*All archives*

2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
6月の営業予定


6月の営業予定のご案内です。
営業日の変更や、イベント出店などはありませんが、19(月)のご予約販売は都合によりお休みさせて頂きます。
最近は、ご予約を頂いて月曜日にご来店の方も増えていますので心苦しいのですが、前後の営業日でお時間が合うようでしたらお立ち寄りくださいませ。


今日は、まだ5月というのに、日中の気温が30度を超えてきました。
このところ、一日のうちでも寒暖差が大きいですが、皆様体調など崩されていませんでしょうか。
気温の変化が大きかったり天気がぐずついたりで、疲れが出やすい6月にも、元気が出るようなお菓子をラインナップしていこうと思います。


話し変わりまして、先日の東京遠征以来、今までは少し曖昧だったお菓子作りに対する考え方が、このところ、着地点を見出した気がしています。
「タベモノを作ることは神様の仕事。ステキな仕事だね」
と、数年前、スピリチュアルな友人に言われた事が、リアルに実感できるようになってきた感じです。

人は、日々食べたもので細胞が作られ、体と心も作られて動いているので、タベモノは人を作っている、という考え方。
魂を込めて作ったお菓子には、魂が入っているんだなと、イデミスギノのケーキを食べて実感し、シンプルに、私も同じ事がしたいんだわと気付いた先日。

その、東京の帰りに立ち寄った浜松でも、魂のお料理を頂いて、更に強く実感したんです。

会員制 中国料理 飛龍 FeiLung フェイロン
https://www.facebook.com/feilung777/

「めちゃくちゃ魂こもってる」と最初から最後まで、心臓に手を突っ込まれてワッサワッサ揺すぶられるような、響くお料理の数々でした。
至れり尽くせりのサービスに、お土産まで頂いたりしたので、お礼にケーキをお送りしたら、
「ケーキを食べれば、何が言いたいか分かります、どんな人かという人柄も分かります」
と、ケーキにこめた魂まで感じ取ってくださいました。

言葉が通じるように、お菓子にこめた想いもちゃんと通じるんですよね。

今、この国では同じ日本語でも通じないような、能面顔キューピーちゃんが粛々と支える、舌足らずで伝伝とか言って息を吐くように嘘をつく人がトップで、おかしい事を「おかしい」とと言えない世の中になりつつありますが、言葉だけではない表現方法もあるもんだ、と少し前向きになれたこの頃です。
(このあたり、クスッとならない方はちょっと危ないかもしれません。ブログリンクのサイトのいくつかを宜しければご覧ください)

こんな、良いことも、なんだかなぁと思うことも、共有して共感できる繋がりが増えつつあることに心から感謝します。

長くなりましたが、6月もどうぞ宜しくお願いいたします!

関連記事
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ