*All archives*

2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
くるみのガレットデロワ


先日のイベントでもご好評いただいたガレットデロワ
試作の時のカットした写真しかご紹介してませんでしたので、本番の表面の模様がある写真で再アップです。
本来の大きく焼くガレットデロワではなく、お一人用のミニサイズで、中には胡桃が入っています。
中のアーモンドクリームは、アーモンドを牛乳とバターで煮て作る、とっても香ばしいフランジパーヌクリーム。パイ生地には甘味が無く、クリームの甘さだけなので、全体には甘さ控えめで存分に香り高いバターと小麦の香ばしさを味わっていただけます

あまり作らないパイ菓子を久々に作ったら、香り高いパイ生地のウマさはもちろん、その作業の楽しさにもハマってしまい、これからパイ菓子を定番化しようかな~と考えています。
ただ、これも普段から常にストックしておいて販売するのは、パイ生地の湿気りや風味の劣化で少し難しいところがあります。ということで、イベントでもお馴染みのタルトのように、普段はホールのみ販売して、イベントではカット売りや、今回のようにお一人サイズの販売をしようかと思っています。またメニューが決まりましたらこのブログでお知らせいたしますね

そうこう言っているうちに、もうバレンタインシーズンが近づいてきましたね。
パイ菓子だけでなく、チョコ菓子の試作もしなくては。
色々作ってみたいチョコ菓子はあるんですが、昔から作っているレシピで自信のある定番も捨てがたい。何を今年のメニューにするか、悩むところです。。。
2月は枚方五六市に出店が決まれば沢山のチョコ菓子を作ってお披露目出来るので、どうか当選しますように
関連記事
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ