*All archives*

2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
新作タルト。と徒然話、、、お塩ズラリ、自転車盗難、駅ナカプリンなど

突然ブログにログインができなくなってしまい、ちょっと遅れてのアップです。
変則営業も含めて月曜日までの4日間、お越しくださった皆様、ありがとうございました!
昨日は気温が少し下がって、スイーツ日和だったのか、月曜日にしてはお客様が沢山お越しくださいました。

トップの写真は、月曜日にお出しした新作のタルト ココマンゴです。
ざくざくココナツクッキー生地の上に、しっとりココナツクリームを流して焼き上げ、ライムの酸味を足したカスタードクリームを絞ってフルーツをごろごろ乗せています。
こういう彩りがあると、ショーケースが華やかになりますね。
新作・・・とお出ししたものの、もうちょっと配合調整しようかと思っていまして、次の金曜日に調整が間に合えばまたお出しします。


さてさて、ここ最近色々とヤボ用などありまして、月曜日は日曜日の疲れを引きずってレアチーズをお出しするまで辿り着けず、チーズパンは失敗するという事態でした。
楽しみにしてくださっていた方々もいらっしゃったようで、本当にすみませんでした。
そんなこんな、月曜日は、ちょっと凹み気味で営業していたんですよ。

いくつかある凹み話その1は、先週、自転車が盗られた事。
お店の真ん前に停めていたのですが、夜中に盗られたようです。
仕込みでがっつり疲れた明け方、トボトボと歩いて帰りました。
以前はずっとウォーキング健康法をやっていて、歩くの大好きだったんですが、最近歩いてなかったから、
「神様が歩けと言ってるに違いないわ~」
と、良いほうに考えて、しばらく徒歩通勤することにしました。

結構古い自転車だったんですけど、まだ快適に走れましたし、乗り捨てずに使っていてくれたらいいなぁと思いますが。。。
それにしても、普段歩いていないと、歩くための筋肉がこれほど衰えていたかと驚きます。
歩ける時はちゃんと歩かないとダメですね。


凹み話その2は、駅ナカプリン。
日曜日の用事で淀屋橋の駅ナカを通ったんですけど、京都のプリン屋さんが出店していたので買ってみたんです。
プリンなのに300円台後半のラインナップで、一番高いのは430円くらいだったかな。
えらい強気なお値段・・・と思いながらも、余計な添加物とかは入ってなさそうだし、美味しいのかも、と2種類購入しました。

お店に戻って食べてみると、、、
2種類ともよくあるトロトロ系の水っぽいプリン。
卵の味もミルクの味もしませんでした。
そしてカップの6部目位の量の少なさ。

プラスチックカップに、紙袋包装に、この原材料に、この味に、この量に、、、どこに原価がかかっているのか?
・・・そう、でっかい看板、煌びやかなディスプレイ、バイト代、出店料、販促用の印刷物などなど、お菓子以外のところです。

とってもよく売れていましたねぇ。
世の中、そんなもんなんですねぇ。

「私はあの店員さんの笑顔を買ったんだわ~」
と、忘れることにしました。
・・・それにしても、よく売れてました。。。


これに近い話ですけど、もう1つプチ凹みしたのは、
好きな名店パティスリーのうちの1つで、冷凍卵を使っていると知ったこと。

確かに食中毒の心配もあるし、割る手間もあるけど、旨い卵だから出る味ってあるじゃないですか。
まあでも、手の込んだ美しいケーキたちには、卵の味自体は大きな要素ではないって事なんでしょうね。
ここにも垣間見た「利益主義」の考えに、なんだかなぁ・・・、世知辛いなぁ・・・、と感じました。

そして月曜日。
試作ではうまくいったのに、本番で大失敗したダメダメチーズパン。うーん、マズイ!
なんだかなぁ・・・と、気分は更にダウン↓↓

そこに常連さんがいらして、とある職人気質のお塩がメディアに取り上げられていたよー、などといつものように世間話をして、一旦帰られた後、1時間後位。
なんと、そのお塩を買ってきてくれたんです。
うちから堺筋本町のKOYOまで直行直帰だそうで。。。
もう、気ぃ使ってしょうがないですが、そのあったかさにちょっと持ち直しました。

で、買って来てくださったそのお塩は「株式会社 脱サラファクトリー」の「おのころしずくしお」というもの。
会社名は笑かしますが、箱に書かれた理念はすばらしいんです。
「人らしく、正しい生き方をする」
「ありがとうといっていただける仕事をする」
「ありがとうがない仕事には、無理や矛盾が出てくる」
ざっくりとこんな内容です。
鉄釜で長時間かけて炊き上げる手造り塩だそうです。
あぁ、こんな考えで商売して成功いる人も、ちゃんと居るんだなぁ、とちょっと涙目になりました。


そんな会社のお塩、早速味を見てみました。
辛さはとてもマイルドで、ミネラルの苦味も少なく、おにぎりにとても合いそうな懐かしい味わいでした。

うちには、数種類の塩があるんですよ。

並べてみました。

お菓子に主に使うのはゲランドの塩で、お菓子の種類を選ばず相性が良いようです。
この写真以外にも、ヒマラヤピンクソルトやオーストラリアの粗塩とか、藻塩とか、まだまだありますが、よく考えたらコレ全部頂き物です。
用途に合わせて、それぞれ使い分けていますが、お塩って中々減らないですよね。
今回いただいたお塩も有難く使わせていただきます!

人のあったかさも、塩分も補給して、やる気がグンとアップしました。
なんだかんだ色々書きましたが、今週も人の繋がりに感謝して頑張ります!

関連記事
 ←*ポチっとお願いします*
菓子工房Savoureux のオンラインショップはこちら→online-shop
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

菓子工房 Savoureux

Author:菓子工房 Savoureux


菓子工房Savoureux は、きび砂糖や石臼挽きの小麦粉、オーガニックフルーツなど、ナチュラルな素材を使って、ヨーローッパのお菓子を中心に、真心込めて手作りしています。

Savoureux(さぶるー)とはフランス語で「おいしい」とか「香ばしい」という意味です。

素材にも作り方にも妥協せず、焼菓子はしっかりと焼き込んで香ばしく、生菓子は絶妙な味のハーモニーと口溶けを追求し、感動するお菓子作りを目指しています。

このブログでは、日々製造するこだわりのお菓子の数々を、作り手独自のウンチクと共にご紹介していますのでごゆっくりご覧下さいませ。

【菓子工房 Savoureux】
 大阪市旭区新森2-11-8
 京阪森小路駅 東へ徒歩2分
 (中西書房さんのお隣です)
→MAP
 営業日:金・土・日・月曜日
 営業時間:12:00~20:00


mail
savoureuxnote@gmail.com

website
http://savoureuxnote.wix.com/savoureux

blog
http://savoureux.blog.fc2.com/

facebook
https://www.facebook.com/savoureuxnote

online-shop
http://savoureux.base.ec/

★営業の方へお願い★
製造・販売・仕入・販促・・等々、全てを一人でやっている小さなお店ですので、お電話やご来訪に対応する余裕がありません。今のところ、広告やWeb掲載など、有料無料問わず、検討しておりませんので、営業のご連絡はご容赦くださいませ。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ