*All archives*

2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
6月の営業予定


今日までの4日間、雨だったり暑かったりスッキリしないお天気でしたが、そんな中お越しくださった皆様、ありがとうございました!
ここ最近は、体調不良の方が多いようですね。
季節の変わり目だけでなく、ここ数週間は随分PM2.5も多いそうなので、外出時のマスクや空気清浄機の設置などで対策するのも効果があるかもしれませんよ。

もうそろそろ関西も梅雨入りしそうですが、そんな6月も、ジメッとした憂鬱を吹き飛ばすスイーツをお出しします。
6月は、変則的な営業やイベント出店などはありませんので、毎週金~月の営業になります。
来月もどうぞ宜しくお願いいたします!


そしてそして、随分遅くなりましたが、ここでまとめてお礼をお伝えしたいと思います。
5月の初めからずっとバタバタしていて書けなかったのですが、GW中にも何人かの方が、後半に入ってもまた何人かの方が、沖縄の基地問題の話をしに来て下さいました。
時間を割いて考えてくださって、お店にまで話に来てくださって、本当にありがとうございました。

GW中の時間のある時に以前ご紹介した動画を見た方や、リンク先の記事を読んだ方、
そして、先日の沖縄元米兵の殺人事件の後に、それらをご覧になった方々もいました。

「こんなひどい事、知らなかった・・・」
というのが、皆さんの反応でした。

私も知りませんでした。だから、本当に今の日本でそんな事があるのかと、とてもショックでした。
そこから、本当の日本ってどうなってるのか?と、猛烈な疑問に駆られて調べ始めました。
真実は、全くテレビや新聞では情報が流れない事ばかり。
でも、これは食品でいうと「三温糖=悪意の食品」のようなもので、知っている人には当たり前過ぎる話なんですよね。

それでも大多数の人は、テレビを見て、全てを知っているかのように思い込んでいます。
さすが、メディア鵜呑み度世界No1ニッポンです。

まずは、「日本では本当のことを知ることが、とても難しい国なんだ」と自覚するところからだと思います。

お店で色々な方とお話ししていてヒシヒシと感じるのが、テレビの情報悪です。
テレビばかり見ている人の世間の見方と、テレビを見ないという人では、知識レベルというか、知的レベルは、本当に雲泥の差ですね。
テレビを家に置かない主義の方が、実家のテレビを引き取ることになって5年ぶりにテレビを見たら、あまりのバカさ加減に驚いたと仰っていました。
以来、テレビが部屋にあるけど殆ど点けないんだそうです。

日々、どんな情報に接しているかで、人の考え方は随分変わるものですよね。
熊本の地震は、テレビでも大々的に報道されたので、何か出来ることがしたいと現地にボランティアに行く人が大勢いました。
メディアを鵜呑みにする素直な日本人は、良く言えば、純粋で優しい人が多いんだと思います。
だから、今回の沖縄の事件をキッカケに、沖縄の歴史や報道されない真実に目を向けてくれる人が出てきたとも思います。
日米地位協定の話につっこんで報道する局もあったそうで、それも奏功しているのかもしれません。
そんな日本人は、本当の日本の仕組みについて知る人が増えれば、「これじゃいけない、なんとかしなきゃ!」と思う人が増えるに違いないと思います。

ドアホノミクス(浜矩子氏訳アベノミクス)につぎ込まれた国民年金に、消費増税で格差が広がり、社会保障が薄くなる一方で、金持ちはタックスヘイブンで脱税ウハウハ、原発建設費用から事故処理までの費用が庶民の電気代に上乗せされ、健康に気をつけて生活をしている人からまで巻き上げられる健康保険を贅沢に使い、世界中の薬の3割を消費する薬漬け大国ニッポン。

普通に生きていくだけでもお金に困るのには、そもそも、社会の仕組みのおかしさが原因だと、そろそろ全員が気づかないといけないと思います。
高度成長期のように、「預金さえしておけば7年で倍に増える」というような時代とは違いますから、目先の貯金や資産運用や、個人の財産をどう増やすかに注力するより、社会全体をどう改善していくかと、広く視野を持って多くの方と協力していく方が、ずっと賢い将来設計じゃないかなと思います。

偉そうに、かく言う私も、ずっと知りませんでしたし、メディア情報鵜呑みのアッパラパーでした。
でも、長年知らなかったことで犠牲にしてきた人たちに対して、そして知った者の責任として、少しでも聞く耳を持つ人に伝えていかなければと思います。
なんか引っかかった、ちょっと気になった、もっと知ってみようと思ってくださる方は、下記の情報を1つでもいいのでチェックしてみてください。お願いします。

■日々チェックしているサイトなど
普段、時間が無くてもサっと読める真実を伝えるジャーナリストのサイト、TBSラジオニュースをチェックしています。
 ・田中龍作ジャーナル
  http://tanakaryusaku.jp/
 ・荒川強啓 デイ・キャッチ!
  http://www.tbsradio.jp/dc/

■マスコミの洗脳について
 http://sharetube.jp/article/2748/
※Sharetube全体では信用できない記事も多々ありますので、全てを鵜呑みにせずご自身で真偽を考えてください。

■日米地位協定を含めてよくわかる本
本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること―沖縄・米軍基地観光ガイド (矢部 宏治 著)

日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか (矢部 宏治 著)

敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (ジョンダワー著)

■偏向報道をしないジャーナリストが作るノースポンサーの番組
 じっくり真実を知るのに一番おすすめです。
ラジオフォーラム(アーカイブ)
http://www.rafjp.org/program-archive/

自由なラジオ(ラジオフォーラム後継番組)
http://jiyunaradio.jp/

 番組スタッフの西谷文和氏は、元吹田市役所職員のジャーナリストで、まさに今日報道された、ヌスラ戦線に拘束されている安田さんの解放に向けて現地で動いています。
 現地からリアルタイムのツイッターの情報がすごい緊迫感です。
 https://twitter.com/saveiraq?lang=ja
 政府はまた見殺しにしないでほしい。。。

■標的の村 (45分のドキュメンタリー映画短縮版です)
米軍に標的にされる沖縄県北部の高江という小さな集落の話。
辺野古の埋め立て工事和解以降、高江に攻撃の手が強まっています。
 https://www.youtube.com/watch?v=raJ8vTr8r4c

■「沖縄」が抱える基地問題について、7つのポイントでわかりやすくまとめた「#知らない沖縄」
7分で分かる沖縄の基地問題。本当はとても複雑な問題ですが、かなり要約されています。
ひとまず取っ付きやすいところから、という方におすすめです。
 https://www.youtube.com/watch?v=2xUhXj0UVuM

■それってどうなの? 沖縄の基地の話。
沖縄では鼻で笑われるようなデマが、本土では沖縄の常識としてまかり通っています。
ここに掲載されている内容、実は私も少なからず信じ込んでいたものがあります。
http://okidemaproject.blogspot.jp/

■沖縄基地関連情報、その他おすすめサイトなど
以前にご紹介したページの再掲です。
http://savoureux.blog.fc2.com/blog-entry-832.html
関連記事
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ