*All archives*

2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
シブスト・アナナ

-----
↓ベテラン保育士 片岡先生の座談会のご案内はコチラをご覧下さいませ↓
  8月2日(日) 片岡先生の座談会です!
  http://savoureux.blog.fc2.com/blog-entry-666.html
-----
今日も午前中からうだる暑さの猛暑日でしたね。新森は、いつもにも増して人の往来が少ない日曜日でした。日中は、おじいちゃんおばあちゃんの姿は全く見えません。きっと午前中に出歩いて用事を済ませてるのね。・・・と思いきや、新森シルバーズは不良ですねぇ、昨日も今日も、晩の閉店頃に随分ご高齢の方がいらっしゃいました。そして、今日のおじいちゃんは、お菓子を買った後にお向かいでタバコを買ってましたから、やっぱり不良でしたよ
ともあれ、ちゃんと気をつけて涼しい時間帯に出歩かれているなんて、さすが新森シルバーズ。暑い夏にもめげず元気で何より。うーんと長生きしてもらって、さぶるーのお菓子をじゃんじゃん食べて欲しいもんです うしし

さてさて、お菓子のご紹介です。
写真は昨日ご紹介できていませんでした、新作のシブスト・アナナ。パイナップル尽くしのケーキです。
下の層は、コンポートにしたパイナップルをゴロゴロと、さっぱりしたチーズクリームと合わせて、発酵バターたっぷりののサクサクパイに詰めて焼き上げたタルト。上の層は粗く潰したパイナップルを贅沢に使った柔らかいムースで、クローブと黒胡椒にキルシュワッサー(チェリーの蒸留酒)を隠し味にしたシブスト。パイナップルは、スパイスでコンポートにしたり、粗いピュレにしたり、ひと手間加えることでその美味しさを引き出していて、これでもかという位のパイナップルパンチです。見た目も涼しげなので、暑い間の準定番として、何度かお出ししようと思っています。

それでは、明日のメニューを改めてご紹介します。
ショーケースには、
・グランティラミス
・ジュレ プリュノー(残僅)
・ジュレ パンプルムーゼ
・ココ シトロンベール
・ヴェリーヌ ムロン
・シブスト アナナ
・月曜日恒例のパルフェ?
グランティラミスは、これが並ぶと来てくださる方が何人かいたり、普段からちょくちょくお越しの方でもティラミスが出ると必ずチョイスされたり、相変わらずの高い人気です。イタリア産マスカルポーネの美味しさはもちろん、それを引き立てるお酒に、レモンと白ワインでちょうど良い酸味を付けて、チーズのコクと甘さと酸味とが絶妙なバランスです。お酒が苦手でなければ、是非召し上がってみてくださいね。
そして、味覚の鋭い仲良しのお客さん達が絶賛してくれた、ココシトロンベール。口溶けの良い柔らかなムースが甘過ぎなくて、コレは夏にもイケる、とのご感想でした。手間暇かけて作ったので嬉しいですねぇ
ヴェリーヌ・ムロンは、メロン嫌いだけどコレは美味しかった!という声をチラホラ頂いています。ジツは、、、私も好んでメロンを食べないんですが、メロンのデザートが食べたいというリクエストがあったので作ってみました。生のメロンよりヴェリーヌに仕立てた方が断然美味しいですね。こちらは一旦明日で終わりになりますので、メロン嫌いの方も、宜しかったら試してみて下さいね。
そしてそして!ちょくちょく月曜日に出る、残り福的なカップデザート。明日も余っているクリームと何かで作る予定です。お楽しみに♪

明日のショーケース上は、全粒粉のゴマ塩スコーン。甘さ控えめでパン的な味わいになります。

焼き菓子棚には、昨日ご案内した、ショコラドナンシーと、久々にケークキャラメルが並びます。

このショコラドナンシーは、ヘーゼルナッツのパウダーをたっぷり使うのですが、なんと準備し始めてから、ヘーゼルナッツが全っ然足りない!!!と気付いたんですよ。悩んだ後、ヘーゼルナッツをペカンナッツにして作ってみることにしました。そしたら、これまた美味しいショコラケーキが出来上がりました♪ということで、明日はショコラドナンシーのペカンバージョンが並びます。ナッツを変えて随分原価が上がってしまいましたが、値段はいつも通りですので、是非食べてみて下さいね。
暑い日にもパクパクっと食べやすい、最近人気のムラングたちは、スパイスと雪塩とパッションの3種類が揃っています。

それでは、明日も暑さに負けず、とびきり美味しいスイーツたちを揃えてお待ちしております!

関連記事
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ