*All archives*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
ムラング試作 ~スダチ&アナナ~


素材を味わうムラングシリーズ。今回はすだちとパイナップルの試作です。

すまいるはぁとでも人気だったムラング。
2日目も追加で持って行きましたが、売り切れるのが早かったです。
今回初めて試食を出したのですが、「こんな食感初めて~」「すごい、そのまんまの味する~」と驚かれて、そのまま購入して頂く方が多かったんです。

焼き菓子は、バターたっぷりの豊かな風味と、小麦の香ばしさを味わえる、しっかりした食感のものが多いので、ムラングは品揃えとしてもイイなぁと思っています。
素材の味をそのまま味わえて「美味しいっ」て感動するようなムラングを定番に取り入れていこうと、何種類か試作しています。

今回のパイナップルは、フレッシュのものをピュレにした後、ロリエとクローブを入れてイガイガ感がなくなるまで煮詰めます。最後にレモン汁を入れて、飛んでしまった酸味をプラス。
ベースは「パイナップル!」というなかなかの素材感が出ましたが、乾燥焼きでどんどんカラメル状になって苦味が出てしまいました。焼成を更に低温でしたほうが良さそうです。

変わって、すだちの方は、たっぷりと皮をすりおろし、絞り汁を加えて煮詰めてベースにしました。
緑色で粘度のある状態に仕上がったベースは、かなり上出来でした。きつい酸味があったので、ハチミツを少し加えました。
ところが、こちらも焼成で、すりおろした皮の苦味が引き立ってしまいました。
酸味も舌に突き刺さるような濃いものになっていました。

2種類とも、何度か試作して、美味しく完成したら、五六市に出しますので、ご期待下さいませ~
関連記事
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ