*All archives*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
フィナーレのメニュー


※ご予約殺到につき、ご予約の受付を締め切りました。誠に申し訳ございません。 13(金)12:00※
ご予約優先にするため、今週のショーケースメニューの店頭売りは取りやめました。各日、余分が出た場合は17時~で店頭に並べます。
最終日の15日(15:00~)に余分をお出しします。


いよいよ明日からの3日間が最終の営業となります。
夏休み明けに閉店をご案内して以降、皆様の駆け込み需要と比例して、作りたい虫が調子に乗って、週を追う毎に製造がどんどん増えてきました。
我ながら、ここまで製造能力があったのかとビックリしますが、既に腕は常にビリビリ痺れているわ、立ったまま何度も眠ってしまうわ、目の下のクマも大きくなってヨレヨレ状態で、もう妖怪の域に達しております(笑)
毎週作りたいメニューをあれこれムフフと妄想して、それを実際の菓子に仕上げてみて、そのお菓子を楽しみに買ってくださる方がいる、お菓子作りが好きな者にとって作りたいものが作れる日々というのは、本当に幸せでした。
それでも、3年半かけて、更に進んだ素材オタクは、もっともっと感動するほどの美味しいもの、体がウキウキ喜ぶもの、生産者も大地も嬉しいもの、「循環する幸せ」をお菓子作りで実現していきたいと、次のステージにチャレンジすることにしました。

今週は製造しながら、いよいよフィナーレだなぁ、、、と思い、今のお店であった様々なドラマが走馬灯のように蘇ってきて、クスクス笑ったり、涙がツツゥ~っと出てきたり、心もくるくる忙しくしておりました。
そんな楽しい製造時間を目一杯とって、今週も大量に作りました。
最後まで調子に乗って、随分作り過ぎたかもしれません・・・。
宜しかったらフィナーレのお菓子の色々、是非食べにいらしてくださいね。


前置きがながくなってすみません、今週のメニューのご案内です。

◆◆◆ショーケース◆◆◆
・フランボワジェ(木苺のバタークリームとアーモンドスポンジ)※新作
・ムラングシャンティグリオット(チェリーのクリームをサンドしたサクサクメレンゲ)■※新作
・紅玉タルト(紅玉のバターソテーと胡桃と有機レーズンのタルト)
・シューアラクレーム(ガリっとしたシューに濃いカスタード) ※14:00~
・フロマージュ(カマンベール入りベイクドチーズケーキ)■
・お米ロール(ココア生地&栗渋皮煮&塩生クリーム)■
・チャイプリン(チャイ風味のトロリとしたプリン)■●
・ヴェリーヌセルリミュスカ(セロリのミルクプリンとシャインマスカットのジュレ)■●※新作

■…小麦不使用、●…卵不使用

最終まで、新作出しまくりです♪

一つ目は、コクのあるビスキュイジョコンド(アーモンドスポンジ)に、木苺のバタークリームを塗って層にしたガトーで、バターのコクと木苺の酸味と、アーモンドの旨味が、シンプルながら何ともいえない美味しさです。


二つ目は、お馴染みムラングシャンティシリーズで、グリオットチェリーのピュレを合わせた甘酸っぱいクリームをサンドしたものです。
チェリーと相性の良いシナモンを効かせ、ほのかにキルシュ(チェリーの蒸留酒)が香ります。


今週のタルトは、フィナーレにふさわしい、タルトの中では一番人気の紅玉タルトが登場です。
甘酸っぱい紅玉をバターソテーにして、胡桃と有機レーズンを合わせてじっくり焼きこみました。


そしてもう一つフィナーレならコレでしょ!という、ミルフィーユ的な高級デザートの様相の、さぶるーのシューアラクレーム。
発酵バターたっぷりの旨味のある皮を、じっくりガリガリになるまで焼きこみ、濃いカスタードと合わせたシュークリームは、ポップなおやつではなく立派なガトーの位置付けです。
焼きこみに時間がかかるため、3日間とも14:00~からの登場となります。


最後のフロマージュは、カマンベール入りの豊かなチーズ風味のベイクドチーズケーキです。
何気に余っていたカマンベールを忍ばせてみたらめちゃくちゃ美味しかったのが始まりの偶然メニューが、以外に支持率が高くて大トリのチーズケーキになりました。


お米ロールは、栗の渋皮煮を使った贅沢ロールです。
お客様から頂いた手作りの渋皮煮で、冷凍庫に眠るストックを思い出したという、思い付きゴージャスロール。。。
栗には塩を少し効かすと美味しく感じるので、ほんのり塩味の生クリームです。


最後のプリンは、やっぱり大人気のチャイプリン。
オリジナルでブレンドしたスパイスの奥深い旨味が、ミルキーなノンホモミルクと相まって、ヤミツキになる味わいです。
このスパイスの配合を何人の方から聞かれたか分かりません。
このプリンに使っている、ブレンドスパイスの小分けもようやく詰めましたので、宜しかったら秘伝の(!?)スパイス小分けもご一緒にどうぞ。


そして、少し季節外れですが、もう一つ新作のグラスデザートを押し込みました。
いつも助けてくれたOちゃんが、ヴェリーヌセロリが好きとの事で、今までの感謝を込めて作りました。
本来のヴェリーヌセルリは、日向夏か甘夏のジュレを組み合わせているのですが、今の季節のシャインマスカットを合わせたスペシャルバージョンです。



◆◆◆ショーケース上の焼き立てコーナー 14:00頃~◆◆◆
13(金):有機紅茶スコーン
14(土):プラリネオレンジスコーン、フィナンシェ(15:00~)
15(日):有機スペルト小麦スコーン

土曜日の15:00頃から、フィナンシェの焼きたてが並びます。
カリッとモチッとの美味しさを是非味わってくださいね。

◆◆◆焼き菓子棚◆◆◆
・フィナンシェ(プレーン)
・アマレーナ(アマレーナチェリーを乗せたピスタチオフィナンシェ)
・フロランタンシノワ(松の実・有機かぼちゃの種・有機ゴマのフロランタン)
・有機全粒粉のミエルエピス(有機全粒粉を使ったハチミツとスパイスのケーキ)
・モーンクーヘン(黒けしの実のタルト菓子) ※金14:00~
・カイザークーヘン(有機レーズンのタルト菓子)
・白ごまキヌアビスク(小麦乳製品不使用) 1枚入/5枚入
・チャイクッキー 3枚入
・レモンクッキー 3枚入
・サブレサリエット(サマーセイボリーとチーズのサブレ)
・コーヒーカシューサブレ 3枚入

焼き菓子も、種類は少なめですが大量に焼きました。
・・・が、作る予定にしていて時間が足りずに、リクエスト多数だったレモンケーキ、有機雑穀バー、雑穀ナッツバー、サブレエピスなどが間に合いませんでした。
ご期待くださっていた皆様には申し訳ありません。
これらの積み残しは、少し先になりますが、しばらく厨房を借りている間にまた焼きに戻ってきて、不定期販売会などでお出ししようかと考えていますm(__)m



◆◆◆厳選素材の小分販売◆◆◆
・カカオ70% コロンビアチョコ 3種
・オーガニックレーズン 2種
・ブレンドスパイス 大/小


最終の3日間も、気合の入った色々が登場します。
宜しかったら食べ納めに是非いらしてくださいませ。
お待ちしております!




******ご予約について******
ショーケースメニューと焼き立てコーナーのみ、メール(savoureuxnote@gmail.com)または、店頭でお取り置きを承ります。
◎予約メニュー、◎個数、◎お引取り日時、をお書き添えの上、お気軽にご依頼くださいませ。
大体のお持ち歩き時間もお知らせ頂けると助かります。

<予約メール例>
メールタイトル:予約 名前
本文:
○月○日(金) ←日にちと
15:00 ←時間もお願いします
商品名 個数
商品名 個数
持ち歩き時間 00分 ←生菓子の場合

※メールやり取りが増大していますため、確認等でなるべく複数回のやり取りにならないよう、ご協力頂けるとありがたいですm(__)m※
※追加や時間変更などのご連絡も、件名を変えずに送信お願いします(件名別にスレッド管理するため)※


***ご遠方からお越しのお客様***
お車でお越しの場合、駐車スペースはありませんが、一時的にでしたら店舗前の道路に停められます。
通りは、東向きの一方通行になります。店舗のある右側に寄せてください。
生菓子をお持ち帰りの場合は、保冷バッグと保冷剤をご持参くださる事をお勧めします。

生菓子は、2軒隣の「喫茶 田園」さんへの持ち込みイートインが可能です。
持ち込みの場合は、予めお席の確保をお願いします。

******営業カレンダー******
営業日&イベント出店のお知らせ
http://savoureux.blog.fc2.com/blog-category-22.html
**************************



関連記事
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ