*All archives*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
デリス・オ・マロン

鹿児島県産の栗をゴロゴロと入れた贅沢な栗のムース、デリスオマロン。今日から並んだ新作です。
ムースにも栗のペーストを練りこんでいますが、ネットリと濃い感じではなく、柔らかくて滑らかな口溶けの良いムース。和栗の優しい甘さが、どこかしらミルクのムースを思わせるようなミルキー感を出していて、甘過ぎないほっくりした栗の渋皮煮ととても良い調和が取れています。そこにしっかりとカカオの味がするココア生地を合わせて、ほろ苦さが栗の美味しさを引き立てています。
栗のケーキは、モンブランを始め、どうも甘過ぎてクドいイメージがありますが、このムースは甘過ぎず、栗のほっくりした美味しさを味わえる仕上がり。「栗のケーキは甘過ぎて・・・」と普段は避けている方に是非召し上がっていただきたい逸品です。結構お気に入りのこのケーキ、秋から冬の間、しばらく準定番として並べたいと思っています。


今日お客さんから飾り用のかぼちゃを頂きました。早速棚に飾ってみて、小さくてかわいらしいなぁ~と眺めていたら、
・・・思わず、顔を書いちゃいました
ハロウィーンを目前に、かぼちゃメニューがいくつも出揃って来ましたが、もうそろそろ終盤です。(うちは営業日が週4日で少ないから余計ですね。。。) 次の素材の代表選手は栗、そしてもう一つ、チョコレート。今のチョコ系は、定番のガトーおからショコラと、再登場したムースショコラフランボワーズの2種類で、もう一つ二つ、チョコ系を増やす予定にしています。何が並ぶかは試作の進み具合によりますが、、、お楽しみに♪
関連記事
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ