*All archives*

2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
ジュレ パンプルムーゼ エ バジリコ

今日は木曜日ですが、イレギュラーで営業しておりました。
先週から表に貼り出した案内とブログだけでは、きっとお客様は少ないだろうなぁと思っていたら、「ブログで知っていたから」や、「表でチェックしてて」とかで、お越し下さった方々がいらっしゃって、すごく嬉しかったです。本当にありがとうございます。
いつもなら3日間で仕入れと仕込みに充てているのを、2日間に詰め込んで準備したので、ちょっとフラフラになりながらの営業でしたが、今日も楽しみにお越し下さった方の笑顔を見ると、頑張ってよかった~と思えます。
明日もしっかり頑張ります。

さてさて、新作のご紹介です。
写真は、グレープフルーツとバジルの乙味系、ジュレ パンプルムーゼ エ バジリコです。
ここ最近では、ジュレ サングリアが私的にはピンポイントの旨味頂点を突いたな~と、自己満足度No1だったのですが、こりゃぁその上を行くか!?という出来だと思います。
柑橘系ととても相性が良いバジルですが、食べると苦味が多く感じられるので、香りだけを十分に牛乳に移して、ミルクプリンに仕立てています。
そして香りを移した葉を引き上げた後に、彩としてほんの少し刻んで戻しています。
上の層は、ジューシーなグレープフルーツをきび砂糖と白ワインでコンポートにして、このシロップを緩いジュレにしたもの。
コンポートでほんのり甘味と旨味をプラスしたグレープフルーツを一房丸ごと入れています。爽やかさと香り高さと、とても自分好みのデザートに仕上がりました。
ハーブ好きの方は是非召し上がってみて下さいね。

今回使ったのは、奈良県産の無農薬露地栽培バジル。立派ですねぇ。

繊細な香りが強い、とても良いバジルで、一日鼻の下に貼り付けて香りを嗅いでいたいわ~♪と思うほど。

さてさて、長くなりましたが、明日のメニューを改めてご案内します。
ショーケースには、
・ジュレ ミルティーユ(新作。ブルーベリーのジュレ)
・ヴェリーヌ パンプルムーゼ(新作。グレープフルーツとバジルのカップデザート)
・ジュレ サングリア
・シブスト アナナ(残僅)
・ココシトロンベール
・お米のクリームシフォン(ココア生地にコーヒークリーム)
・クレームブリュレ

今回のクレームブリュレは、クレームラフィネという発酵乳を入れたので、ほんのりチーズのようなコクが加わりました。
そして、カソナードと焼きごてを買いましたので、意気揚々と表面をキャラメリゼに仕上げ!
・・・と、思いきや、このキャラメリゼが中々うまくいきませんで、明日はキャラメリゼなしかもしれません。すみません。。。
紙カップではなく陶器製ならバーナーで勢いよくボーっと焦がせるんですけど、コーティング紙カップなので燃え上がってしまって出来ないんですよね。
陶器やガラスにすると、容器だけで100円近くするので、それで商品価格を上げるのはちょっとなぁと思って紙カップのままです。
最近はよく、カワイイ形の瓶詰めのプリンとか売ってますけど、ああいうのは殆どが容器代ですからね。
捨てるものに費用をかけるなら、中の素材にしっかり良いものを使うのがいいと思うんですが、皆様どう思われますか?

続きまして、明日のショーケース上はプレーンスコーンです。

焼き菓子棚は、
サブレショコラペカンが売り切れました。近いうちにまた追加で焼きます。
昨日ご案内し忘れていましたが、新生バトンエピスが登場しました。
もそっとした食感が苦手というご意見もあり、小麦粉と卵を減らして、スパイスの旨味はそのままに、しっとり食感のフルーツバーに生まれ変わりました。
明日はカイザークーヘンが追加で、アマンドカフェ、ガレットポワブルは土曜日になります。遅れてすみません。
これからお盆に向けて、作れるものはじゃんじゃか追加で作っていきます。

明日も暑さが緩んだままだといいのですが、やっぱり日中は厳しい暑さになりそうですね。
明日も、フルーツたっぷりのヒンヤリ系から、ビタミンミネラルたっぷりの焼き菓子まで、夏においしいお菓子を揃えていますので、宜しかったら、夏のほっと一息にどうぞ。
お待ちしております!
関連記事
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ