*All archives*

2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
カヌレ・ド・ボルドー ~5Days Art Challenge 1日目~


>>>>>
5Days Art Challenge 1日目!
プリザーブドフラワー&アーティフィシャルフラワー教室 FLORAL DOLCE* の aiko さんからバトンを引き継ぎました。
今日バトンをお渡しするのは、花potの 水谷理恵子さん。
詳しくは本日の記事の後半をご覧ください。
>>>>>


今日は雨も降らず、うららかで春の陽気でしたね。花粉症の方はそれどころではないって感じで完全防備で大変そうですが。。。PM2.5などの化学物質も沢山舞っているのしょうか、私も外に出ると喉がイガイガします。雨も憂鬱ですけど、せっかくの晴れた春の日を満喫できないのもなんだか残念ですね。

今日は、カヌレのお話です。
フランスのボルドーの修道院が発祥のお菓子で日本でもよく売られているのでご存知の方は多いと思います。でも、ホンモノのカヌレってあんまり売ってない気がします。カヌレは、卵黄のこっくりしたカスタード味で、中にきれいな巣が入っていて、外はあめ色に芳ばしく焼きこまれているもの、これがホンモノだと思っています。でも、最近巷で多いのは、中が団子状のカヌレ。カスタード味の餅の表面を焦がしたような感じです。若しくは、きれいな巣が入っていても、卵黄が少なくてコクのない白い生地のもの。表面がフニャフニャのものや、逆に石のように硬いもの。カヌレって単純な材料で作るのにすごく難しいお菓子なので、失敗の少ないものを作ろうとすると、レシピを変えたり材料を変えたり添加物を加えたりしないとうまく出来ないんだと思います。さぶるーでは味重視なので、美味しい配合のまま焼きの良い状態のものを作ろうと“ホンモノカヌレ”を目指して試行錯誤してきました。味は納得なんだけど、どうも見た目が残念なものになってしまうんです。これまで何度“ダメカヌレ”をお客さんに振る舞ったことか。ところが、このダメカヌレを食べて、「形崩れでも味がいいから」と言ってまたカヌレが食べたいとリピートして下さる方が何人もいるんです。こうなってくると、失敗の少ないレシピにはもう変えられませんよね。なんとしても美味しいレシピのまま見た目もOKにせねば、と生地の温度やオーブンの温度や風の当たりを研究しながら、最近ようやく落ち着いてきた感じです。それでも気温や湿度で変わりやすい生地の状態を見極めていつも同じ状態に焼けるまでにはまだまだかかりそうですが、もっと上を目指します!

さてさて、冒頭でご案内した【5Days Art Challenge】というのは、ざっくり言うとアーティストの数珠繋ぎ。バトンを引き継ぐと、自分の作品3点をお披露目して、同時にお友達アーティスト一人を紹介する、というのを5日間アップするというものらしく、主にFacebook上で広がっているようです。
先日、FLORAL DOLCE* の aiko さんからバトンを引き継ぎましたので、今日から紹介をさせていただきます。
スイーツ好きがきっかけで知り合ったaikoさんは、アレンジメントの美しさもさることながら、ご本人もとても上品で美しく、内面が滲み出た可愛らしさもある方。でも、作品に向かう姿は職人気質、とことんこだわった美しいものを作り上げておられます。お菓子をモチーフにしたアレンジも、見ているだけでヨダレが出そうな仕上がりですよ。とにかく、ホームページをみるだけでも美しさにうっとりしてしまいます。

枚方市 プリザーブドフラワー アーティフィシャルフラワー教室 フローラルニューヨーク大阪 京阪校 FLORAL DOLCE*
http://ameblo.jp/floraldolce/

aiko さんのFacebookはこちら↓
https://www.facebook.com/akiko.yamagami.566


私はお菓子屋なので『アート』なんて感じではないですが、、、過去に作ったお菓子とその紹介ページのリンクを貼って、本日の3作品とさせていただきます。

<リンツァートルテ>

http://savoureux.blog.fc2.com/blog-entry-556.html

<エンガディナーヌストルテ>

http://savoureux.blog.fc2.com/blog-entry-507.html

<アプリコーゼクーヘン>

http://savoureux.blog.fc2.com/blog-entry-408.html

そして、今日ご紹介するアーティストは、お花繋がりで、京都のお花屋さん「花pot」の水谷理恵子さん。理恵子さんとは、実はイベントで2,3度?お会いした程度なんですが、なんせアレンジが抜群なセンスで素晴しいのと、多彩な理恵子さんご本人の魅力。自撮り教室もされていたりと、カメラワークもプロそのものです。そういえば、うちのお店の開店の時に、ご一緒したイベント主催者さんが理恵子さんに頼んで超ゴージャスなお花を贈っていただきましたが、これもうっとりするアレンジでした。

花pot
http://www.hana-pot.jp/

水谷理恵子さんのFacebookはこちら↓

https://www.facebook.com/rieko.mizutani.1

ご紹介して改めて、、、ステキな方から頂いたバトンをステキな方に渡せるっていう繋がりに感謝です!
5Days Art Challenge 2日目は、また少し日が開くかもしれませんが、準備が出来たら2日目としてご紹介します。どうぞお楽しみに♪
関連記事
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ