*All archives*

2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
2016年最後の営業が終了しました。明日元旦~3日も営業しております!

2016年最後の営業が終了しました。
大晦日の今日は、ティータイムから夕方までに一気にお客様が集中して、今年最後の日までバタバタしておりました。
今日お越しくださった皆様、そして2016年中にご贔屓にしてくださった皆様、本当にありがとうございました。
お年賀セットのご予約は今日明日がピークですので、明日からは少しゆったりな営業になりそうです。
クリスマス前から続く寝不足状態のまま、怒涛の忙しさも必死のパッチで乗り切ってきましたが、ようやく新年には笑顔が引き攣らないで済みそうです。

2016年は、自分にとって価値観が大きく変わる年で、人生でとても重要な年になりました。
年明けには沖縄を訪れて社会の真実を知り、それまでの常識がガラガラと崩れて、この日本という国について随分勉強しました。
そこで知った事を少しずつお客様にも広げて共有してもらい、一緒に考えてくださる方が何人も出てきたのは、本当にありがたいことだと感じています。

秋には、少しショックな事が重なって、「自分が今生きている」という意味や「老いる」という当たり前のことについて深く考えました。
これから自分がどう生きていくか、方向性を定めるきっかけになりました。
若いころは「明日はもう来なくていい」と思っていた時期もありましたが、お店を始めてから方向性が徐々に定まり、次は的を絞っていく段階に入ったと感じるこの頃、「明日がもし来なくてもちゃんと満足した人生を送れた」と、今は思えます。

こう思えるのは、お店を始めて以降、支えてくださっているお客様方の存在がとても大きいです。
真心込めて作ったお菓子を、味はもちろん想いまで汲み取ってくださる方々がいなければ、ここまで必死に製造できないと思います。
長くなりましたが、これからも手間暇を惜しまず真心を込めて、心に響く忘れられない美味しいお菓子を作っていきますので、どうぞ宜しくお願いいたします!

元日から3日まで、まだまだお菓子を沢山ご用意しております。
おせちの合間にもさぶるーのスイーツを是非どうぞ!
関連記事
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ