*All archives*

2017/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
おひな祭り週間にお越し下さった皆様、ありがとうございました。

3月3日から今日のご予約販売日まで、ひな祭り週間にお越し下さった皆様、ありがとうございました。

次の金曜日からはホワイトデー週間です。
早々に数件、ご予約も頂きありがとうございます。
ホワイトデー週間に向けて、今から焼き菓子を沢山仕込んでおります。
2種類の価格帯で、リボンのプチラッピングでお出しする予定です。
写真が撮れ次第改めてご紹介いたしますね。



話し変わりまして、さぶるーはそろそろ丸三年になりますが、これまでもチラっと書いてきたように、今年は経営についてもう一度見つめなおそうと考えています。

これまで、自分のお菓子を思う存分表現させて頂いてきたこと、
そして、そのお菓子を支持してくださる濃いお客様が増えてきたこと、
さぶるーが無くなると困ると言って、応援団のように宣伝をしてくださる方が増えたこと、
お店とお客という関係を超えて繋がってくださる方が増えたこと、
本当に嬉しく有り難いことで、感謝してもしきれません。

今は、お菓子のニーズに対して製造できる量の需供バランスや、自分の体力の限界や、家族との時間が持てないことなど、少し無理をしながら走り続けている状況なので、ここ数ヶ月、打開策を模索していたんです。
その中で、社会に対して、同じ位置から同じ方向を見ている友人らの力を借りて、自身の負担を減らすと同時に、少し大きく展開していけないか、と考えていました。
でも、中々一筋縄に進むものではなく、気持ちの根幹になる部分に揺らぎが出たりと、未だに一歩も前に進んでいなくて、目の前の変わらない現状に疲れも出始めていて。。。
そんな、夢見がちで焦りも出てきた私に対して、友人が教えてくれた詩が心に突き刺さりました。

「小さな店であることを
恥じることはないよ
その
小さなあなたのお店に
人の心の美しさを
一杯に満たそうよ」

戦前から戦後にかけて活躍した、岡田徹さんという、商業経営指導家の詩だそうです。
http://ameblo.jp/19660726/entry-12101532218.html

さぶるーで一番大事にしていることが、この詩に全て書かれている事に気付かされました。
商売の「し」の字も知らずに、ただお菓子作りがしたくて、脱サラしてお店を構えて、勢いだけでここまで進んできたと思っていましたが、ちゃんと大事に育ててきたものがあることに気が付きました。

この先どうするか、現実的な話では迷いはまだまだありますが、心にこの詩を据えて、進んでいこうと決意を新たにしました。

長らくさぶるーを応援してくださるお客様、最近ファンになったと支持してくださる濃いお客様、心の支えになってくれる友人たち、本当にありがとうございます。
今までより、少しお休みを頂戴しながらになるかもしれませんが、さぶるーらしく続けられる道を探っていきます。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします!



 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
明日のメニュー

今日のお昼はとてもあたたかくて、お出かけ日和でしたね。
お出かけ日和のためか、はじめてお越しいただいたお客様もたくさんいらっしゃいました。



それでは、明日のメニューのご案内です。

◆◆◆ショーケース◆◆◆
・苺ショート
・お米のクリームシフォン(苺)■
・苺のクリームプリン(ノンホモミルクプリンに苺のジュレ)■●
・ガトーサンタンデール(サンタンデール地域のカカオ70%チョコ使用のケーキ)
・タルトアマンドレザン(アーモンドとレーズンのタルト)
・タルトアルザシアン(白ワインとアーモンドとリンゴのタルト)
・レアチーズ(有機ダイヤモンドマスカットレーズンを使った濃厚レアチーズ)14時~

■…小麦不使用、●…卵不使用

トップの写真は、この3日間並んでいる苺3姉妹です。
ひな祭りにちなんだメニューとしてお出ししましたが、明日もたっぷり並びます。


変わってこちらは今日からお出ししたタルトアルザシアンです。


フルーツの産地アルザス地方でつくられるフルーツをたっぷり詰めて焼いた、アーモンドと白ワインのカスタード風味のタルトです。
今回はリンゴをぎっしり詰めて焼き上げました。


もう一つ、少し遅れて14時ごろになりそうですが、有機ダイヤモンドマスカットレーズンを使ったレアチーズが再登場します。
前回お出しした時にリピート率が高かった大人気のメニューです。
お好きな方、見逃した方はぜひどうぞ!



◆◆◆ショーケース上の焼き立てコーナー 14:00頃~◆◆◆
オレンジスコーン



◆◆◆焼き菓子棚◆◆◆
・フィナンシェキャラメル
・フロランタンシノワ
・エンガディナーヌストルテ
・ファイゲクーヘン
・カイザークーヘン
・ジンジャンブル
・パンドジェーヌ
・ガレットブルトンヌ
・有機白ごまキヌアビスク(小麦乳製品不使用)新作
・マンデルケベック(アーモンドの固焼きクッキー)新作
・ジンジャーブレッド
・チャイクッキー
・ムラングカカオ(小麦乳製品不使用)
・サブレマカダミア
・サブレカカオ 新作


明日からサブレ2種類が追加で並びます。
ずいぶん久しぶりの登場となるサブレマカダミアに加え、新作のカカオニブを入れたサブレカカオ。ぜひお試しください。


明日の日中もお出かけ日和となりそうです。
よろしければお出かけのついでにお立ち寄り下さいませ。


******ご予約について******
メール(savoureuxnote@gmail.com)または、店頭でお取り置きを承ります。
◎予約メニュー、◎個数、◎お引取り日時、をお書き添えの上、お気軽にご依頼くださいませ。
大体のお持ち歩き時間もお知らせ頂けると助かります。

***ご遠方からお越しのお客様***
お車でお越しの場合、駐車スペースはありませんが、一時的にでしたら店舗前の道路に停められます。
通りは、東向きの一方通行になります。店舗のある右側に寄せてください。
生菓子をお持ち帰りの場合は、保冷バッグと保冷剤をご持参くださる事をお勧めします。

生菓子は、2軒隣の「喫茶 田園」さんへの持ち込みイートインが可能です。
持ち込みの場合は、予めお席の確保をお願いします。

**************************

 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ