*All archives*

2020/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
ご無沙汰しております
キクイモモドキ

皆様、随分ご無沙汰して、ご心配おかけしており、申し訳ありません。
メールやメッセージを下さった皆様、ありがとうございます。
一人ロックダウンでステイホームな生活を続けていると、電話もメールも見る気が無くなってきて、しばらく切りっぱなしで放置しておりました。
中々筆を執る気にならず、ブログも放置していたのですが、状況だけでも書かないとと、ようやく書きました。
ご心配下さっていた皆様には本当にすみません。


6月初めから、もうかれこれ2か月近くお菓子を作っていなくて、菓子屋になってからは初めての長期休業状態です。
当初は、これほど長期間になるとおは思っておらず、お菓子を作らない日々に違和感があって、いつ再開できるのか目途も立たない状況で、若干うつっぽくなっていた時期もありました。
でも、余りに先が見えないと、先を見るよりも今できることをしっかりやろうと、色々と心境の変化もあったりして、今の状況を受け入れて日々を過ごしています。

おじいワンの容態は、以前のように回復したわけではないのですが、悪いなりに安定してきていて、心労は少なくなりましたが、手がかかる状態は変わらずです。
なので殆ど家に引きこもっていますが、合間合間に家の用事をしたり、急いで買い物に回ったりしています。
ずっと家にいると、今まで全く手入れしていなかった家の不具合があちこちで出ていることが分かり、一つずつDIYで補修したりしていますが、田舎の家にありがちな無駄に広い家は中々全部に手が回りません。
家の庭も裏の土手も、雑草が生い茂って藪になって、このまま放置したら家まで土に還されてしまう勢いなので、ぼちぼちと草引きをしたりと手入れをしています。

今週は、宇陀カフェもメンテナンスしないと、と、久しぶりに行ったのですが、森化した庭に面くらいました。
そして畳にはカビが一面にはびこっていて、家の中もえらいことに。。。
まとまった時間が取れないので、何度かに分けてメンテナンスしに行かないといけません。

製造をストップしてるこの期間に、ほったらかしていたものにきちんと向き合いなさいって事なのかも、、、と一つずつやっつけていっております。


梅雨終わりの雑草の勢いはすさまじくて、一昨年に宇陀カフェ初期の岩ゴロゴロ庭で、毎日草引きしながら泣きそうになっていたことを思い出します。
岩を取り除いて整地した後は、植栽したものが弱弱しく育つような痩せた土地だったのですが、荒れ地に生える雑草が固い土に根差して土を柔らかくし、少し柔らかくなった土に土壌菌のバランスをよくするような雑草が増えて、虫たちがその循環を手伝って、、、と、様々な雑草や虫が順繰りに増えて、2年の間に土を少しずつ良い状態にしてくれたので、一切農薬や肥料を使うことなく、今は植栽した草木も随分たくましくなりました。
自然の循環システムって本当にすごいなぁと改めて思うのですが、完全に放置していると、植栽した草木が淘汰されてしまうので、「選択的除草」をして勢いの強い雑草が増え過ぎないようにしています。

とはいえ、しばらく放置していた庭は、ムラサキツメクサやオオアレチノギクが我が物顔で蔓延っていて、強い種類のラベンダーやタイムまでが浸食されていました。
ラベンダーの株の中央に「俺ん家」と言わんばかりに陣取るオオアレチノギグを見て「人間でもこういうタイプいる・・・(笑)」とか、可愛い紫の花を咲かせたムラサキツメクサの足元は無数の地下茎で大繁殖する「全部私の場所♪・・・的な人もおるなぁ(笑)」なんて思ったりしながら、雑草を取り過ぎないようにお手入れしました。

植物は根でも会話するらしく、「あっちの方にえらい勢いのヤツおるで」て聞いたのか、ネコジャラシやメヒシバのような根っこが頑丈な勢力はその付近には繁殖しないのが不思議です。
雑草ワンダーランド、季節ごと年ごとに色々な表情があって、中々おもしろいです。

当たり前の事なんですけど、雑草も含めた草花や木も、そこに集まる虫たちも、生きるために生きていて、今ある目の前の事に向き合っていない生命なんて皆無なんですよね。
うちのおじいワンも、何度も死にかけてるのに、生きる事しか考えていないというか、ご飯食べて、寝て、ヨロヨロしながら動いて、排尿排便して、、、当たり前の命の営みをしているだけなんですよね。
全ての命は、発生した時から必ず死に向かって進んでいるのに、なんとも健気に今を生きているって小さな命たちにまじまじと向き合うと、なんだか人間はすごく不自然なイキモノのように感じます。

不自然ながらも、少し自然に学んで生きていきたいなあと、野菜や果物を発酵させてみたり、発芽させてみたりと、食にも自然の循環を取り入れることを試しています。

そんなこんな、身動きが取れないなりに、今できる事をぼちぼちとやっております。
京都のお客様方から、空き店舗やイベントの情報を頂いたり、哲学の道にある素敵なお店から出店のお誘いを頂いたり、また京都へお越しやす~とお声がけいただいていて、本当にありがたいやら申し訳ないやらです。
大阪で長年支えて下さったお客様方からも、ちょくちょくとお気遣いのご連絡を頂いたりと、これまでの温かい繋がりに感謝しかありません。

今の状況で、お菓子作りを細くでも再開するにはどうしたらいいかと、あれこれ思案しています。
まとまって作らないと材料ロスも多くなって、製造する方が赤字になる場合もあるので、これまでのような種類を作るのは難しいと思います。
まだ戦略を練っている段階ですが、お菓子作りを再開する方向に、ちょっとだけ動きだそうというところです。
ご心配下さっている皆様、禁断症状が出ている皆様には申し訳ありません。
もう少しお時間を頂いて、また次のステップへ進みたいと思っています。
その際には、どうぞ宜しくお願いいたします。


↓自宅周辺の自生している植物たちの写真。宜しければご覧ください↓
セイヨウノコギリソウ
セイヨウノコギリソウ(ヤロウ) 薬効の高いハーブです

サトイモ
勝手に生えてきたサトイモ


キキョウ
みかんの木の下で生えていたキキョウ

ユキノシタ
食べられる雑草 ユキノシタ

レインリリー
様々な種類があるレインリリー



さぶるー のオンラインショップはこちら → online-shop
プロフィール

さぶるー

Author:さぶるー


菓子工房さぶるー は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【カフェ 自然菓子茶房さぶるー】*不定期営業*
 奈良県宇陀市大宇陀小附960
 tel:050-3632-0126
 
 大阪出張販売、オンラインショップ、については、随時ブログでご案内いたします

mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.cart.fc2.com/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

購読

更新通知で 菓子工房 さぶるー の新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ