*All archives*

2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
食の安全 ~三温糖~

今日は寒さが戻って日中の風も冷たく、晩になるにつれて更に冷え込んできましたね。
寒さの影響か、お昼間によく来られるご年配の方々は少なかったです。
新森のお年寄りはとっても元気で、さぶるーには「和菓子より洋菓子が好きなのよ」ていう、ハイカラ志向の80代の方も何人かいらっしゃるんですよ。
イアリングもネックレスもしっかりつけて、真っ赤な口紅をして、かなりイカすおばぁあちゃまも。パワフルです。

思うんですが、この年代の方々って、本当に元気ですよね。
戦前や戦中生まれだと、化学的に生成された食べ物や、添加物が氾濫してなかった事も大きいんじゃないかと思います。
農薬まみれではない、自然にその辺りに出来るような、季節の農作物を食べていたんでしょうね。
戦後、経済成長する中で化学が進んで、効率が重視されて、工場での大量生産が進んで、少しでも長く日持ちがするように保存料が添加されたり、見た目をよくするために着色したり、自然ではないものが多く出回るようになって、、、今はそんな食べ物を避けるほうが難しい時代になりました。

でも、ここ最近は、「食の安全」の意識が高くなってきたので、「なるべく自然なものをチョイスする」という方も増えて来ました。
きっと、ここに至るまでには、添加物や農薬危険性を訴えて闘ってきた方々の力も大きいと思いますし、そんな方々の努力に感謝しないとなぁと思います。

一方、知らずに「安全だ」とか「体に良い」と思い込んでいる「悪意ある食品」もまだまだ沢山あります。
その代表かなと思うのが「三温糖」です。
これは上白糖にカラメル色素を添加して色付けしただけのもので、自然な茶色の砂糖ではないんです。
上白糖より少し値段も高いし、でもきび砂糖よりも随分安いし、とチョイスされる方が多いみたいですが、きび砂糖は本来さとうきびに含まれているミネラルが含まれていますが、三温糖には入っていません。
それどころか、わざわざ添加されるカラメル色素は発がん物質とも言われています。

知っている方には当然の「三温糖の危険性」、以前にも書きましたが、先々週からお客様との話で知らない方が多かったので、改めてご紹介しました。
一見良さそうに思うものは、キケンなものだったりって、結構ありますよ。
最近良く見かける添加物「酵母エキス」もそうですね。
売る側は、どうやってイメージよく化学添加物を表示するか巧妙に騙してきます。

日本での化学添加物や農薬使用が多いことは、製薬会社の権力が強いことも関係しているそうです。
プラスチックとも例えられるマーガリンも、バター不足の影響でまた勢いが増してきましたが、
マーガリンに使われる植物油脂は、アメリカからの輸入で、ここには関税で儲かる政府と乳業メーカーと油脂業者の癒着に、アメリカの圧力がかかっているんだとか。

買う側が賢くなって、「悪意ある食品」をチョイスせずに、市場から少しでもこういう食品を排除できるようにしたいものです。
知ることから始めて、出来る範囲での一人ひとりの購買行動が市場を変えるようになると、時間はかかりますが、その良い結果が自分にも周囲にも返ってくると思います。
購買行動一つとってもそうですが、「社会と繋がっている」っていう意識が根本的な考え方で、これは基地問題や原発問題、かなり近づいていると思われる戦争にも繋がることだと感じます。

先日から沢山の方と社会問題を話していますが、そんな方々は「社会と繋がっている」という意識がとてもしっかりしていて、視野が、自分や家族だけではなく「社会全体」と広く持たれています。
数日前の記事で書いた、教育現場の悪化では、この意識の持ち方が育たず、「自分だけが生き残る」という考え方を育てているようです。
学校のクラスから会社組織まで、表面上は周囲の空気を読んで長い物に巻かれながら、自分の進学や昇進や保身に精を出している間に、世の中は随分悪いほうに進んでしまっているようです。

辺野古の記事を書いて以降、毎日のようにお店やメールで何人もの方と「生き方」について話し合っています。
どう考えてどう生きるか、これからの社会に自分ができる事は何か、本当の幸せの意味ってなんなのか。
哲学的なことまで語らいながら、「生きる充実感」を持って人生模索中です。

また長らく語ってしまいました。
こんなコトを考えながら、また次の金曜日からも頑張ります!
最後まで読んでくださってありがとうございました。
関連記事
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ