*All archives*

2021/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
モンブラン、柿とチーズのヴェリーヌ、ムースポティロン
2020-11-08-05-08-18-899.jpg

昨日の大阪販売にお越しくださった皆様、ありがとうございました!
並ぶかどうか確定していなかったモンブランのためにお越しくださった方が多かったのにはびっくりしました。
モンブラン好きな方って多いのですね。

砂糖の割合の多いコンフィズリーや和菓子が苦手な私は、いわゆるモンブランも餡子っぽく感じて、実はちょっと苦手なケーキです。
というわけで、モンブランらしくないモンブランに仕上げてみました。
2020-11-08-00-28-36-537.jpg
カカオのタルトにアーモンドクリームと自家製カシスジャムを入れて焼き込み、ブランデーシロップをたっぷりと。

2020-11-08-03-15-32-076.jpg
その上に大粒の栗をごろんと鎮座させて、生クリームの割合の多いカスタードとグリオット(洋酒漬けモレロ種チェリー)を乗せ、甘さ控えめの栗クリームを絞っています。
とにかく時間が無くて、絞りが雑になってしまったのは大反省ですが、なんとか間に合ってよかったです。


メニューご案内の時に写真をアップできなかったので、その他の新メニューもご紹介します。

2020-11-08-04-28-13-426.jpg
自分的に、今回一番ヒットだったのは、柿とチーズのヴェリーヌ。
黒コショウを隠し味にしたあっさりチーズムースの上に、甘柿のシナモンコンポートとそのジュレ、乳酸菌発酵させた自家製サワークリームソースに渋柿のセミドライを飾りました。
甘さはぐっと控えめで、フレンチの前菜に出てくるようなフルーツのお料理的なイメージで作ってみました。

2020-11-08-06-09-46-462.jpg
作った自分が美味しさ再発見だったかぼちゃのムースは、元々作っていたレシピをあっさり目のかぼちゃで作ったのがフランス菓子的に良かった気がします。
素材オタクがウズウズと、また違う種類のかぼちゃを使っても作ってみたくなりました。
最近は様々な味や食感のかぼちゃが出回っていて、サラダでもさっと茹ででも食べられるモショモショしないものから、ほっくりこっくり濃厚なものから、色々あるみたいです。


今回の栗にしても、柿にしても、かぼちゃにしても、一つのメニューのためにかける農産物の一からの加工が、とっても楽しいのですけど、製菓材料のペーストを使うことを思ったら、何倍もの時間がかかってしまいます。
それなりの味の和栗ペーストと渋皮煮を仕入れた方が、指も痛くならなくて簡単なんですけど、素材選びや加工が楽しいから仕方ないですね。

また次のメニューもあれこれワクワクしながら練っております。
美味しく食べてくださる方々がいて、また次の美味しいものを作れるのでありがたいです。

次回の大阪販売は30(月)配達販売です。
ご都合の合う方は是非ご予定くださいませ。

宇陀カフェ 14(土)15(日)28(土)29(日)、京都(@銀鶴堂さん)21(土)22(日)23(月祝)も、どうぞ宜しくお願いいたします!



♡♡♡♡♡♡♡♡♡↓たまに書きます、心の眼↓♡♡♡♡♡♡♡♡♡


これから起こる更なる混乱の時期に思うこと。

今年から始まったわけではなくて、これまでずっと積み上げられてきた物事の上に、今の(これからもっとの)混乱があるんだと思うのですけど、心の眼(直感・第六感)で物事を判断して、動揺をせずに穏やかに自分軸に腰を据えていきたいと思っています。
背後から忍び寄る膝カックンと、寝起きドッキリ大作戦に向けた、心の準備運動のような感じでしょうか^^

Covid19(と呼ばれるエクソソーム)が騒がれだした3月頃から、私は直感的に、様々な不一致と違和感で、ダークな計画を少しずつ理解し始めました。
よく考えたらメディアは右から左まで全て電2、なのに自分は、左寄りを信じていた節があるので、まんまと分断作戦に騙されていたようです。
自分にとって、この頃の氣付きの数々は、Covid19の唯一の良い側面だったかもしれません。

日本だけではなく、世界も同じダークサイドの情報操作に侵されて、全てが計画通りに実行されているに過ぎないのですけどね。
とはいえ、今回の大統領選のニュースを見ても、日本の報道はホントご臨終な感じです。
無かったことがあったことに、あったことが無かったことに。
民主党中共のCMかと思うほど、本当によく作りこまれています。

まぁ、なんだかんだ言っても、結局のところ小田舎で穏やかに暮らしている自分自身の日常が変わらなければ、特に目を向ける必要がないので、人間牧場でそれなりに平和に暮らしていたって感じです。
それでも、こう、じわりじわりと身近に迫ってくると、なんだかヤバイねぇというのがここ最近。
チップ入りワクチンとか5Gビームとかいらんのですけど、田舎にもやって来るんかしら・・・なんて。

最近じゃなくても、以前からなぁ~んか違和感感じるニュースって時々ありましたけどね。
日本でも若い有名人の不審死が続いていますが、私は、2018年のAviciiのニュースを聞いた時、なーんだか引っかかりました。

https://www.youtube.com/watch?v=ms_JVF0fNGQ
https://www.youtube.com/watch?v=Xq-knHXSKYY

別の曲にある「僕はこの世から居なくなるのか」という、消される覚悟。
For A Better Dayの動画で出てくる、Freedom運動で糸を引くJソロス似の男。
ソロス、BLM、アンティファ、、、平和と真逆の人が行う破壊的な平和活動。

あー、やっぱりな、なるほど、繋がってるなっていう。。。
Covid19前の頭カチコチな時には正義にしか見えませんでしたけど、まったくの盲目でした。

こんな氣付きが多かった今年の春以降、一切の電2情報を見なくなりました。
どんどん心の眼で情報を見るようになったので、頭の雲が晴れてきて、真偽は直感で大体判断できるようになった氣がします。
わざわざ頭を雲で覆わせるために、どれだけの時間を無駄にしてきたんだろうと、ニュース好きだった以前の自分が笑えてきます。
でも、頭が真っ白に覆われても、心の眼が開いていれば大丈夫。いつか頭の雲も晴れてくるもんです。

これから時々、心の眼で感じること、書こうと思います。
最後まで読んでくださってありがとうございました♪

関連記事


さぶるー のオンラインショップはこちら → online-shop
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

さぶるー

Author:さぶるー


菓子工房さぶるー は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【カフェ 自然菓子茶房さぶるー】*不定期営業*
 奈良県宇陀市大宇陀小附960
 tel:050-3632-0126
 
 大阪出張販売、オンラインショップ、については、随時ブログでご案内いたします

mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.cart.fc2.com/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

購読

更新通知で 菓子工房 さぶるー の新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ