*All archives*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スモールカヌレ


小さいシリコン型でカヌレの試作をしてみました。

最近、お菓子屋さんやパン屋さんでも出してる所が結構あって、カヌレの知名度も高いのではないでしょうか?カヌレの専門店なるものも登場しているようですね。
カヌレは、もともと銅製の型でしっかり焼きこんで表面が深い焦げ茶色になるのが特徴です。
十数年前、このお菓子を最初に習った時は、その黒々とした見た目にビックリしました。が、一口食べて、外のカリッとした食感と中のモチっとした食感のコントラストに加え、卵の優しい味わいに驚き、感動したのを覚えています。早速家でも作ってみようと思って型を探したら、銅製なのでものすごく高価で、1ルセット分揃えるのも手が届かないなぁと断念したんです

カヌレを焼くためにではなかったのですが、昨年たまたまミニカヌレのシリコン型を買っていたので、ふと思い立って焼けるか試してみました。結果は・・・味は美味しいのですが、食感が納得いかない。。。やはりシリコン型は火通りが悪くて、表面の焦げ色がきれいに付かないですね。シリコン型は他にも色々揃えてしまいましたが、色よく均等に焼くのが本当に難しくて、網を敷いたりしても、満遍なくという風にはいかないんですよね。
味が良かったので、きっとうまく焼けたらすごく美味しいに違いないわっ。と、もうカヌレを焼きたい衝動の引っ込みが付かなくなり、型を購入することにしました。でも、銅製ではなくて鉄にシリコン加工したものですけどね。
はてさて、届いた型だと美味しくできるのでしょうか!?
うまくいったら五六市にも出したいなと考えています。新生カヌレが皆さんのお目にかかれますように
関連記事
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ