*All archives*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
ムラング・フランボワーズ

木苺のピュレをメレンゲに合わせて焼いたムラングフランボワーズです。

最近、昔溜めこんでいたお菓子の本やらレシピ集やらを引っ張り出し、あらゆる試作をしています。かなり懐かしい本が沢山出てきて、そんな本たちを十数年経って見てみるとまた違った発見があって面白いですね。広げていくうちに部屋が本だらけになってきました。


自分が好きではない系統のお菓子はあまり作らなかったのですが、もう少しレパートリーを増やしたいなぁと思いメニュー拡充にチャレンジです
コンフィズリー(砂糖菓子)に分類される、ムラングやパートドフリュウイ、ギモーブ、マカロンなどの一口菓子は、どうも砂糖がキツく感じて好みではなかったのですが、最近ポピュラーになってきたので、自分の納得する味で作れないもんだろうか、といくつかの配合からアレンジしてみました。

単に甘さを抑えるなら、トレハロースを使えばいいんですが、全量をトレハに変換すると旨味が全く無いので、きび砂糖や粉砂糖などと混ぜると、甘過ぎず美味しいムラングが出来るようです。甘味を抑えることで、砂糖の甘さではなく、フルーツの味をしっかり感じるお菓子になりました。
食感も楽しくて見た目もかわいらしいので、これは他の味も試作してメニューに取り入れるようと思います。
数種類の色とりどりのムラングが並べられるといいなぁ
関連記事
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ