*All archives*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
フロランタン、生地抜きで!?


以前も書いたんですが、フロランタンは一番人気で仕込む回数が多いお菓子なんです。
・・・なのに!下のタルト生地に対する、上のマッセ(キャラメル)の量を間違えて、倍量で仕込んでしまって生地が足りないっっていうミスをしてしまいました
タルト生地は、クッキー系の生地を仕込む日に一気に仕込んでストックして置くんですが、今日はもう生地のストックが無くなった状態。行き場を失った残りのマッセをどうすべきか・・・

あ、すぐにタルト生地を作ったらいいじゃないの?と思われたかもしれないんですが、生地は仕込んでから24時間以上休ませないといけないので、仕込んでもすぐに使えないんです。逆にマッセの方は、作って荒熱が取れたらすぐに使わないと固まって作業が出来ないんですよ。
保存しておいて次回に温めて使おうかとも思ったんですが、生クリームが多く入っているので劣化も心配だしなぁ~、と思い悩んだ挙句、「もう、焼いちゃえ~」と、チュイールもどきに焼いてみました

食べてみると、パリパリなアーモンドキャラメルで、これはこれでかなりウマい~
さすが、フロランタンのキャラメル部分なので味は最高に美味しいんですが、すぐにパリッと割れるので袋詰めとかはできない、販売には向かないものになってしまいました。やっぱり台が必要だわ・・・
このウマいキャラメルをタルト生地に合わせてお菓子に仕上げた最初のパティシエは天才ですねぇ。

高校生の時にハンバーガー屋さんでアルバイトしていたんですが、「ハンバーガー、バーグ抜きで!」っていう変なお客さんがいたんです。バイト連中はみんな心の中で「ハンバーガーちゃうやん!」って叫びながら「バーグ抜き」を販売してました

今回のフロランタンを作っていて、ふとそんなおもしろエピソードを思い出しました。やっぱり生地抜きフロランタンはいただけませんよね~
関連記事
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ