*All archives*

2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
お休み中の話3。標的の村。

今日もお休み中の話の3回目です。
毎日お菓子の話とは違う内容ですみません。

知らないことが暴力だと一昨日書きました。
今日、お店で営業日に向けた準備を開始~、と思ったら、なんと、、、フリーザーが壊れていたんですよ
年始の大掃除の時に動かしたのがいけなかったのかもしれません。
・・・今日まで一週間、、、うーーー知らなかった!!!
遅かれ早かれ知るなら、なるべく早く知る方がいいというのを身を持って体感しました
フリーザーの中は解凍された食材でえらいこっちゃでした。
修理するのか買い換えるのか、どっちにしても狭小な店から壊れたフリーザーの運び出しも大変ですし、重い頭が更に痛みますが、、、メゲずにボチボチいきます。

さてさて、昨日の続きです。
写真はマングローブ。やんばる(北部)にある慶佐次湾のヒルギ(マングローブ)の林です。
やんばるは、モクモクした森の広がる自然豊かな地域で、ここに行くのが沖縄を何度も訪れていた目的の一つでした。

辺野古から東海岸を北上し、このヒルギの林も通り過ぎて、更に北に進んだところにある「高江」という小さな集落の話。
この集落は「北部訓練場」という、地上戦を想定した軍事演習をするための、広大な米軍基地に取り囲まれるように存在します。


米兵はここで、ジャングルの中で敵と戦う練習をしているんだそうです。
ベトナム戦争の時には、ここをベトナムと見立てて、模擬練習をして出陣したんだとか。
なんと、その時の演習に、ベトナム人役として高江の人達が借り出されたそうです。子どもまでですよ。
「ベトナム村」と言われていたそうです。

この訓練場では、実際の敵戦地でどう戦うかを訓練するので、標的になる「敵」がいるんです。
今でもここでの「標的」は「高江の村」。
村民を「敵」とみなして訓練がされているんだそうです。
本土にいる私達には信じがたいですが、事実です。

この標的の村を囲むように、オスプレイを配備するためのヘリパッド(ヘリポート)が作られました。
この広大な訓練場の使用していない一部返還と引き換えに、新たに6つ、高江を取り囲むヘリパッド建設が合意されたそうです。
私が知らなかっただけでしょうか。本土では全然報道されていなかったと思います。
実際には極端な負担増ですが、もしかしたら、「基地の一部返還=負担減」としての報道が右派系からあったかもしれませんね。

その時の攻防を纏めたドキュメンタリーを見て、「怒り」とかでは表現できない、もうどうしようもない感情が噴き出しました。
これが今の平和だと思っていた日本で起こっているなんて、信じられませんでした。
多くを私が語るより、見て頂く方が早いと思いますので、是非ご覧下さい。



上記で見れない方は下記リンクからどうぞ。
Targeted Village / 標的の村 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=raJ8vTr8r4c

琉球朝日放送 報道制作部記事
http://www.qab.co.jp/news/2010021016132.html

ニュースの視点:沖縄・辺野古の闘い~映画「圧殺の海」より~
https://www.youtube.com/watch?v=zav2R1JBngA


辺野古ゲート前 早朝行動
https://www.youtube.com/watch?v=fq9Ov9fKcuQ


島ぐるみ会議
http://shimagurumi.org/


辺野古リレー
https://henokorelay.wordpress.com/


リテラの記事
http://lite-ra.com/2016/01/post-1874.html


沖縄の米軍基地 ─「県外移設」を考える
http://www.amazon.co.jp/%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%81%AE%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E5%9F%BA%E5%9C%B0-%E3%80%8C%E7%9C%8C%E5%A4%96%E7%A7%BB%E8%A8%AD%E3%80%8D%E3%82%92%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B-%E9%9B%86%E8%8B%B1%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E9%AB%98%E6%A9%8B%E5%93%B2%E5%93%89-ebook/dp/B0162P5QS2
関連記事
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ