*All archives*

2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
寒い中お越し下さった皆様、ありがとうございました!

昨晩から氷点下の寒さで、今日の日中もえらい寒さでしたね。
でも正直、雪がわさーっと降ったりしないと、気温だけならそんなに普段と違う感じがしないかなと思いました。
なんだかんだと言っても、暖冬ってことなんでしょうかね。
道行く人もそんな感覚だったのか、今日は普段の月曜日より沢山の方がお越しくださいました。
寒い中、本当にありがとうございました。

ここ二週間位で、お客様たちと、政治や社会問題などについて沢山の話をしました。
色々話を聞いて思ったのは、小学校のいじめも、貧困問題も、原発も、基地も、結局は全部同じことなんだな、と感じました。

例えば、ママさんでないと分からないベビーカー目線、健常者だと気付かない車椅子目線。
私は、お菓子の仕事を再開してイベント出店をするようになり、会場までは公共交通機関で、台車で大荷物を運んでいました。
台車に、折り畳みテーブルやパラソルやデカいプラスチックケースを何段も積み上げて、白い眼で見られながら、3人位のハバを効かせてヨタヨタ電車に乗り込むんです。
ちょっと車内が混雑してくると、周囲からの白い眼は一層強まりますし、あからさまに迷惑そうに睨まれる事もあります。
確かに私はデカい荷物なんで、実際、迷惑極まりないんですがね。。。
ふと、ベビーカーでも同じ眼で見られているのかな、と思いました。
「ベビーカーが通行の邪魔だ」とか「混む時間に乗るなよ」って、その親子の事情も考えずに言う人もいましたもんね。

改札やホームで移動する時も、エレベーターを探してえらい遠回りして、ようやく辿り着いたエレベーターが小さかったりすると、一度乗るのを見送って他の人らに先に行ってもらったり、そうこうしてようやく地上に出たら、そこは会場から一番遠い出口だったり、、、と、自分だけの身軽な状態だと感じなかった不便さを感じました。
でもこれって、車イスの方はいつも感じていることなんでしょうね。


話は変わりますが、教育関係の方が教えて下さったお話。
橋下氏が知事になって以降、大阪の教育が随分疲弊して、子どもに悪影響が出始めているとの事でした。
私はあまり教育については詳しく分かっていなくて、学力の低い大阪の教育改革は良いことかなぁ、なんて考えていましたが、改革が急スピードで進められていて、小学校から弱肉強食の考えを植えつける方向になっているんだとか。
教師の方も、教員給与をぐんと減らされて、子どもと接する以外の仕事が増やされているんだそうです。
子どもと向き合う時間が減って、給料も減って、教師達は疲れ果てて大阪を出て行く人もいるということでした。
年配の教師らを中心に各地域でいくつも裁判を起こしたそうですが、その全てで敗訴になったんだそうです。
声を上げ続けていた年配の教師は順々に定年になっていくし、若い教師は声を上げなくなっているので、益々状態が悪化しているんだそうです。

ただでさえ、核社会が進んで、アニメやゲームに入り込んで、今の子達は多くの人とコミュニケーションを取る機会が減っているのに、弱肉強食を「正」とする子が大人になった時の社会は、もうベビーカーや車椅子では電車に乗れないかもしれないですね。

長年お気楽OLだった私は、どちらかというと、ベビーカーに迷惑そうな顔をする側でした。
学生の時も、会社でも、出来る人こそ偉い、と思っていましたし、勝ち組になるための努力をしていました。
今思い返せば、なんてツマラナイ人間だったのかと思います。
擬似的にでも弱者になった時に初めて、その格差を体感して弱者の気持ちに気付くのかもしれませんね。


お菓子の勉強と共に、最近は先輩方から色々なお話を聞いて人生勉強もしています。
改めて、生きている充実感って、お金や地位や権力じゃないなぁと、幸せに感じる毎日です。


また長々と書いてしまいました。。。
次の営業日に向けて、ファンが多いアノお菓子やコノお菓子の仕込みを開始しております。
また金曜日から、どうぞ宜しくお願いいたします!
関連記事
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ