*All archives*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
フィナンシェ


人気の定番選手、フィナンシェです

しっとりもっちりねっちり、といった食感が持ち味の味わい深~いお菓子
フィナンシェって、焦がしバターとアーモンドの究極の美味しい食べ方かもしれないですね。

うちのフィナンシェは、かなり色黒なんです。
焦がしバターも結構焦がしていますし、焼成でも色濃く焼きます。
なので、端っこはちょっと焦げ気味になりますが、全然苦くないんですよ。
これは、バターとお砂糖が多い配合なので、両方とも焦げることで旨味が出る材料だから

しっかり焼き込んで、こんがり火の通ったフィナンシェは、本当に香ばしいんです。
さらに焼き立てだと、表面がカリッとなって中がモチッとしていて、そのコントラストがまたメチャクチャ旨いのです~
この焼き立ての旨さを味わって欲しくて、フィナンシェを焼いた日に配達やお友達に会うときにはお土産にする事が多いんです。でも、表面のカリッとした食感は半日くらいで無くなります。
そして、不思議なんですが、焼成後1~2日経った位は全然美味しくないんですウムム
さらにもう少し日を置いて4~5日すると、バターが馴染んで段々美味しくなってきます

なかなか焼成日にお渡しできることって少ないので、3日以後のものをお渡しする事が殆どなんですが、食べる前にトースターで少し焼いていただくと、カリッ&モチッのハーモニーが味わえます。
是非試してくださいね~
関連記事
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ