*All archives*

2018/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
25(金)26(土)販売会のメニューご案内


遅くなりましたが、今週末の販売会のお知らせです。
今回は生菓子中心のラインナップに少し焼き菓子とスコーンが並びます。

■販売日時■
25(金) 16:00~20:00
26(土) 13:00~18:00

※土曜日はいつもより遅めの13時からです※

■メニュー■
<ショーケース>
・大粒有機レーズンのレアチーズ*賞味期限当日*
・タルトフレーズバルサミク(苺とクランベリーとバルサミコ酢のタルト)*賞味期限当日*
・お米のフォレノーワルロール(ココア生地とダークチェリーと生クリーム)※小麦不使用 *賞味期限当日*
・ガトーサンタンデール(ガナッシュと木苺のケーキ) *賞味期限2日*
・マルコナのフランクフルタークランツ(バタークリームとアーモンドスポンジとアーモンドクロッカンのケーキ)※小麦不使用 *賞味期限2日*
・チャイプリン(ブレンドスパイスのチャイ風ミルクプリン)※小麦不使用 *賞味期限3日*

<ショーケース上焼き立てコーナー>
・石臼挽きフランス産有機小麦のスコーン
・ヨモギスコーン
・コーヒーカシュースコーン

<焼き菓子棚>
・ヨモギマドレーヌ
・白けしのフロランタン
・サブレサリエット
・そばビスク ※小麦不使用
・サブレばんぺいゆ
・レモンケーキ
・ケークばんぺいゆ(自然栽培晩白柚のバターケーキ)
・ラムショコラ(有機カラントと有機クランベリー)
・有機雑穀バー

*小分け素材*
・有機レーズン 3種
・カカオ70%チョコ 3種
・ココア


大人向け&ツウ向けのメニューが多めの今回、いくつかのメニューを順にご紹介します。

まずはお好きな方が多いレアチーズ、随分久しぶりの登場になります。
今回は、大粒の有機レーズンを合わせて、下はサクサクサブレになります。
この大粒レーズンは、甘過ぎないので、湯通しなどせずそのまま食べても美味しいんですよ。
小分け販売もしますので、よろしければこちらもご一緒にどうぞ。


ガトーサンサンデールは、名前の通りコロンビア サンタンデール地方のチョコを使いますが、今回初めてアラウカを少し合わせました。
酸味のあるフルーツと一緒によく使うアラウカは、柑橘系に合わせていましたが、サンタンデールの渋みを少しマイルドにするために一部をアラウカに変更してみました。
今までのガトーサンタンデールを食べたことのある皆様、是非今回のもお試しくださいね。


タルトフレーズバルサミクは、小粒で酸味が程よく入ったあすかルビーと、有機クランベリーを合わせて、バルサミコ酢で味付けした乙味タルトです。
赤いフルーツにはバルサミコ酢のコクのある酸味が良く合うんです。
イタリアでは苺にバルサミコ酢をかけただけのデザートがあるそうで、レストランで昔食べてからスイーツに取り入れています。


少し前に、旨いコーヒー豆の夢二香房さんで買ってきた高級マルコナアーモンドを、ガレットにしましたが、今度はフランクフルタークランツにしてみました。
マルコナ独特の旨味に、美味しいバタークリームを合わせた、旨旨コンビです。
アーモンドの多い生地は小麦を使わず米粉で作っていますので、小麦アレルギーの方でも食べられますよ。


お米のフォレノワールロールは、ココア生地に生クリームとダークチェリーを巻いたもので、ケーキの「フォレノワール」のロール版です。
ロールケーキというラフな感じですが、生地にシロップをして、内側にガナッシュを塗った、少し大人のロールになりました。
大粒ダークチェリーをハーブとスパイスでまろやかなコンポートにした、さぶるーオリジナルのチェリーコンポートは、分けて欲しいとのお声から一時期、小分け販売もしていた自慢のチェリーです。
今回も、余分が出たら小分けでお出しする予定です。


そして、チャイ好きも唸るのがチャイプリン。
長らくリクエスト下さっていた皆様、是非お見逃しなく♪


焼きたてコーナーは、またまたスコーンが登場します。
今回初登場は、ヨモギスコーン。
さぶるーのスコーンは短時間で焼くのですが、火を通しすぎないお菓子の方が、ヨモギの香りが生かせるので、ちょっと異色の組み合わせな感じですが、ぎっしりヨモギのスコーンにしてみました。

そして、まだ懲りていないヨモギマドレーヌも。。。
ヨモギ沢山入れると、どうしても食感が固くなるのですが、少しずつ配合を変えたり混ぜる順番を変えたりしながら、何パターンか作っています。
まだ未完成のヨモギマドレーヌですが、よろしければこちらもご一緒にどうぞ。


最後は、女性が大好きなラムショコラ。
ラム酒とチョコのケーキかと思いきや、食べると酸味が・・・!というバターケーキです。
この酸味は、タルトにも使っているバルサミコ酢とフルーツの酸味です。
今回初めて、カラントとクランベリーの組み合わせで、爽やかさアップ。
独特の生地の旨味は、ラム酒と相性の良い黒糖をたっぷり使っているからなんです。
こちらも久々の登場ですので、是非お見逃しなく。


今回も、なんだかんだと追加してしまって、盛り沢山な内容になりました。
是非色々と食べ比べてみてくださいね。

週末の日中は、晴れて随分気温が上がりそうな予報です。
狭小店につき、開店時間はしばらく列が伸びてお待たせしてしまいますため、お越し下さるご予定の皆様は、熱中症対策をお願い致します。
また、生菓子の長時間お持ち歩きの場合は、保冷バッグご持参のご協力をお願い致します。

今週末も皆様のお越しをお待ちしております!
関連記事
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ