*All archives*

2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
この3日間お越し下さった皆様、ありがとうございました。次は・・・♪

今日は、びっくりするほど生菓子をお求めの方が少なかったです。
これはいかん、と夕方に「まだ生菓子あります~」とブログとFacebookでご案内したところ、それを見てお越し下さった方がチラホラ。
本当にありがとうございました。

お天気でお花見日和だった今日は、おでかけの方が多かったのか、日中の新森は人っ子一人いない!?くらいのサミシイ空気に。
そんな中お越し下さった常連さんに、
「今日は焼き菓子狙いの人ばっかりで、あきませんわ・・・」と漏らすと、
「昨日のブログで少ないって書いたんやから、そりゃそうやんかー、アホやなぁ!」と。。。

いつも日曜日の生菓子は早めにハケる事が多いので、目玉メニューがあったりすると、遅めに来られた方がまた無駄足になるかもしれないと思って「残り少ないのでお早めに」と書いたんですけど、
「そんなん正直に書くから、みんな無いと思って来えへんねんやんかー」と言われました。
「明日もたっぷり作りますからって書いといて、早めに売り切れましたってしとけばエエねん!」とも。

あああぁ、そうか、そういうことか。。。
と、また経営力の無さにガックシ。
とは言え、品切れの後のお客さまのガッカリ感も相当なもので、私としても、売り切れ後にツウの方がいらっしゃると「くぅー、食べて欲しかったのにぃ」となるんですよね。

お客さんの流れは本当に難しいです。
まだまだ勉強が足りません。
お菓子の勉強と共に、こちらももっと勉強します。

この経営の話にも繋がるのですが、度々寄ってくださる画家さんから以前頂いた言葉がとても考えさせられたのでご紹介します。

「ホンモノを作る人は、いつの世でもお金儲けはできないよ。
ゴッホだって生きている時は貧乏で弟に食わせてもらってたんだ。
死んでからようやく認められて、皆が知る存在となった。
売れる絵を描こうと思えば描けたけど、突き通したホンモノしか書かなかったんだ。
ほんの一握りでも、そのホンモノを求める人がいる限り、ホンモノを作り続けるべきだと。」

志を曲げずに突き通す、というのは、私の中心にも置いていることなのでとても胸に響きました。
・・・が、正直、一生ビンボー生活をする覚悟もなく、複雑な気分でした。
いやだって、旨いもんタラフク食って、タマには温泉旅行とか行って、数日間自然の中でリフレッシュしたりしたいじゃん、なんて私だってフツーに思いますよ。
それに、以前から度々取り上げている沖縄だけじゃなく、福島の人もそうですし、その他にも、表には出ないけど多くの虐げられている人や、それをサポートしている活動なんかに参加したり寄付もしたいです。
時間もお金もなければ、こういう人の役にも立てないのは事実で、ホンモノを突き通す事とのバランスを取っていかないとな、と感じます。

日々、店頭で様々な人と色々な話をして、考えさせられて、成長させてもらっています。感謝感謝。


さて、次週の仕込みを少し始めていまして、トップの写真は杏のコンポートです。
きび砂糖だけでコンポートにするのではなくて、ちょっとしたハーブやスパイスやお酒を使って、ぼやけた味をキュっと絞り込んでいきます。
こちらはタルトに使う予定です。どうぞお楽しみに。

そしてもう一つ、ショコラサバイヨンは来週出るのか?というご質問をチラホラ頂いておりましたが、次の3日間ともお出しする予定でして、それで最終となります。

このガトーは、やっぱりお酒好きがハマってくださるようです。

店頭で小分け販売している3種類のチョコの中でも、一番お酒好きや食通が選ぶのが「サンタンデール」で、それを使ったムースで、水分が多い白ワインのムースとスポンジを覆っています。
中には赤ワインとラム酒で味付けしたオーガニックレーズン。
このチョコは、微かに感じる渋味が心地良くて、ワインとの相性が抜群なんです。
お酒好きでまだこのケーキを食べていないという方は、次週是非お試しくださいね。

その他は、少し気温が上がってきたので、季節的に終盤になるバタークリームもので何かと、スッキリした酸味のフルーツものを考えています。
何が登場するか、、どうぞお楽しみに。

次の金曜日からもどうぞ宜しくお願いいたします!


関連記事
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ