからでも、少しずつ動き出すんじゃないでしょうか。

苦悩する基地問題に携わる人たちの話、下記の動画も是非ご覧ください。

Targeted Village / 標的の村 - YouTube


Cocco 「ジュゴンの見える丘」 大浦湾に帰ってきた2頭のジュゴン 辺野古で起こっていること


うたう旅人ちゃるの優しい歌に、泣き崩れる機動隊

 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
アレンジバージョンのガレットデロワ。と、モヤモヤ話、ぶつけます。


先週は、基本のガレットデロワを焼きましたが、今週はオリジナルバージョンのガレットデロワをお出ししています。
「伝統菓子はこうあるべき」みたいなのは好きじゃないんですが、本場フランスで王道の、大きく焼いた基本のガレットデロワをやってみようと、先週の一発目はパイ生地にアーモンドクリームを挟んだだけのシンプルなタイプでした。

今週は、少し小さめにして、ナッツを加えてアレンジバージョンです。
ハチミツ、シナモン、ラム酒でひと手間加えて、旨味が増幅したペカンナッツをごろごろと入れて、これが食感と味のコントラストになって、格段に美味しくなりました。
明日で終了ですので、先週のガレットデロワを食べた方もそうでない方も、是非召し上がってみてくださいね。

そして、明日のショーケースには、シュー菓子が並びます。
シュー生地を作り始めたら、しばらく客様が続いて、長時間放ったらかしになってしまい、膨らみが悪い生地になってしまいました。
ということで、明日はそんなシューでも美味しく食べられるアレにしてみます。
お楽しみに。

その他の今週のメニューは昨日の記事をご覧くださいませ。
http://savoureux.blog.fc2.com/blog-entry-1030.html


今日、たまに寄ってくださる、とあるお客様との会話で、どうもモヤモヤしたことがあったんです。
この悲しくてやり切れないモヤモヤ、どこに持って行ったらよいのか。。。と悶々して、このブログでぶつけさせてもらうことにしました。

普段から安いものを探して食べると言うこのお客様に、食の安全の話をした時、ご近所の自然食品店を紹介したんです。
そしたら、「そんなん高いから買われへんわー」と言っていたのに、そのお店に行ってくださったようなんです。と、ここまでは良かった。

「あそこ、そういえば以前も行ったことあるけど、奥さんが挨拶しなくて感じ悪い」と言うんです。
私は、そこの奥さんがパニック症候群であることも事前にお伝えしていました。
調子の良い時は普通に見えますが、そうでない時の様子はやはり異常な感じを受けると思います。

その事前説明もむなしく、「客が来たら、いらっしゃいませのひと言位言われへんの?」と。
「・・・だから、ご病気なんで、仕方ないと思いますよ」と説明しても、
「客商売やってて、そんな人を店頭に出すな」と言うんです。
本当に悲しくて、こういう方に、なんて言えば分かってくださるのか、、、と悔しくなりました。

そのお店の店主は、奥さんが病気だと言うことを隠さず、どこかに閉じ込めてしまわず、お店に連れてくるような方。
パニック症候群だと分かっていて、ご結婚もされたんです。
病気であることを否定せず、隠さず、繕わず、この女性はこういう人で、それでいいじゃないかと丸ごと愛しておられるんです。

このお客様も、親が千林で商売をしているから、そんな商売にご法度な態度が許せないのかもしれません。
「だって商売してんねんからさー。あの態度はあかんやろ!」としきりに仰っていました。
だから、「商売っちゅうもんはなー」という、この方なりの正義も理念もあるんでしょう。
今の物質主義の日本だと、一般的に言ったら、こちらの言い分が正しいとされるのかもしれません。

でも、お客様は神様で、お店は下僕ではないですよね。
そんな、アメリカとアメポチ日本みたいな、なんでもヘコヘコするもんですか?
一人ひとり、みんな同じ人間で、上も下もないし、それぞれの個性で生きている事が素晴らしいことじゃないですか?

このお客様の考えの方が標準になっている今の世の中に悲しくなり、自分の言葉足らずにも悔しくなり、どこに持って言ったらいいのかわからないモヤモヤが積もりました。

悶々と考えていたら、以前ご紹介したことのある、片岡家庭保育の片岡先生の話を思い出しました。
「お兄ちゃんやからな」と言うのは、「お兄ちゃんだから出来るべき、やるべき」という親の押し付けで、お兄ちゃんの人格、人権を否定していると仰っていました。
「ほら、ありがとうは?」「ほら、こんにちは、言った?」とせっつく親ごさんに、嫌そうにつぶやく子ども「・・・ありがと・・・」
片岡先生いわく、「ありがとう」は、有り難く自分が感じた時に言ったらいい、
親がいつもありがとうって言っている子は、強制しなくても、自然と言えるようになるんだと。

「●●は、こうあるべきだ」「□□なら、こうでしょ、こうしないと」という枠組みが大好きな日本社会、ちょっと窮屈過ぎませんか?

皆様は、どう感じられますか?

・・・また、長らく書き過ぎました。
明日は気分を入れ替えて、シュー菓子を美味しく組み立てて、お待ちしております!


↓パニック症候群ではないですが、ダウン症の子を持つお父さんの感動の投稿です。




******ご予約について******
メール(savoureuxnote@gmail.com)または、店頭でお取り置きを承ります。
◎予約メニュー、◎個数、◎お引取り日時、をお書き添えの上、お気軽にご依頼くださいませ。
大体のお持ち歩き時間もお知らせ頂けると助かります。

***ご遠方からお越しのお客様***
お車でお越しの場合、駐車スペースはありませんが、一時的にでしたら店舗前の道路に停められます。
通りは、東向きの一方通行になります。店舗のある右側に寄せてください。
生菓子をお持ち帰りの場合は、保冷バッグと保冷剤をご持参くださる事をお勧めします。

生菓子は、2軒隣の「喫茶 田園」さんへの持ち込みイートインが可能です。
持ち込みの場合は、予めお席の確保をお願いします。

**************************
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
今日の人気者


今日は、一点狙いのお客様がとても多い日でした。
グランティラミス、チャイプリン、タルトダマンドのファンの皆様。
「これが出たら行くぞ!」という気合いを入れて来てくださった方々、ありがとうございます。
狙った獲物は皆様それぞれで、何故か「これが一番旨い」と思ってくださっているようで、他には目もくれず「コレ!」と仰ってくださる、「ハマる系スイーツ」の三兄弟。

どれも、シンプルですがストレートに素材の味が伝わって、食べた方に衝撃を与えるようなタイプのケーキです。
食べた方に考えることを要求する複雑なツウ向けや、広い層の方に指示されるショートケーキ的な分かりやすい大衆向けがありますが、この3つは両方の良い部分を持っているのかなと感じます。

そんな存在のメニューでも、気温や湿度によって微妙に仕上がりが変わってくるのと、季節によって変化する人間の身体の状態などで、美味しさの感じ方が変わるようです。
ファンが付いているメニューとは言え、そういう変化に対応して、その時期ごとに一番美味しい状態を作れるように更に磨きをかけたいと思います。

今回の改良で随分良く変わったと思うのは、グランティラミス。
相変わらずお酒のパンチは効いてますけどね。
乳脂肪を変えたことと、珈琲の割合を変えたことで、イタリア産マスカルポーネの旨味がよく感じられるようになったんじゃないかと思います。
大人のデザートとして、晩酌のお供にも是非どうぞ。


もう一つレシピを変えたのが、マンデルツィトローネン。
甘味の多くをオレンジハチミツに置き換え、シチリアの有機レモンジュースをたっぷり使ってキュっと酸味にしてみました。


一番一点買いが多かったのが、チャイプリン。
トロリと滑らかで、スパイスの風味が病みつきな、ペロリで何個も食べられてしまう危険なデザートです。




さて、明日は、予告どおり、ガレットデロワを焼きます。
王道だとはいえ、シンプルバージョンに、何か物足りなさを感じてしまうので、中にナッツが入ります。
味と食感のアクセントになって、やっぱり具がある方が美味しいなぁと思っていただけると嬉しいです。

その他の今週のメニューは昨日の記事をご覧くださいませ。
http://savoureux.blog.fc2.com/blog-entry-1030.html


明日香村の前川さんの自然栽培米は、朝日の方が完売しました。
ヒノヒカリはまだありますが、食べた方のリピートも多いので、気になっている方はお早めにどうぞ。


では明日明後日も、お待ちしております!
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
今週のメニュー

今週は、ちょっと懐かしいメニューが登場します。
写真は、1年以上前にお出しした、マンデルツィトローネン。
レモンとナッツのケーキです。
爽やかさはそのままに、少し改良したものを作ってみました。

そしてもう一つ、準定番メニューながら、久しぶりの登場の、グランティラミス。
こちらも、クリームを少し柔らかく改良しました。

お客様との距離が近いさぶるーでは、定番や準定番も、皆様のご意見を取り入れながら、少しずつ改良することが多いです。
・・・というか、味覚の鋭いグルメさん達に鍛えられているという感じでもありますが。
当初は、プリンやチーズケーキ、ガトーショコラなど、簡単なメニューを固定化しようと思っていたのが、美食家の愛の鞭にしごかれ、3年のうちに、どんどん旨いものを追求する菓子屋になってしまいました。
と言いつつ、楽しくてしょうがないので、これからもオタク街道まっしぐらです♪

先週に引き続き、シューを使ったガトーをお出ししようと思っていたのですが、ちょっとこちらの配合も再検討することにしました。
ご期待くださってた皆様すみません。更に美味しくなるように改良したらまたお出しします!


ではでは、今週のメニューのご案内です。
◆◆◆ショーケース◆◆◆
・タルトフィグアールグレイ(有機黒いちじくと有機紅茶のタルト)(金・土)
・タルトダマンドピスターシュ(ピスタチオペーストを練り込んだナッツごろごろのタルト)
・マンデルツィトローネン(レモンとナッツのケーキ)
・グランティラミス
・チャイプリン■●
・お米ロール(オレンジ)■(金)
・お米ロール(ジャンドゥーヤ)■(土・日)
■…小麦不使用、●…卵不使用

タルトフィグアールグレイは、土曜日までで終了予定です。
もう一種類のタルトも大人気のナッツのタルト、タルトダマンドピスターシュ。
ピスタチオ100%のペーストを練り込んだアーモンドクリームに、ナッツをぎっしり乗せて焼き上げました。

そして、度々リクエストを頂くチャイプリン。
オリジナルブレンドのスパイスが奥深い味わいで、着々とファンを増やしているようです。

今週のお米ロールは、金曜日と、土日とで種類が変わります。
オレンジはプレーンの生地にオレンジピールを合わせてクリーム、
ジャンドゥーヤは、ココアの生地にチョコとナッツのペーストを練り込んだクリームを巻きます。


◆◆◆ショーケース上の焼き立てコーナー◆◆◆
金:オーガニック紫小麦全粒粉スコーン
土:ガレットデロワ、無農薬日向夏スコーン
日:ガレットデロワ、フランス小麦とオーガニックライ麦粉の食パン

今週も金曜日のガレットデロワは間に合わずお休みです。すみません。
土曜日から、オリジナルバージョンのガレットデロワが並びます。

先週、先々週と、日曜日にパンをお出しすると早めに売り切れているのと、スコーンのご要望も頂いております。
日曜日にスコーンがご入用の方は、ご予約を頂ければ10個単位で承ります。


◆◆◆焼き菓子棚◆◆◆
・フィナンシェ
・フロランタンシノワ
・エンガディナーヌストルテ
・カイザークーヘン
・アプリコーゼクーヘン
・パンドジェーヌ
・ミエルエピス
・カカオビスク(小麦乳製品不使用)
・カシューナッツサブレ
・ココナッツサブレ
・レモンクッキー
・チャイクッキー
・ムラング雪塩(小麦乳製品不使用)
・ムラングカカオ(小麦乳製品不使用)

焼き菓子の種類が今週も豊富です。
ご贈答などにも是非ご利用くださいませ。

それでは、明日からの3日間も、どうぞ宜しくお願いいたします!


******ご予約について******
メール(savoureuxnote@gmail.com)または、店頭でお取り置きを承ります。
◎予約メニュー、◎個数、◎お引取り日時、をお書き添えの上、お気軽にご依頼くださいませ。
大体のお持ち歩き時間もお知らせ頂けると助かります。

***ご遠方からお越しのお客様***
お車でお越しの場合、駐車スペースはありませんが、一時的にでしたら店舗前の道路に停められます。
通りは、東向きの一方通行になります。店舗のある右側に寄せてください。
生菓子をお持ち帰りの場合は、保冷バッグと保冷剤をご持参くださる事をお勧めします。

生菓子は、2軒隣の「喫茶 田園」さんへの持ち込みイートインが可能です。
持ち込みの場合は、予めお席の確保をお願いします。

**************************

 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
新チョコ販売!? バレンタインに向けて


今日は大阪でも昼間に沢山雪が降りました。
ちょうど雪が激しい時に、(株)フィノデアロマ(お店で取り扱っているコロンビアチョコの日本の販売店)の方が、不在中にお店に来られたんです。
森小路の辺鄙な所までせっかく来てくださったのに、なんだか申し訳なく、折り返したお電話で、色々と情報も頂いたので、今日はちょっとカサルカのコロンビアチョコの宣伝をしつつ、バレンタインの宣伝も♪

今扱っている70%カカオのうちの一つで「サンタンデール」という地域のチョコの54%版が出ました。
先日、卸業者さんが間違って納品されて、元々注文していた70%と取り替える予定だったのに、またアホな私が誤って開封してしまった上に、70%の小分け用に詰め替えてしまいました。
という事で、一袋分ですが、54%が店頭に並びます。
カカオ分が低くなった分、かなりマイルドでまろやかなのに、カカオの香り高さは引き立っています。
宜しかったら食べ比べてみてくださいね。

そして何やら、新しい産地のチョコが2種類出るようです。
「トマコ」と「サン・マルティン」
どんなチョコか、販売が始まっていれば早速仕入れてみようと思います。
こちらも乞うご期待くださいませ。

そして、今年のバレンタイン。
多くのパティスリーは、クリスマスが終わった時点で、すぐにバレンタインの準備に入るところが普通みたいです。
1月後半になって、ようやく「バレンタインか~」なんて言ってるようじゃダメですね。

昨年一昨年とお出しした9種類の生チョコセット、結構作業がキツイのですが、一回お出ししてから「次の年も期待してる」という声に、毎年やめられなくなっている状況です。
今年も、体力が持つ限りせっせこお作りします!
構想は、カカオ別に数種類とフルーツ別に数種類を組み合わせたものを考えています。
そして、昨年も大好評だったフォンダンショコラ、テリーヌショコラ。
その他にも、2月中はチョコメニューを色々とお出しする予定です。
毎年のバレンタインで、実は男性へのプレゼントとして利用してくださる方は笑えるくらい少なく、殆どが「自分用」だそうです。
イベント毎に「とにかく食べたいねん!」と言ってくださる方が多い、さぶるーならではなのかもしれません。有り難い事です。

気温が低いほど濃いものが美味しく感じる気がしますので、今の寒さは2月も続く方がスイーツ屋には良いのかもしれません。
寒いのが苦手なので、複雑な思いですが、、、今年もバレンタインに向けて真っ黒作業がんばります!

 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
タベモノ 。素材に恋する職人。
DSC05496.jpg
今日は冷たい雨が降ったり止んだりの一日でした。
そんな中お越し下さった皆様、ありがとうございました。
この天気で今日はヒマかな・・と思っていたのですが、雨が止んだ途端にお越しくださる方が重なって、寒い外でお待たせした方々すみませんでした。どうかお風邪など引かれませんよう・・・。

さてさて、今日のタイトルのお話ですが、先週から店頭で販売している自然栽培米の話から、先週も今週も、たくさんのお客様と「食べ物」についての話題で盛り上がりました。
そんな「食べること大好き」な方々に読んでいただきたい内容です。

これまで、私自身が、有機栽培とか、無農薬とか、自然栽培とか、自然農とか、「とりあえず安全なタベモノ」としてごっちゃにしていた節がありましたが(有機栽培なら規定内で農薬を使用できるとか程度の知識だけで・・・)、先日、自然農について知ってからは、その考え方にとても共感するようになりました。
自然農に触れた時の話はこちらをご覧ください→http://savoureux.blog.fc2.com/blog-entry-1020.html

今日は、これとはちょっと違った視点からの話で、お菓子作りで一番重要視している「素材の味」です。
お店を開いて約3年ですが、最近、「美味しい」を追求し出すと、たどり着くのが「自然であること」なんだと、つくづく感じるんです。

お店で取り扱っている自然栽培米、食べた皆様から「旨い!」と、とってもご好評で、このお米を食べた、とあるお客様が
「以前無農薬のお米を取っていたが黒いのやら虫食いやらで、いくら安全といっても続かなかった。でも、このお米の美しさ!炊飯器の底を返したときの黄金色!もう~すごいね!」と大絶賛してくれました。
その虫食いのお米は、無農薬でも、肥料をやり過ぎたりしていたのかもしれませんね、なんて話てたんです。
有機栽培も、無農薬も、農薬や化学肥料を使う慣行農法に比べて、随分安心だと思いますが、まだ何か「不自然」なところがあるんでしょうね。

さぶるーでは、なるべくオーガニック素材を取り入れたり、素材からの加工を自店で行い、加工段階の添加物を取りこまないようなケーキをお作りしていますが、それでも、素材自体にまだまだ納得いっていないところがあります。
ケーキで自然栽培の素材を使うのは、今は調達が不可能な上に、もし揃ったとしても、どれほどの恐ろしい値段のケーキが出来上がるか・・・。
でも、その味は「恐ろしく美味しい」に違いないと思うんです。
いつの日か、全て自然に育つ作物を使ったケーキが作れたら、そんな作物が当たり前にスーパーで売られるようになったら、、、素敵ですよね。

それって、時間はかかるかもしれませんが、難しいことではないと思うんです。
多くの人が、ほんの少しずつ考え方を変えていけば、世の中の流通が変わって、自然なタベモノが普及し出すんじゃないかと思っています。
だから、「タベモノ」を扱う者として、使う素材が「安い」から、「利益が上がる」から、仕入れるのではなくて、その素材を買うことで世の中にどういう波及を及ぼすか、その素材を使った加工品を食べた人が「感動して=感じて心を動かして」、その人も同じような購買行動をするようになるか、そういう事を考えながら、心を込めて美味しいものを作りたい、と思うんです。

「究極に美味しい」を追求し始めた職人は、もしかしたら皆そんな考えになるのかな、と感じたのが、こちらのTEDのプレゼン動画。
私も、美味しい素材に出会った時に、目がハートになって、それを加工しながらウットリした眼で、惚れ惚れしながら作ることがあるので、オタク具合に共通点を感じる彼の話が大好きで、何度も見てしまいます。
チャーミングなアメリカ人シェフの話、お時間があれば是非ご覧ください。

「ダン・バーバー: 魚と恋に落ちた僕」


アプリ内で日本語に変更できない場合は下記が日本語訳のサイトです。
https://www.ted.com/talks/dan_barber_how_i_fell_in_love_with_a_fish/transcript?language=ja

先週今週と、そんな「タベモノ」の話で盛り上がった方々、色んな情報を下さった方々、そんなお客様達とのやり取りから、またまた「極旨x安全」 なお菓子作りに磨きをかけるぞ、気合い満々です。
また次の金曜日からも、どうぞ宜しくお願いいたします!

 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
ガレット・デ・ロワ

遅ればせながら、今日からガレットデロワが登場しました。
パイとアーモンドクリームのシンプルな組み合わせですが、しみじみ美味しいフランスの伝統菓子。

昨年までは、ナッツを入れて小さめに焼いたアレンジ版ばかりでしたが、今年は王道に行きたいなと思い、中の具はなしで、本場のような24cmの大判で焼いてみました。

大きくて薄く焼かれた美しいガレットデロワを目指して作りましたが、やはりオーブンの質が随分関係してくるようで、きれいに焼くために中々苦労しました。

大判のガレットデロワは今日と明日で終了して、来週は小さめに焼いてちょっとアレンジしたものをお出ししようと思います。
宜しかったら食べ比べてみてくださいね。

明日のショーケース上は、スコーンはお休みで、このガレットデロワと、フランス小麦とオーガニック紫小麦全粒粉の食パンが並びます。

今日は日中の冷え込みは緩みましたが、明日の午後は、また雨がぱらつく所があるそうです。
お越しくださる予定の方はお気をつけていらしてくださいませ。
お待ちしております!

******ご予約について******
メール(savoureuxnote@gmail.com)または、店頭でお取り置きを承ります。
◎予約メニュー、◎個数、◎お引取り日時、をお書き添えの上、お気軽にご依頼くださいませ。
大体のお持ち歩き時間もお知らせ頂けると助かります。

***ご遠方からお越しのお客様***
お車でお越しの場合、駐車スペースはありませんが、一時的にでしたら店舗前の道路に停められます。
通りは、東向きの一方通行になります。店舗のある右側に寄せてください。
生菓子をお持ち帰りの場合は、保冷バッグと保冷剤をご持参くださる事をお勧めします。

生菓子は、2軒隣の「喫茶 田園」さんへの持ち込みイートインが可能です。
持ち込みの場合は、予めお席の確保をお願いします。

**************************

 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
サントノーレ キャラメル


昨日の暴風雪の予報で警戒していたら、今日は風があって寒かったですが、思ったより穏やかな日になって一安心です。
とは言え、まだまだ週明けも寒くなるようで、これからが冬本番という感じでしょうか。


写真は、今日から登場したサントノーレ キャラメルです。
プチシューとパイとキャラメル生クリームの組み合わせ。
どうもシューが大きくなってしまい、バランスが悪く、お客様には「ボリューミィで嬉しい♪」と言われましたが、落ち着きの悪いバランスとスタイリッシュさに欠けるイデタチに、まだまだ修行をせねばと痛感しました。
オタク心にメラメラっと火が付いて、これから色々なバージョンのサントノーレを作って、より見た目の完成度を上げるぞ!とを秘かに決意しております(笑)

ちなみに、今日のご予約は殆どがこのサントノーレでした。
さぶるーのお客様方、やっぱりレベル高いので気が抜けません。精進します!


明日はガレットデロワを焼きます。
1月6日のお菓子なのに、明日初登場という気の抜きようですみません。
発酵バターたっぷりのザクザクパイに、アーモンドクリームを挟んでじっくり焼いたもので、シンプルな構成だからこそ伝わるしっかりした旨味。
パイ好きの方は是非お試しくださいね。

では、明日も皆様のお越しをお待ちしております!


******ご予約について******
メール(savoureuxnote@gmail.com)または、店頭でお取り置きを承ります。
◎予約メニュー、◎個数、◎お引取り日時、をお書き添えの上、お気軽にご依頼くださいませ。
大体のお持ち歩き時間もお知らせ頂けると助かります。

***ご遠方からお越しのお客様***
お車でお越しの場合、駐車スペースはありませんが、一時的にでしたら店舗前の道路に停められます。
通りは、東向きの一方通行になります。店舗のある右側に寄せてください。
生菓子をお持ち帰りの場合は、保冷バッグと保冷剤をご持参くださる事をお勧めします。

生菓子は、2軒隣の「喫茶 田園」さんへの持ち込みイートインが可能です。
持ち込みの場合は、予めお席の確保をお願いします。

**************************


 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
今週のメニュー


少し寒さが緩んだかと思ったら、明日の夕方からは暴風雪だそうです。
寒さも嵐も一緒にまとめてやって来た感じですね。
そんな嵐を吹き飛ばすべく、今週も真心込めて、せっせこ旨いお菓子を作っておりますよ。
またご案内がこんな時間になりましたが、まだまだ仕込み中で、ひとまずご飯を食べながらのブログアップです。

ワタクシ、菓子屋ながら健康オタクなもので、普段の食事の糖質はなるべく控えているんです。
ところが最近、先日ご紹介した、明日香村の前川さんの自然栽培米があんまり美味しいもんで、ついつい食べ過ぎてしまいます。
一般的に言われているのが、玄米だと噛む力と腸が弱い人には消化が良くないらしく、私は胚芽米にして少し玄米を足しています。
その玄米の味が本当に濃くて、表皮まで旨味がぎゅっと詰まっているって感じです。
それと、不思議なんですが、毎日ご飯一杯分位の摂取量が以前より増えたのに、全く太ったりしていません。
自然に育ったものって、それ自体が自然界でバランスが取れているから、必要な栄養素が必要な分だけ吸収されて、それ以外は自然に排出されているような気がします。
これが自然栽培の力なのかも、、なんて思います。
今は、自宅の家庭用精米機で胚芽米に精米していて、こんなに美味しいお米の米ぬかを捨てるのももったいないので、何か焼き菓子にできないかなーと考え中です。
高カロリーでも自然に排出されるお菓子なら、健康を気にするスイーツ好きの方にも良さそうですよね。
・・・ご飯を食べながら、脱線が長くなりました。
では、今週のメニューのご案内です!


◆◆◆ショーケース◆◆◆

・フロマージュ■(金・土)
・タルトルバーブカロ(ルバーブとココア生地を焼きこんだタルト)
・ガトーサンタンデール(カカオ70%チョコと木苺のガトー)
・お米ロール(フリュルージュ(赤いフルーツ色々))■
・かぼちゃプリン■
・サントノーレキャラメル※新作(金 14:00~)
・タルトフィグアールグレイ(有機黒いちじくと有機紅茶のタルト)(土・日)
■…小麦不使用、●…卵不使用

かぼちゃプリン好きの方、お待たせしました。
丁寧に裏ごしした、滑らかでほっくりした味わいのかぼちゃプリンに、トロリとしたミルクコーヒージュレを合わせています。
何とも優しくて深い味わいのかぼちゃプリンは、子どもさんからおばあちゃんまで大人気です。

そして、先週試作していたプチシューは、サントノーレ用でした。
タヒチバニラたっぷりカスタードを詰めたシューと、キャラメルシャンティ、底はサクサクっとしたパイ生地です。
ちょっと仕上げに時間が取られそうなので、並ぶのは14時ごろの予定です。

土曜日から追加でタルトフィグアールグレイが並ぶ予定です。


◆◆◆ショーケース上の焼き立てコーナー◆◆◆
金:オレンジスコーン
土:ガレットデロワ、オーガニック紫小麦全粒粉スコーン
日:ガレットデロワ、フランス小麦とオーガニック紫小麦全粒粉の食パン

1月初旬のお菓子のガレットデロワ、ようやく登場ですが、それも遅れて土曜日から・・・。
スミマセン、パイ生地の折りが間に合いませんでしたm(__)m
パイが出たらお越しくださる皆様、ご覧下さっているでしょうか。。。


◆◆◆焼き菓子棚◆◆◆
・フィナンシェショコラ
・フロランタン
・フロランタンシノワ
・エンガディナーヌストルテ
・カイザークーヘン
・アプリコーゼクーヘン
・パンドジェーヌ
・ミエルエピス
・カカオビスク(小麦乳製品不使用)
・カシューナッツサブレ
・ココナッツサブレ
・レモンクッキー
・チャイクッキー
・柚子胡椒チーズサブレ
・ムラング雪塩(小麦乳製品不使用)

焼き菓子の種類が先週よりぐんと増えました。
ご贈答などにも是非ご利用くださいませ。

それでは、明日からの3日間も、どうぞ宜しくお願いいたします!



******ご予約について******
メール(savoureuxnote@gmail.com)または、店頭でお取り置きを承ります。
◎予約メニュー、◎個数、◎お引取り日時、をお書き添えの上、お気軽にご依頼くださいませ。
大体のお持ち歩き時間もお知らせ頂けると助かります。

***ご遠方からお越しのお客様***
お車でお越しの場合、駐車スペースはありませんが、一時的にでしたら店舗前の道路に停められます。
通りは、東向きの一方通行になります。店舗のある右側に寄せてください。
生菓子をお持ち帰りの場合は、保冷バッグと保冷剤をご持参くださる事をお勧めします。

生菓子は、2軒隣の「喫茶 田園」さんへの持ち込みイートインが可能です。
持ち込みの場合は、予めお席の確保をお願いします。

**************************

 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
寒い中お越しくださった皆様ありがとうございました

今日も昨日に引き続きとても寒い一日でした。
そんな中お越しくださった皆様、本当にありがとうございました。
今日はなぜか遠方からのお客様が多かったです。
電車のダイヤが大幅に乱れていたとか、雪がかなり積もっていたとか、京都方面からお越しの方は「もう大変で~」と口々に仰っていました。
そしてなぜか、一見さんも多い日でした。
さぶるーは、毎週か隔週いらっしゃるリピーターさんが半分以上を占める位なのですが、今日はいつもと違うお客様の面々、、、不思議な日です。

寒い日曜日だし、お客様が少ないだろうから、色々と試作を・・・
と、アレコレ予定していましたが、予想外にお客様がいらしてくださって、登場したのは、随分遅い16時頃から、写真のプチシュークリームだけになりました。
この寒さの中いらしてくださったので、今日だけ特別のお買い得プライス。
その後は、いつもの皆様が心配買い&応援買いに来てくださったりして、プチシューも全部売り切れました。
ありがとうございます!


今更、なぜプチシューの試作!?と思った方もいるかもしれませんね。
さぶるーのシュークリームは、‘ミルフィーユ的’なフランス菓子の旨さを結集したデザート的立ち位置なんです。
ノンホモミルクや石臼挽き小麦を使って、発酵バターが多目の、しっかり旨味が感じられるシュー生地を、一旦焼いた後に半分に割って、中までカリカリに再度焼きこみます。
素材の使い方と手間暇のかけ方は、簡単なおやつの「シュークリーム」と一緒にすると、お菓子に失礼だわと思うんです。
そうやって作っても、この辺りだと「なんでシュークリームがこの値段やねん!」と言う人が結構いるわけで、価値や味が分かる方だけに売るのはとても難しい。。。
大阪一物価が安い千林からスグで、写真も「たこ焼き」と言いそうな人が多い地域ですからね

とは言え、遠方からも「探してでも旨い店に行く」方がポツポツ来て下さったり、「ギフトでもらったお菓子の味が忘れられない」と来て下さったり、ツウの方がツウの方にご紹介下さったりして、「この味でこの値段だとちょっと安過ぎませんか?」なんて嬉しいご意見も頂きますが、なんだかんだ言っても、やはり多くを占めるのは旭区城東区鶴見区あたりの方です。
その地域ごとに「基準価格」ってありますもんね。

「シュークリーム」 では高く売れなくても「シュー生地を使ったガトー」なら適正な価格で売りやすいかなと考えていて、今日はそのガトーのための「プチシュー」試作でした。
何が登場するか、、、フランス菓子ツウの方はピンと来るでしょうか。どうぞお楽しみに♪

そして、様々な欧菓子の本にかじりついて、ニタニタしながら妄想していたアレやコレやは、少しずつ試作を進めてまたいつか登場させます。
旨いもの好きの皆様、オタク職人の道楽にお付き合いくださると嬉しいです。

次週は、1月のお菓子ガレットデロワが登場する予定です。
本場では1月6日に食べるものなんですが、どうも毎度遅れがちで・・・。
そして、ハロウィーン期間にお作り出来なくて、11月にちょろっと登場しましたが、それにタイミングが合わなかった方々からずっとリクエストを頂いている「かぼちゃプリン」。
満を持して登場です。お見逃しなく。
焼き菓子も今週よりいくつか種類が増える予定です。
次の金曜日からも、どうぞ宜しくお願いいたします!


 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
明日のメニュー

今日はとても寒い一日でしたが、そんな中お越しくださった皆様、ありがとうございました。
夕方から雪が降り出し、表の植え込みにも積もり始めました。
随分久しぶりに積もる雪、外に出ると寒さにびっくりしますが、温かい室内から見ている分には美しいですね。

写真は年末の焼き菓子製造に追われていた日の午前2時のものです。
この時間から、まだ焼き上げるものがあり、包装するものが山のようにあり、あまりに終わりの見えない状況に、若干壊れた笑みを浮かべながら撮影したんです。

そんな追い込まれた状況から一転、今日はこの寒さなので夕方以降はお客様もまばらでした。
明日は更に冷え込むそうなので、開店休業になるかしら・・・と不安ではありますが、そんな日は研究没頭日♪
ちょっと試作してみたいものがあったりすると、こんな日に作ると気分も上がって美味しく出来たりします。
アレコレと試作してみようと思っていて、美味しくできたものはシレっと並んでいるかもしれません。

明日に並ぶメニューを改めてご案内します。
◆◆◆ショーケース◆◆◆
・ガトーサンタンデール(カカオ70%チョコと木苺のガトー)
・クレームピスターシュ(シシリーピスタチオのクレームブリュレ)■※新作
・タルトルバーブカロ(ルバーブとココア生地を焼きこんだタルト)※新作
・お米ロール(木苺&サワークリーム)■
・フロマージュ■

■…小麦不使用、●…卵不使用


◆◆◆ショーケース上の焼き立てコーナー 14:00頃~◆◆◆
フランス小麦と発酵バターミルクの食パン


◆◆◆焼き菓子棚◆◆◆
・フィナンシェショコラ
・フロランタン
・カイザークーヘン
・アプリコーゼクーヘン
・ミエルエピス
・パンドジェーヌ※新作
・チャイクッキー
・レモンクッキー
・柚子胡椒チーズサブレ
・ムラング雪塩(小麦乳製品不使用)
・カカオビスク(小麦乳製品不使用)
今日ビスクを追加で焼きましたので明日から並びます。

明日も雪が降るようですので、自転車・お車の方はお気をつけてお越しくださいませ。
お待ちしております!



******ご予約について******
メール(savoureuxnote@gmail.com)または、店頭でお取り置きを承ります。
◎予約メニュー、◎個数、◎お引取り日時、をお書き添えの上、お気軽にご依頼くださいませ。
大体のお持ち歩き時間もお知らせ頂けると助かります。

***ご遠方からお越しのお客様***
お車でお越しの場合、駐車スペースはありませんが、一時的にでしたら店舗前の道路に停められます。
通りは、東向きの一方通行になります。店舗のある右側に寄せてください。
生菓子をお持ち帰りの場合は、保冷バッグと保冷剤をご持参くださる事をお勧めします。

生菓子は、2軒隣の「喫茶 田園」さんへの持ち込みイートインが可能です。
持ち込みの場合は、予めお席の確保をお願いします。

**************************

 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ