*All archives*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
雪塩ムラング ~5Days Art Challenge 2日目~


>>>>>
5Days Art Challenge 2日目!
プリザーブドフラワー&アーティフィシャルフラワー教室 FLORAL DOLCE* の aiko さんからバトンを引き継ぎました。
今日バトンをお渡しするのは、Riverside Farm の 石田信子さん。
詳しくは本日の記事の後半をご覧ください。
>>>>>


先日、仲良しのお客さんから「パハール岩塩」なるものをお土産に頂き、「ほな、なんかお菓子に使ってみます」とかの軽い話からホントに商品化してしまった新作のお菓子。
でもでも、きっかけはこの話なんですけど、頂いたパハール岩塩は塩味がキツクてどうもお菓子には合わせづらいので、ミネラル分が高くて塩辛くない沖縄の雪塩を使ってみました。ちなみに、殆どのお菓子に使っているのはフランスのゲランドの塩で、また雪塩とは違った味わい深いお塩なんです。素材オタクの私は、塩だけでも色々なものを試して今は3種類を使い分けています。

メレンゲ生地に入れる塩は控えめにして、焼く前に上から降りかけています。これの方が、最初に舌に塩があたるので塩味が感じやすく、全体には塩分控えめに出来るんです。メレンゲ自体はいわゆるフランス菓子の砂糖の塊のような甘いムラングとは全く違って、白砂糖を使わずトレハロースときび砂糖を使っているので甘過ぎない自然な味です。ほのかな甘味と塩味がクセになる美味しさ。お土産を下さったお客さんも絶賛してくれました。
「素材を味わうムラングシリーズ」として、酸味のあるフルーツや、チャイ、緑茶などを以前お出ししていましたが、とても手間がかかるこのお菓子、最近は随分長い間並んでいないんですが、スナック的な軽さにハマった方々からリクエストはずっと頂いていました。そろそろ作らねば、、、と思っていたところに、塩のお土産きっかけで、またムラングを作ることになりました。間に合えば、次の金曜日までに緑茶とチャイも作る予定です。素材の味がガツンときて、シュワッと溶けて、フワンと香りが残る、甘過ぎないメレンゲ菓子、初めての方は驚く方が多いです。是非食べてみて下さいね。

さてさて、先日1日目としてご紹介した【5Days Art Challenge】、今日は2日目です。
5Days Art Challengeとは、ざっくり言うとアーティストの数珠繋ぎ。バトンを引き継ぐと、自分の作品3点をお披露目して、同時にお友達アーティスト一人を紹介する、というのを5日間アップするというものらしく、主にFacebook上で広がっているようです。

今日ご紹介する自作はムラング。写真に4種類あるから、今日のご紹介写真は一つです。スミマセン。。。
<ムラング4種類>

http://savoureux.blog.fc2.com/blog-entry-270.html

そして、今日ご紹介するアーティストは、枚方五六市に出店した時に、たまたまお隣だったご縁からすっかり仲良しになってしまった手作り作家の石田信子さん。
とてもセンスの良い石田さん、作品やFacebookの写真なども、そこかー!?というツボを突いたものがアップされたりして、思わずプッと吹き出すようなシュールなセンスが大好きです。きっと心底オモロイ事が好きな方なんだなぁと思います。彼女がお店に遊びに来る度に、その時いらっしゃるお客さんも交えて大盛り上がり。そういうパワーを持った方なんですね。
彼女とその仲間たち11人の作家さんの作品は、布、皮、編み小物やアクセサリーまで幅広くて、手作り市を中心に出品されています。どれも使い勝手が良くてリーズナブルなので、手作り市でも人気のあるお店なんですよ。
普段は手作り作家とは別のお仕事をされているので、毎月出店があるわけではないのですが、次の出店が決まったらこのブログでもご紹介します。

RiversideFarmのFacebookはこちら↓
https://www.facebook.com/riversidefarm8

石田信子さんのFacebookはこちら↓
https://www.facebook.com/nobuko.ishida.16

この5DaysArtChallenge、バトンが何度も回ってくる人や、何人もから同じ時期に指名される方などもいるらしく、皆さん紹介したい一押しのアーティストさんっているもんなんですね。色々な方に渡ってリンクが広がっているこの数珠繋ぎ、元を辿っていくのも楽しいかもしれませんね
関連記事
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ