*All archives*

2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
今週のメニュー


温かい日が続いていますね。
朝晩も寒過ぎず、日中も暑過ぎず、うららかで心地良い季節。
週末は、さぶるーのスイーツで心もゆるゆる~と、いかがでしょうか。

早速今週のメニューのご案内です。

◆◆◆ショーケース◆◆◆
・プレジダント(ヘーゼルナッツのダックワーズとバタークリームを使ったガトー)※新作
・ムラングシャンティパッション(サクっとメレンゲにパッションシャンティをサンド)■※新作
・タルトダマンドピスターシュ(ピスタチオを練り込んだナッツザクザクのタルト)
・タルトフランアブリコ(杏と松の実を乗せたフラン)※新作
・ショコラサバイヨン(カカオ70%チョコと白ワインのガトー)
・お米のクリームシフォン(コーヒー)■
・クレームショコラアニス■※土曜日~

■…小麦不使用、●…卵不使用

新作を3つも作ってしまいました。
プレジダントは、ダックワーズをガトーにしたようなもので、軽いプラリネのバタークリームを使っています。
カルピスバターのミルキーさに、プラリネ(アーモンドキャラメル)のほろ苦い味が、とても相性の良いクリームです。

お次は、いつもキャラメルのクリームで作るムラングシャンティを、初めてパッションクリームで作ってみました。
少し気温が上がってきたこの季節に、爽やかなクリームが食べやすいと思います。

そして、先日ご案内した杏のコンポートは、サクサクタルトにカスタードソースを流したフランになりました。
ジューシーな杏に、松の実の味と食感がアクセント。
シンプルですが、飽きが来ない、どなたでも食べやすいタルトです。



◆◆◆ショーケース上の焼き立てコーナー 14:00頃~◆◆◆
21(金):有機紅茶スコーン
22(土):有機紫小麦全粒粉スコーン
23(日):自然栽培甘夏スコーン



◆◆◆焼き菓子棚◆◆◆
・フィナンシェ※残少
・アマレーナ(アマレーナチェリーを乗せたピスタチオのフィナンシェ)
・黒糖マドレーヌ
・フロランタン シノワ
・ケーク梅酒
・ケークキャラメル※残少
・ケーク甘夏
・パンデピス(ライ麦とハチミツのスパイスケーキ)
・カイザークーヘン
・アプリコーゼクーヘン
・黒ごまビスク(小麦乳製品不使用)
・自然栽培甘夏クッキー
・マカダミアサブレ
・サブレエルブ(ディルとオレガノとチーズのサブレ)
・ジンジャーブレッド
・ムラング雪塩(小麦乳製品不使用)
・ムラング木苺(小麦乳製品不使用)

アマレーナが久しぶりに登場します。お好きな皆様、お待たせしました。

健康志向の方からも、スイーツ好きからも支持率の高いビスクシリーズ。
最近は、カカオよりごまが人気があるようですので、カカオの順番を飛ばしてまたまた黒ごまになりました。

パンデピスが以前より人気が上がってきたようです。
独特の食感とスパイスで苦手な方もいる、少しクセのあるお菓子ですが、とても深い味わいの欧菓子でスポっとハマる方も結構いらっしゃるのがこのパンデピス。
まだの方は是非召し上がってくださいね。

では、今週も心を込めたスイーツたちと皆様のお越しをお待ちしております!


******ご予約について******
メール(savoureuxnote@gmail.com)または、店頭でお取り置きを承ります。
◎予約メニュー、◎個数、◎お引取り日時、をお書き添えの上、お気軽にご依頼くださいませ。
大体のお持ち歩き時間もお知らせ頂けると助かります。

***ご遠方からお越しのお客様***
お車でお越しの場合、駐車スペースはありませんが、一時的にでしたら店舗前の道路に停められます。
通りは、東向きの一方通行になります。店舗のある右側に寄せてください。
生菓子をお持ち帰りの場合は、保冷バッグと保冷剤をご持参くださる事をお勧めします。

生菓子は、2軒隣の「喫茶 田園」さんへの持ち込みイートインが可能です。
持ち込みの場合は、予めお席の確保をお願いします。

**************************

関連記事
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ