*All archives*

2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
苺のパルフェ

今日は過ごしやすい一日でしたね。そして統一地方選挙投票日でした。朝、お店に入る前に選挙に行って来ましたが、行く前もなんだかモヤっと、選挙結果にはもっとモヤっとしました。
デパートやショッピングモールに出店しているケーキ店が、とても上手い宣伝文句に、デコレーションやラッピングなど見た目の美しさで、ソレナリの材料を使ってアルバイトが流れ作業的に作っているようなケーキが飛ぶように売れるという状況に似ている気がしました。聞こえの良い宣伝文句に乗って買ってみると、肝心の中身のケーキには何の味わい深さも無くてがっかり、という感じでしょうか。例え話ですが。

まぁ、これでお店に入ってくるインチキ営業ばりの支援者がもう来ないと思うと一安心ですけどね。ポスターを貼らせて欲しいとか、○○候補者を応援しているのでお願いしますとか、お客さんのフリして一番安いお菓子を一つだけ買って押し売り的に支援を求める宗教団体もいてもうウンザリでしたからね。

地域のしがらみや、支援母体の圧力やら、色々あるんでしょうけど、そういう事は全て差し置いて、自分を投げ打ってでも人々に尽くす政治家が一人でも増えて欲しいもんです。

さてさて、昨日は苺ロールにしましたが、今日は苺タルトが無くなった後は苺のパルフェにしました。
カスタードクリームと生クリームと、グランマルニエで味付けした苺がゴロゴロと入っています。クリームたっぷりで、クリーム好きは大満足なデザートだと思います。明日もクリームが余りそうなのでこれをお出しします。

そしてそして、品切れになっていた雪塩ムラングをようやく作りました。大袋も用意しますのでお好きな方は是非どうぞ。「塩ってなんだなんだ?」という方は小袋の方からどうぞ。

明日はまた雨模様の予報ですが、色々お菓子をご用意して皆様をお待ちしております!
関連記事
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ