*All archives*

2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
明日のメニュー

今日は早いうちから雨が降ったり止んだりのスッキリしないお天気でした。
日曜日のこういうお天気なので、昨日から一転、今日はゆったり営業でした。
そういう時を狙って、という訳ではないと思うんですが、こんな日はうまい具合に、ご無沙汰の知人達が、ぽっとやって来てくれます。

今日は、開店すぐから、昔取引していた卸先のカフェの店長さんがいらっしゃいました。
お菓子の卸をしていたのは、もう20年位前で、恐ろしく大昔の話ですが、、、
その方は、当時から様々な飲食店のプランニングをされたりと、飲食業界で精力的に活躍しておられて、私がお店を出す前にも、厨房や内装の話で相談させてもらったりと、長年のお付き合いになります。
でも、東京在住の方なので、お店には直接来られた事はなく、今回が初めてなんですよ。
なのに、何の前触れもなくいらっしゃるもんで、、、ほんと焦りました。

今朝は仮眠程度で殆ど徹夜状態だったので、頭も朦朧としてるし、並んでるお菓子も少ないし、「何もこんな時に来なくても~!」と先に言い訳をしておきましたが。。。
こういう飲食プロが、いつ来られても、厳しい目に耐えうる(?)ように、きちんとしとかないといけませんね。

その方が今担当しているお店の話やら、食材の話やらを聞いて、相変わらず飲食に情熱的に幅広く取り組んでおられるようで、とても良い刺激になりました。
大阪エキマルシェに5月末からアンテナショップが出来るそうなので行ってみようと思います。
またどんなお店かこのブログでご紹介しますね。


さてさて、今日もちょくちょく空き時間が出来たので、ちゃんと写真を撮りました。
トップの写真は、クレームショコラエピスのクリームデコレーション前の状態です。
ミルクチョコで作るクレームブリュレなのですが、そこに自家製のブレンドスパイスを入れることで、とっても奥深い味わいになっています。
チョコはナッツのようなフレーバーもあるミルキーなチョコで、その引き立て役に、コーヒーとラム酒で風味をプラスしています。
既に翌日にこれをリピートしてくださる方もいる程、「美味しい!」の声を頂いております。
チョコ好きの方は是非召し上がってみてくださいね。

そしてお次は、ニューサマーのヴェリーヌのミルクプリンの製造過程です。

下の白いプリンには、こうやってミルクにハーブの香りを移しているんですよ。
こちらも既に絶賛してくださる方がいる、今イチオシのメニューですが、ちょっとツウ向けな複雑な味わいでもあります。
ハーブのプリンは、鼻から抜ける爽やかな芳香があって、そこだけだと若干青臭いのですが、ニューサマーの柚子のような気品のある香りと合わせることで、香り高さの相乗効果になっています。


お次は今日のライ麦パン。

フランス小麦の準強力粉とオーガニックライ麦粉を半々で作っています。
昨日より少し美味しくなったと思います。
いかがでしたでしょうか?


もう1つ、苺のクリームプリンです。

今年最後の苺はクリームプリンになりました。
酸味が強くて固めだったので、きび砂糖でマリネして少しだけ火を通しました。
それを白ワインのジュレと合わせて、すっきりとしたデザートに仕上げています。
いわゆる「苺みるく味」の構成ですが、ちゃんと大人も楽しめる味わいですよ。



それでは、明日のメニューのご案内です。

ショーケースには、
・滋味タルト
・スフレフロマージュ ■
・クレーム ショコラエピス■
・ニューサマーのヴェリーヌ■●
・苺のクリームプリン■●
・お米シフォン(ハチミツ)■

■…小麦不使用、●…卵不使用


ショーケース上は、
有機レーズンスコーン、有機クランベリーのミアス
(焼き上がりは全て14時頃になります)



焼き菓子棚は、
フィナンシェココ、フロランタンシノワ、ムラング木苺、ムラング雪塩
カイザークーヘン、ショコラドナンシー、アプリコーゼクーヘン、
ごまコーヒーサブレ、カシューナッツサブレ、アマンドセック、レモンクッキー。


明日は午後から雨も上がるそうです。
お買い物ついでに宜しかったらお立ち寄りくださいませ。
関連記事
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ